63件中 11 - 20件表示
  • オシムチルドレン

    オシムチルドレンから見た阿部勇樹阿部勇樹

    大まかな定義として、オシムが2003年から日本代表監督に就任する2006年まで監督を務めたジェフユナイテッド市原での教え子を「オシムチルドレン」と呼ぶ。主にレギュラー格であった阿部勇樹・巻誠一郎・山岸智・羽生直剛・坂本將貴・佐藤勇人・水野晃樹・水本裕貴らを指すが、ジェフユナイテッド市原・千葉の選手全員の総称として使われたこともあった。オシムチルドレン フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のJリーグチャンピオンシップ

    2016年のJリーグチャンピオンシップから見た阿部勇樹阿部勇樹

    迎えた後半11分、浦和MF柏木陽介の放ったクロスにあわせに行ったFW興梠がペナルティエリア内で鹿島DF西大伍に体当たりで倒され、主審の家本政明はPKの判定を下す。これを浦和MF阿部勇樹が落ち着いてゴール中央に決めて、浦和が先制点を挙げる。追う展開となった鹿島はMF中村充孝に替えて故障明けのMF柴崎岳を投入、さらにFWファブリシオも投入し前線を厚くして必死の反撃を試みるが、守備を固めた浦和の守りを崩しきれず、浦和が貴重なアウェーでの勝利を挙げた。2016年のJリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 白棟圭

    白棟圭から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2017年のAFCチャンピオンズリーグでは5月9日のガンバ大阪戦にフル出場。5月31日の浦和レッドダイヤモンズ戦では控え選手としてベンチ入りしたが、試合中に激昂してフィールド内に乱入。阿部勇樹に肘打ちを喰らわせるなどの暴力行為を行ったことにより退場処分を受けた。ペクは暴力行為について、浦和レッズが非紳士的に感情を刺激するなど原因を提供したと主張する一方で、訪日して阿部に謝罪をする意向を示したが、アジアサッカー連盟から3カ月間の資格停止と制裁金1万5000ドル(約165万円)を科せられた。白棟圭 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のJリーグ ディビジョン1

    2014年のJリーグ ディビジョン1から見た阿部勇樹阿部勇樹

    第31節終了時には5試合で1勝4敗と失速した川崎の優勝可能性が消滅、優勝争いは浦和・G大阪・鹿島・鳥栖の4チームにまで絞られ、第32節の浦和とG大阪との勝ち点差5での直接対決(埼玉スタジアム2002)で浦和が勝てば、その時点で浦和の優勝が決定するという状況にまでこぎ着けた。しかしこの試合、終盤の佐藤晃大・倉田秋の得点でG大阪が2-0で勝利し優勝の可能性を残す と、さらに次の第33節、首位浦和と4位鳥栖の直接対決(ベストアメニティスタジアム)で、MF阿部勇樹のPKで浦和が先制するも後半アディショナルタイムに鳥栖DF小林久晃に同点ゴールを決められ引き分け。神戸に勝利したG大阪が勝ち点で並び、得失点差でG大阪がついに首位に浮上する。2014年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のJリーグカップ

    2005年のJリーグカップから見た阿部勇樹阿部勇樹

    ニューヒーロー賞 阿部勇樹(ジェフユナイテッド市原・千葉)2005年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 羽生直剛

    羽生直剛から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2003年より千葉の監督に就いたイビチャ・オシムからは「羽生はそのポジションにもっといい選手がいても、どこかで使いたくなる選手だ」と評価されレギュラーに定着。2005年10月29日大分戦でJ1通算100試合出場を記録した。千葉では主にトップ下、1.5列目でのシャドーストライカーに配され、ダイナミックなフリーランニングで「考えて走るサッカー」の中核を担った。当時のコーチである江尻篤彦は後に「走る能力は、羽生は別として、佐藤勇人、阿部勇樹、村井慎二、皆平均以下だった」と語っている。羽生直剛 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井友之

    酒井友之から見た阿部勇樹阿部勇樹

    浦和時代はアレックスと共にいじられキャラとしてチームメイトに愛されていた。レッズフェスタでのトークショーで「(癒し効果のある)マイナスイオンを発する男」とも言われた事がある。ただし、市原ユースの後輩で市原でもチームメイトだった阿部勇樹はユース時代から酒井に対して「怖い先輩」のイメージしかなかったため、阿部が2007年に浦和に移籍して再会した際、あまりの酒井のキャラの変貌ぶりに驚きを隠せなかった。酒井友之 フレッシュアイペディアより)

  • 和多田充寿

    和多田充寿から見た阿部勇樹阿部勇樹

    ジェフユナイテッド市原所属時代にはホームでジュビロ磐田と2-2で引き分けた試合で、和多田はペナルティーキックを2度外した。ジェフの最初のPKを蹴ったのは和多田。PKキッカーに指名されていた和多田はボールを噴かし、ゴールを大きく外す。次に獲得したPKは阿部勇樹が決める。数分後、ジェフが3つ目のPKは監督からのキッカーの指示は阿部だったが、和多田が蹴りセーブされた。和多田充寿 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のJリーグ

    1998年のJリーグから見た阿部勇樹阿部勇樹

    阿部勇樹(16歳と333日・ジェフユナイテッド市原 1998年8月5日 - 1stステージ第16節vsガンバ大阪・万博記念競技場)1998年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た阿部勇樹阿部勇樹

    そして迎えた後半終了間際。このままC大阪が優勝するかと思われたが、ドラマは起こった。ロスタイム突入直前の89分、FC東京は相手ゴール前に攻め込む。対するC大阪はクリアの応酬を繰り返す混戦となったが、そのこぼれ球をFC東京のMF今野泰幸により決められ、同点に追いつかれてしまう。その直後にはフクアリで千葉がPKを得るとMF阿部勇樹が決め、続けざまに千葉MF坂本將貴のゴールで逆転に成功。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード