69件中 11 - 20件表示
  • ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

    ペルービアン・ヘアレス・ドッグから見た非常食非常食

    かつては古代ヴァンカ族が食用犬として飼育しており、戦いの前の重要な宴の際に出される特別なご馳走として食べられていた。また、戦いが無いときでもきちんとした管理のもと、凶作や飢饉の際に食べるための非常食としても使われていた。また、大きな戦争のときにはこの犬種の頭で作った笛が吹かれ、高貴な死者とともに生贄として共に葬られることもあった。しかし、ヴァンカ族がインカ帝国に敗れると戦利品として持ち帰られて貴族用のペットとして飼育され、改良された。それにより体全体が黒っぽい本種と、体色が薄い色のペルービアン・インカ・オーキッドの2犬種に分化し、それぞれ別犬種として扱われるようになった。ペルービアン・ヘアレス・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • 災害時応援協定

    災害時応援協定から見た非常食非常食

    応援協定を締結することは、受援自治体と応援民間事業者の双方にメリットを生む。自治体においては、被災時に応急対策活動に関する様々な援助が受けられるだけでなく、平常時の物資備蓄にかかる空間的および金銭的コストを抑制することができる。特に、非常食や飲料水などの消費期限を有する物資の提供を受けることは、金銭的コストへの削減効果が大きい。災害時応援協定 フレッシュアイペディアより)

  • おでん缶

    おでん缶から見た非常食非常食

    スーパーマーケット、ホームセンターなどで販売されており、非常食コーナーなどで見掛けることもある。かつては全国チェーンのスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されている事は少なく、主な販売ルートは、地元系列のスーパーマーケット・酒店・食品を扱う雑貨店・自動販売機・通信販売などだった。また、著名になってからは秋葉原の一部家電量販店やバラエティグッズショップでも販売されている。おでん缶 フレッシュアイペディアより)

  • スナックバー (菓子類)

    スナックバー (菓子類)から見た非常食非常食

    スナックバーは、アメリカ軍が第二次大戦を通して利用したDレーションと呼ばれる非常食配給物資の原型ともなった。スナックバー (菓子類) フレッシュアイペディアより)

  • クラコット

    クラコットから見た非常食非常食

    クラコット(Cracotte)はフランスに由来する堅パンの一種である。非常食としてのほか、クラッカーのように日常の軽食としてそのまま食したり、カッテージチーズなどのナチュラルチーズや生野菜をはさんでオードブルなどに供せられる。クラコット フレッシュアイペディアより)

  • ぼてぼて茶

    ぼてぼて茶から見た非常食非常食

    奥出雲のたたら製鉄の職人たちが、高温の中での重労働の合間に片手で茶碗を持ち、座らずに立ったまま、茶の中に入れた食べ物を口に流し込む労働食だったと言われている他に、松平不昧の治世に発生した飢饉の際の非常食だったという説、や上流階級の茶の湯に対抗して庶民が考え出した、趣味と実益を兼ねた茶法であるとする説もある。ぼてぼて茶 フレッシュアイペディアより)

  • ローリングストック法

    ローリングストック法から見た非常食非常食

    ローリングストック法 フレッシュアイペディアより)

  • 乾燥餅

    乾燥餅から見た非常食非常食

    水分を含んで柔らかいため、疲労した被災時でも食欲をそそるという意見もある。非常食としての用途以外にも、登山時の食料としても愛用されている。アレルギー体質の人が多くなった昨今に向け、一部ではアレルゲンフリーを謳った商品もある。乾燥餅 フレッシュアイペディアより)

  • 中央町 (磐田市)

    中央町 (磐田市)から見た非常食非常食

    静岡県総合防災訓練(中央町では、防災倉庫の点検や、搬送方法・非常食の炊き出し等の訓練を行っている)中央町 (磐田市) フレッシュアイペディアより)

  • 避難所

    避難所から見た非常食非常食

    非常食、飲料水、毛布、生活必需品などの提供避難所 フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「防災用品」のニューストピックワード