69件中 51 - 60件表示
  • チョコレート

    チョコレートから見た非常食非常食

    質量あたりの熱量が大きく携行が容易であることから、固形チョコレートは軍隊のレーションに同封されたり(アメリカ軍用チョコレートなど)、登山などの際の非常食として携帯されたりする。カロリーの面だけでなく、非常の際に甘味やテオブロミンが心身の安らぎをもたらすという意味合いも大きい。テオブロミンの含有量はカカオ分99%のチョコレート100gあたり1100mg。チョコレート フレッシュアイペディアより)

  • 遭難

    遭難から見た非常食非常食

    ひとりひとりが、夏であっても必ず充分な防寒具を持参する、(防寒具もかねて)山用のレインウェアを持参する、充分な行動食および非常食を携帯することは基本の遭難対策である。山は平地より気温が低く風も強いので体感気温は低く、(歩みが止まると)刻々と体温を奪われる。充分な防寒具が無いと、簡単に低体温症に陥る。遭難 フレッシュアイペディアより)

  • 乾パン

    乾パンから見た非常食非常食

    堅パンの起源は古く、ヨーロッパではローマ時代に兵糧として支給されていた記載がある。現在では非常食として用途の他に、軍隊や登山者の携行食糧として用いられる。含水量が少ないため貯蔵性に優れており、特に多くの食料品が凍結してしまうような低温下においても平常時とほとんど変わらない状態を維持するため寒冷地における重要な糧食となっている。乾パン フレッシュアイペディアより)

  • クラスター爆弾

    クラスター爆弾から見た非常食非常食

    この警戒色は、人道援助として空中散布される救援用非常食(レーション)を目立たせるための塗装と同じ色だったことで、アフガニスタンでは混乱の原因となった。アメリカ国防省は2001年11月1日にこの問題を認め、クラスター爆弾の危険性に対して市民に注意を促すチラシを配布すると共に、非常用食料はオレンジ色のパッケージに変更すると発表している。クラスター爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • テガミバチ

    テガミバチから見た非常食非常食

    ニッチに懐いて見世物小屋「ラブサムワンダウン」からついてきた、彼女のペット兼非常食。体のほとんどが口でできておりギザギザの歯が生えている。尻尾の先がスペードのマークの形をしていることが特徴。テガミバチ フレッシュアイペディアより)

  • ミドリ安全

    ミドリ安全から見た非常食非常食

    エマージェンシーキット、転倒防止器具「リンクストッパー」、非常食「ミドリのサバイバルパン」他ミドリ安全 フレッシュアイペディアより)

  • 災害食

    災害食から見たローリングストック法非常食

    詳細は、非常食2.1ローリングストック法を参照。災害食 フレッシュアイペディアより)

  • 災害食

    災害食から見た非常食非常食

    災害食(さいがいしょく)は、災害等の非常事態により通常の食糧の供給が困難になった時のための食糧のこと。非常食の一つである。災害食 フレッシュアイペディアより)

  • 缶詰

    缶詰から見た非常食非常食

    缶詰は、初期には主に探検家の携行食や船舶用の非常食、軍用食として活用された。特に、アメリカ合衆国の南北戦争で多く利用された。のちに一般向けにも製造されるようになり、現在では、災害対策用の備蓄用食品(非常食)としても利用されている。缶詰 フレッシュアイペディアより)

  • わらびもち

    わらびもちから見た非常食非常食

    また同時に凶作に見舞われた1の非常食でもあったという言い伝えもある。わらびもち フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「防災用品」のニューストピックワード