前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示
  • 2016年のテレビドラマ (日本)

    2016年のテレビドラマ (日本)から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    11月16日 - NHKが、2019年度の大河ドラマについて、宮藤官九郎が脚本を担当し、近代オリンピックをテーマに、日本が1912年のストックホルムオリンピック(選手は三島弥彦/金栗四三の2名)に初参加して以来、1964年の東京オリンピック開催までを時代の変遷ごとに描く作品として制作することを発表。その後、タイトルを『いだてん〜東京オリムピック噺〜』と決定、中村勘九郎・阿部サダヲの主演が発表された。同作品は2019年1月から放送開始予定。2016年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 岡本貴也

    岡本貴也から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    2001年、BS-iドラマ「ジャッジカフェ」にてテレビ脚本家デビュー。その後続けざまに『A side B』(長塚京三、阿部サダヲら)、『the Apartment』(西村雅彦、井上晴美)、『アイノウタ』(池内博之、つぐみら)、『ケータイ刑事_銭形愛』(宮崎あおいら)とBS-iにて連ドラを執筆。岡本貴也 フレッシュアイペディアより)

  • 6%DOKIDOKI

    6%DOKIDOKIから見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    2005年3月にショップを現在の場所(ビルの2F)へ移転。同時に3Fに「カワイイ」がコンセプトのギャラリー「LOV-LAB(ラブラブ/Lovelies Laboratory)」をオープン。今までファッションとカルチャー、アートが同居していた店内を、2F(ファッション)、3F(カルチャー、アート)に分離させた。LOV-LABのオープニング展示である「What's is Lovely?」では宇山あゆみ、森三中の大島美幸&鈴木おさむ、ピコピコ、ミヤタケイコ、ピュ?ぴる、水野純子、タケヤマ・ノリヤ、阿部サダヲが参加した。同年よりオリジナル舞台やイベントなどを積極的に行うようになる。6%DOKIDOKI フレッシュアイペディアより)

  • 右近健一

    右近健一から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    2003年「レッツゴー!忍法帖」 出演:阿部サダヲ、馬渕英里何 他 サンシャイン劇場他右近健一 フレッシュアイペディアより)

  • 謝罪の王様

    謝罪の王様から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    『謝罪の王様』(しゃざいのおうさま)は2013年の日本のコメディ映画。脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』チームによる作品である。キャッチコピーは「謝るとき、人は誰でも主人公。」謝罪の王様 フレッシュアイペディアより)

  • 舞妓Haaaan!!!

    舞妓Haaaan!!!から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    本作は、宮藤官九郎がシナリオを執筆したもので、サラリーマン鬼塚公彦(阿部サダヲ)が京都・祇園の舞妓と野球拳をしたいという夢を追い求めるというコメディ映画である。宮藤本人は京都には訪れずるるぶを見て脚本を書き上げた。主演は阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウの三人。阿部にとっては、映画初主演作となる。本作が植木等の最後の出演作品となった。舞妓Haaaan!!! フレッシュアイペディアより)

  • ぼくとママの黄色い自転車

    ぼくとママの黄色い自転車から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    2008年(平成20年)7月12日 - 19日、香川県の小豆島でロケーション撮影を行い、19日の夜に同県の県庁所在地高松市内のホテルで、河野圭太監督、夫婦を演じる鈴木京香、阿部サダヲが記者会見を行なった。小豆島でのロケ地は、小豆島オリーブ公園、寒霞渓、銚子渓、銀波浦のエンジェルロードなど約10か所で行われた。同年8月中旬にクランクアップした。主人公一家の住居は、阿部の演じる父親が建築家の設定のため、横浜市内にある増田政一設計による個人宅で行われた。ぼくとママの黄色い自転車 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビドラマ (日本)

    2017年のテレビドラマ (日本)から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    TBS系金曜ドラマ1月期作品として、阿部サダヲ主演のホームドラマ『下剋上受験』(原作:桜井信一、制作:大映テレビ)を放送開始( - 3月17日)。2017年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • アンフェア

    アンフェアから見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    北乃きいが演じる新人刑事・望月陽が主人公のスピンオフシリーズで、阿部サダヲ、加藤雅也、寺島進など一部の本編レギュラー出演者も出演している。『ダブル・ミーニング〜連鎖』において、篠原涼子が演じる本編の主人公・雪平夏見が初めて望月と顔を合わせた。アンフェア フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎 吐夢

    宮崎吐夢から見た阿部サダヲ阿部 サダヲ

    明治大学中退。1992年2月に行われたオーディションで合格し大人計画に入団。阿部サダヲ、猫背椿、正名僕蔵らが同期入団である。同年3月『冬の皮』で初出演。しばらく本名名義で活動していたが、大人計画のイベントにで村松利史(WAHAHA本舗)に東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の容疑者の実名にちなんだ芸名をつけられる。後にこれを松尾スズキが改め、「宮崎吐夢」と命名した。宮崎吐夢 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示

「阿部サダヲ」のニューストピックワード