前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 常食

    常食から見た非常食非常食

    一方、文脈によっては、病人食(病院で提供されるものは病院食)や非常食といった、特別の事情のあるとき食べられるものの対義語として常食という言い方が用いられることも多い。その意味では祭などの行事や慶事・弔事の際に食べられるなど、ハレとかケガレと呼ばれる時に食べられる料理も常食の範疇外ではあるが、この対比はあまり意識されない。常食 フレッシュアイペディアより)

  • 陣中食

    陣中食から見た非常食非常食

    陣中食(じんちゅうしょく・しんちゆうしよく)とは戦国時代に戦争の際に食された野戦糧食の一種である。カロリーと栄養を手早く摂取すること、簡易に携行される事や保存性、手に入りやすさや作りやすさに主眼が置かれるため、それまでの保存食や非常食が流用・転用されることが多かった。また、農閑期に戦が行われることが多いため、そのまま冬季の保存食が用いられることも多かった。陣中食 フレッシュアイペディアより)

  • 備蓄

    備蓄から見た非常食非常食

    こういった備蓄では、保存性の高いものほど長期間の貯蔵が可能ではあるが、逆に重要な物資では、コストさえ見合えば保存性の低い物資でもそれなりの保存方法を利用して備蓄が行われる。また、備蓄し続ければ保存性の大小に関わらず物資は次第に劣化するため、大抵は先入れ先出しの方法で、備蓄された物資の順次入れ替えが行われるが、備蓄物資を総入れ替えできるだけの予算がある場合は、定期的に総入れ替えすることも行われる。例えば防災用の非常食は、総入れ替えされる傾向が顕著である。備蓄 フレッシュアイペディアより)

  • 非常食料

    非常食料から見た非常食非常食

    非常食料 フレッシュアイペディアより)

  • ぼてぼて茶

    ぼてぼて茶から見た非常食非常食

    奥出雲のたたら製鉄の職人たちが、高温の中での重労働の合間に片手で茶碗を持ち、座らずに立ったまま、茶の中に入れた食べ物を口に流し込む労働食だったと言われている他に、松平不昧の治世に発生した飢饉の際の非常食だったという説、や上流階級の茶の湯に対抗して庶民が考え出した、趣味と実益を兼ねた茶法であるとする説もある。ぼてぼて茶 フレッシュアイペディアより)

  • 食用犬種

    食用犬種から見た非常食非常食

    後にオオカミが改良されてイエイヌが作られ、動物性タンパク質が乏しかった地域で食用として専門に育成するための犬種が作出されるようになった。犬はオオカミや牛に比べて飼育が楽で、残飯を与えても育てることができたため、食料に恵まれない地域でも肥育することが可能であった。このため旬はないが安定供給をすることができ、原産地にもよるが半数の種は日常食として用いられた。尚、日常食ではなく、ハレの日や神事の料理としてご馳走になったり、通常は別の用途に使役されるが、凶作などの緊急事態に備えた非常食として調理された犬種も存在する。食用犬種 フレッシュアイペディアより)

  • 乾燥餅

    乾燥餅から見た非常食非常食

    水分を含んで柔らかいため、疲労した被災時でも食欲をそそるという意見もある。非常食としての用途以外にも、登山時の食料としても愛用されている。アレルギー体質の人が多くなった昨今に向け、一部ではアレルゲンフリーを謳った商品もある。乾燥餅 フレッシュアイペディアより)

  • 災害時応援協定

    災害時応援協定から見た非常食非常食

    応援協定を締結することは、受援自治体と応援民間事業者の双方にメリットを生む。自治体においては、被災時に応急対策活動に関する様々な援助が受けられるだけでなく、平常時の物資備蓄にかかる空間的および金銭的コストを抑制することができる。特に、非常食や飲料水などの消費期限を有する物資の提供を受けることは、金銭的コストへの削減効果が大きい。災害時応援協定 フレッシュアイペディアより)

  • コモン・インディアン・ドッグ

    コモン・インディアン・ドッグから見た非常食非常食

    古来、インディアンによって広く飼育されている多目的犬種である。普段は猟犬として主人家族の食料調達に使われたり、トラボイという陸ぞりのようなものを担いで荷物を運搬するのに使われているが、時に贅沢なご馳走として食べられる事もある。特別に肥育された仔犬が主にローストビーフならぬローストドッグとして大人数でふるまわれ、スペインから来た冒険家や探検隊も多くはこのコモン・インディアン・ドッグのローストを食べた事が知られている。ある冒険家の日記によると、ほとんどの犬が作業用として狩猟やトラボイ引きに使われているが、一部の雄犬はご馳走用として去勢されて肥育されていたと記されている。なお、通常はこのように特別なご馳走であったが、凶作などにより食料が不足した際には非常食として広く食用にされた。コモン・インディアン・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 救荒食

    救荒食から見た非常食非常食

    救荒食(きゅうこうしょく)とは飢饉や凶作の際、作物が取れない時に非常食として、普段は常食しない食材を利用したり、手間を掛けて調理したりして餓えを凌ぐ食べ物である。広義には動物・植物ともに含まれるが、入手難易度を考慮して主に植物を指すことが多い。救荒食 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「防災用品」のニューストピックワード