前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
269件中 1 - 10件表示
  • 権堂町 (長野市)

    権堂町 (長野市)から見た防犯カメラ監視カメラ

    2008年(平成20年)9月3日 - 権堂アーケードに、防犯カメラ12台が設置される。長野市内で初めて公道に防犯カメラが設置された。権堂町 (長野市) フレッシュアイペディアより)

  • 警備

    警備から見た監視カメラ監視カメラ

    2001年は警備業にとって激動の一年となった。2000年頃から文部省は学校の防犯対策強化の方針を打ち出した。前年に発生した「てるくはのる事件」を受け防犯用監視カメラの導入などを普及させるよう働きかけを行っている。しかし翌年附属池田小事件が発生し防犯対策強化を打ち出したにもかかわらず事件が発生したことにより学校の安全を見直す動きが早急に活発化した。警備 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木小1女児殺害事件

    栃木小1女児殺害事件から見た防犯カメラ監視カメラ

    今市市から常陸大宮市へ至るルートにあたる国道293号や国道123号、日光宇都宮道路では、検問やコンビニエンスストア・ICの料金所の防犯カメラ・監視カメラの映像チェックなども行われたが、それらしい人物や車は撮影されていなかった。栃木小1女児殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 塚本無線

    塚本無線から見た防犯カメラ監視カメラ

    株式会社 塚本無線(つかもとむせん、Wireless Tsukamoto CO., LTD.)は、三重県鈴鹿市に本社ビルを置き、防犯カメラや防犯カメラ用レコーダー(DVR)など、防犯カメラシステム用品の、開発・製造・販売を行っている。1978年創業。塚本無線 フレッシュアイペディアより)

  • バスレーン

    バスレーンから見た監視カメラ監視カメラ

    都市部では、バスレーンの違法走行及び違法駐停車により、路線バスの円滑な運行が妨げられているという問題が発生している。そこで、1975年にバスレーン、1978年に感応式バス優先信号を導入した浜松市・遠州鉄道は、1998年3月のバスレーンカラー舗装化・光ビーコン式バス優先信号を導入した際に道路上の電光掲示板に警告表示を行い排除するシステムを設置している。そして、2005年12月より、西日本鉄道の一部路線を走行する車両にバスカメラを搭載して、バスレーンを違法走行等している車両を撮影し、その車両の使用者に警告文書を発する等の対策を行っている。これにより、路線バス運行の円滑化のみならず、マイカーから路線バスへの利用転換による環境・エネルギー問題の改善も図られている。なお、2006年2月より東急バスと西武バスの、2007年2月より京王電鉄バスと関東バスの各一部路線でも実施されている。2008年2月より東京都交通局の一部路線でも行われ、また東急バスでは実施路線がさらに1路線追加されている。バスレーン フレッシュアイペディアより)

  • TOA (企業)

    TOA (企業)から見た監視カメラ監視カメラ

    TOA株式会社(ティーオーエー、)は、業務用の音響機器とセキュリティ機器の専門メーカー。音響機器はPA/SR/拡声などの設備音響、セキュリティ機器は監視カメラなどの映像機器を中心とした防犯装備を製造する。本社は神戸市中央区港島中町7丁目2番1号(ポートアイランド)。“TOA”とは旧社名の東亞特殊電機株式会社でのブランドネーム“トーア”が語源とされる。TOA (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ロードプライシング

    ロードプライシングから見た監視カメラ監視カメラ

    島国であるシンガポールでは、都心部の混雑緩和のために1975年に制限区域を設け、午前中の通勤時間帯の進入車両から通行料の徴収を開始した(その後、実施時間帯を昼間と午後にも延長)。導入当初は、紙製のエリアライセンスをドライバーが購入し車のフロントガラスに貼付け、それを制限区域の入口の監視所職員が目視でチェックしていた。人件費がかかり過ぎるため、1998年から料金自動徴収システム(電子道路課金、ERP)が導入された。これは、入口のゲート(ガントリー)の下をくぐると車内の車載器のキャッシュカードから料金が引き落とされる仕組みである。未払車両のナンバープレートはゲートの監視カメラから撮影されて罰金が請求される。ロードプライシング フレッシュアイペディアより)

  • ボスインターナショナル

    ボスインターナショナルから見た監視カメラ監視カメラ

    各種監視カメラ関連製品 (監視カメラでは世界有数の台湾MINTRON社の国内特約代理店)ボスインターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • ペイント弾

    ペイント弾から見た監視カメラ監視カメラ

    日本では金融機関やコンビニエンスストアを中心に、カラーボールを用意するところも見られ、その延長でペイント弾を用意するケースも聞かれる。また防犯・警備用のロボット(テムザック製T-63Artemis)にもペイント弾発射装置が組み込まれ、遠隔操作で発見した不審者に発射する事ができる。警備用ロボットは施設内を巡回・監視するための移動型監視カメラとして利用され、不審者を発見しても追跡・捕獲できる機能は持たないが、ペイント弾でマーキングを行う事で、人間の警備員や警察が対応しやすくなると考えられている。ペイント弾 フレッシュアイペディアより)

  • 松村喜秀

    松村喜秀から見た防犯カメラ監視カメラ

    (通り魔事件とスポーツクラブでの殺人事件など挙げて)通り魔は厳罰に処すべきである。日本をアメリカ合衆国のような「銃殺人の社会」にしないためには、銃やナイフなどを手に入れにくくする、防犯カメラを増設するなどの対策が必要である。(第25回2008/06/06)松村喜秀 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
269件中 1 - 10件表示

「防犯カメラ」のニューストピックワード