59件中 11 - 20件表示
  • 監視カメラ

    監視カメラから見た記録

    監視カメラ(かんしカメラ)は、様々な目的で監視を行うためのビデオカメラのこと。広義にはカメラに加え取得した映像の伝送・処理および表示機能を含む監視システム。主な用途としては防犯、防災、計測・記録などがある。英語ではSurveillance cameraとも言うが、一般的には映像監視システムのことを その映像信号伝送方法であるClosed-circuit Television(閉鎖回路テレビ)の略語を使って「CCTV」と呼ぶことの方が多い。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た顔認識システム

    イギリスで2005年7月7日に起きたバス、地下鉄を標的とした爆弾テロにおいて犯人の検挙が迅速に行われたのも、監視カメラの記録に負うところが大きいと見られている。しかし、テロ自体確信犯的犯罪であることから、監視カメラによる抑止効果はあまりないと考えられている。むしろ、非確信犯的な一般犯罪に対する効果が期待されている。日本においても、成田空港と関西空港に顔認識システム付きの監視カメラが設置されており、また2007年7月1日に東海道・山陽新幹線で営業運転を開始したN700系電車の全乗降口と運転室出入口にも、日本では初めて鉄道車両内に監視カメラを設置するなど、公共交通機関でも防犯を強く意識した監視カメラの設置が進んでいる。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た磁気テープ

    以前は磁気テープに保存されていたが、技術の進歩に伴いハードディスクやフラッシュメモリに保存される例が多くなってきている。画像は連続静止画のMotion JPEGやMotion JPEG 2000、差分圧縮のMPEG4やH.264などの形式で、通常は記憶領域の容量があるかぎり保存される。容量が足りなくなった後は、古い記録から削除して行く方式が一般的なため、記憶装置の容量については必要な保存期間を考慮して選定する。画像の質は磁気テープより良質である。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た自動車ナンバー自動読取装置

    交通流量(高速道路など)、スピード違反取締り(自動速度違反取締装置)、ナンバープレートの登録番号の記録(自動車ナンバー自動読取装置、通称「Nシステム」)など。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た肖像権

    商店街など公共の場への監視カメラの設置を巡っては、肖像権・プライバシーとの関連や、監視されるイメージへの拒否感などから議論になることが多い。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た学校

    店舗などの各種施設内や敷地内の監視、街頭、鉄道の駅、空港、学校、個人住宅および踏切の監視サービス。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た盛り場

    一般の目に触れるものとしては、防犯を主な目的として、商店(小売店)や銀行など金融機関、公的機関の天井などに仕掛けられているものがある。目的は、金融・公的機関の場合、侵入者や不審者の監視・記録はもちろん、従業員の背任行為を抑止するためでもある。施設内だけでなく、市街や盛り場の道路などに監視カメラが取り付けられることも増加しつつある。また、カメラの価格降下に伴い、個人で自宅駐車場などに盗難防止目的として安価な監視カメラを設置するケースもある。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た証拠

    監視カメラの目的は前述のように、「犯罪行為の抑止」と「犯罪行為の証拠の記録」である。しかし、この2つの効果を同時に追求することはできない。なぜなら、犯罪行為を抑止するために監視カメラを設置するのであれば、設置してあることを目立たせなければならないが、そうすると犯罪行為の発生を監視カメラの無いところに追い込むため、証拠記録が撮影できなくなる。したがって、場所・状況に応じて、「犯罪行為の抑止」と「犯罪行為の証拠の記録」を使い分ける必要が生じる。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見たフラッシュメモリ

    以前は磁気テープに保存されていたが、技術の進歩に伴いハードディスクやフラッシュメモリに保存される例が多くなってきている。画像は連続静止画のMotion JPEGやMotion JPEG 2000、差分圧縮のMPEG4やH.264などの形式で、通常は記憶領域の容量があるかぎり保存される。容量が足りなくなった後は、古い記録から削除して行く方式が一般的なため、記憶装置の容量については必要な保存期間を考慮して選定する。画像の質は磁気テープより良質である。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

  • 監視カメラ

    監視カメラから見た人感センサ

    アナログ式監視カメラでは伝送ノイズが多く、インタレース動画であるために、デジタルで保存すると容量が大きくなる。デジタル式監視カメラでは伝送ノイズの影響がなく、プログレッシブ動画であるため、容量が小さくなる。差分圧縮の場合は、CCDノイズの低減や物理的・ソフトウェア的なモーションスタビライザによって、さらに容量を小さくすることができる。また、背景差分や人感センサ等による動体検出によって、常時画像を保存するのではなく、カメラの撮影範囲で動くものを検出した時にだけ、その前数秒から録画を開始することができ、容量を節約することができる。監視カメラ フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「防犯カメラ」のニューストピックワード