54件中 31 - 40件表示
  • かた焼き

    かた焼きから見た非常食非常食

    かた焼きの由来については、かつて伊賀忍者が携帯した携行食、非常食が元とされる。かた焼き フレッシュアイペディアより)

  • チョコレート

    チョコレートから見た非常食非常食

    質量あたりの熱量が大きく携行が容易であることから、固形チョコレートは軍隊のレーションに同封されたり(アメリカ軍用チョコレートなど)、登山などの際の非常食として携帯されたりする。カロリーの面だけでなく、非常の際に甘味やテオブロミンが心身の安らぎをもたらすという意味合いも大きい。テオブロミンの含有量はカカオ分99%のチョコレート100gあたり1100mg。チョコレート フレッシュアイペディアより)

  • クェゼリンの戦い

    クェゼリンの戦いから見た非常食非常食

    戦いを通じて日本軍は、若干の抵抗を行った以外は成すすべなく壊滅した。唯一の効果的な反撃は、2月12日夜に行われた二式飛行艇6機によるルオット爆撃であった。この夜間爆撃により、ルオット島に集積してあったアメリカ軍の軍需品や食料などに多大な損害を与え、食料の損失により上陸部隊はしばらくの間、非常食による生活を強いることとなった。また、飛び石作戦により無視されたマロエラップなどの日本軍守備隊は、なんら戦局に寄与できないまま放置された。飛行艇などによる人員救出が試みられて、航空隊関係者など少数だけは脱出に成功した。残された者は、補給途絶により食糧難に苦しみ、砲爆撃を浴びながら終戦を迎えることになった。クェゼリン(と、続くエニウェトク)の失陥は、防衛線の大幅な後退を強いられることとなり(絶対国防圏)、連合艦隊はトラックからパラオへと後退せざるを得なかった。しかし一方では、マロエラップなどクェゼリンより後方の拠点が残っている事を念頭において状況を楽観視する発言もあった。クェゼリンの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 地震

    地震から見た非常食非常食

    市民が行う対策としては、防災訓練や防災用品(非常食や非常袋など)の準備などが代表的なものとして挙げられる。また、過去の災害の例を学んだり体験談を聴いたりすることも有用であるとされ、教育や地域において講演会として行われたり、書籍となったり、インターネット上で公開されたりしている。地震への防災や備えの目安として、避難場所や経路を記した防災地図、地盤の揺れやすさや地震動に見舞われる確率の地図なども自治体により作成されており、活用が可能である。地震被害からの復旧のために地震保険も用意されている。地震 フレッシュアイペディアより)

  • ヒエ

    ヒエから見た非常食非常食

    また、飢饉の際の非常食として高く評価されており、二宮尊徳が農民達の反対を押し切ってヒエの栽培を奨励したおかげで、天保の大飢饉の際に多くの農民が救われたと言われている。これは、後述のように、冷害に強く、安定した生産量を確保することが容易だった反面、社会的な評価が低く、外への売却が困難だったために、結果的に、一番貯蔵に回しやすい作物だったからであると言われている。ヒエ フレッシュアイペディアより)

  • クラスター爆弾

    クラスター爆弾から見た非常食非常食

    この警戒色は、人道援助として空中散布される救援用非常食(レーション)を目立たせるための塗装と同じ色だったことで、アフガニスタンでは混乱の原因となった。アメリカ国防省は2001年11月1日にこの問題を認め、クラスター爆弾の危険性に対して市民に注意を促すチラシを配布すると共に、非常用食料はオレンジ色のパッケージに変更すると発表している。クラスター爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • 赤飯

    赤飯から見た非常食非常食

    ハレの日の食事として用いられる他、栄養価が高い事から缶詰やフリーズドライ化された物も普及しており、非常食や自衛隊のレーションとして用いられている。また、「赤飯おにぎり」のように、一般食としてコンビニエンスストアで売られている事も多い。赤飯 フレッシュアイペディアより)

  • 保存食

    保存食から見た非常食非常食

    保存食の多くは、気候や風土の関係で冬季や乾季など、長期にわたり食料の確保に困難を抱える地方や、遠洋航海や戦争などの食料の確保や輸送、あるいは貯蔵・調理に大きな制約をうける状況下で、その代案として工夫されてきた生活の知恵である。また、災害や飢饉の際の非常食としての役目もあり、現代社会においても備蓄が奨励されるべき物であると言える。近年では、調理の不要なインスタント食品としての需要も大きい。保存食 フレッシュアイペディアより)

  • 救命ボート

    救命ボートから見た非常食非常食

    代表的なものに非常食や通信機・飲料水ないし蒸留器、釣具や医療キット・発煙浮信号(救命浮標・救命浮環、(:en:Lifebuoy)とセットで使い、遭難者に浮環の場所を知らせる)、捜索隊に存在を知らせる海面染色剤などがある。救命ボート フレッシュアイペディアより)

  • 日本における地震対策と体制

    日本における地震対策と体制から見た非常食非常食

    東日本大震災では主要な工業地帯や輸入港湾・空港が無事だったのにも関わらず、首都圏・京阪神地方では乾電池・水・非常食・ガソリン・ビール・ラジオ・パンなどが品切れになった。次回の大規模災害では、被災者の需要だけでも不足し、さらに今回の教訓を学習した人々の需要によって早期の品不足も予想される。日本における地震対策と体制 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「防災用品」のニューストピックワード