51件中 21 - 30件表示
  • 和多田充寿

    和多田充寿から見た阿部勇樹阿部勇樹

    ジェフユナイテッド市原所属時代にはホームでジュビロ磐田と2-2で引き分けた試合で、和多田はペナルティーキックを2度外した。ジェフの最初のPKを蹴ったのは和多田。PKキッカーに指名されていた和多田はボールを噴かし、ゴールを大きく外す。次に獲得したPKは阿部勇樹が決める。数分後、ジェフが3つ目のPKは監督からのキッカーの指示は阿部だったが、和多田が蹴りセーブされた。和多田充寿 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井友之

    酒井友之から見た阿部勇樹阿部勇樹

    浦和時代はアレックスと共にいじられキャラとしてチームメイトに愛されていた。レッズフェスタでのトークショーで「(癒し効果のある)マイナスイオンを発する男」とも言われた事がある。ただし、市原ユースの後輩で市原でもチームメイトだった阿部勇樹はユース時代から酒井に対して「怖い先輩」のイメージしかなかったため、阿部が2007年に浦和に移籍して再会した際、あまりの酒井のキャラの変貌ぶりに驚きを隠せなかった。酒井友之 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2001年アルゼンチン大会では、佐藤寿人、駒野友一、石川直宏、前田遼一、山瀬功治らの世代。西村昭宏監督の指向する攻撃的サッカーで挑んだが、大久保嘉人、阿部勇樹、松井大輔、今野泰幸、茂庭照幸といった既にJリーグの各クラブで主力の位置にあった選手を怪我で欠いた事もあって、グループリーグ突破は成らなかった。この年代は1999年のFIFA U-17世界選手権の出場を逃し、ワールドユースでいきなり世界と戦うことになった事から「強化の谷間」という意味で「谷間の世代」と呼ばれていたが、前3大会で果たした決勝トーナメント進出を逃したことで、「実力的な谷間」という意味が付きまとう様になった。しかし、この年代からは多くの日本代表選手を輩出し中核を担っている。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 高木和道

    高木和道から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2008年4月、日本代表候補合宿に初招集される。6月には怪我で離脱した阿部勇樹に代わりFIFAワールドカップ・アジア予選に向けた日本代表に初選出され、試合出場も果たす。高木和道 フレッシュアイペディアより)

  • 山田直輝

    山田直輝から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2011年、阿部勇樹の移籍によって欠番となった22番に背番号を変更、シーズン当初は前年の故障の影響もありシーズン開幕からベンチ入りすらままらならない状態が続き、6月5日のナビスコカップ1回戦第1節、対モンテディオ山形戦でようやくシーズン初の公式戦出場を記録、以降もゼリコ・ペトロビッチ監督に不慣れな右サイドでのプレーを命じられたり、戦術上の問題で得意とするピッチを縦横無尽に動く働きを封じられ、本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、監督が堀孝史に交代後は柏木陽介と共にダブルトップ下のレギュラーに固定され、チームのJ1残留に大きく貢献した。山田直輝 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口博之

    谷口博之から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2012年、キリンチャレンジカップ・アイスランド戦に向けた日本代表合宿で金園英学・阿部勇樹が負傷離脱したため、追加招集を受けて3年ぶりに代表に復帰。谷口博之 フレッシュアイペディアより)

  • 山口智 (サッカー選手)

    山口智 (サッカー選手)から見た阿部勇樹阿部勇樹

    小学生の頃に地元の佐川SSでサッカーを始め(当時のチームメイトに吉村光示・圭司兄弟と声優の小野大輔がいる)、中学卒業後にプロを目指すべく高知県を離れて、高校時代はジェフユナイテッド市原ユースチームに所属。1996年3月20日、対京都パープルサンガ戦にJリーグ史上初の高校生Jリーガー(17歳354日、当時最年少記録)としてデビューした。この記録は2年後に、当時チームメイトであった阿部勇樹に破られるまで保持し続けた(阿部の記録は16歳333日)。山口智 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤勇人

    佐藤勇人から見た阿部勇樹阿部勇樹

    ジュニアユースから同期の阿部勇樹とコンビでジェフのドイスボランチを組んでいたこともあった。春日部出身ながらもユース育ちで中学生から八千代に住んでいることもあって実質的に地元出身の選手と見なされている。この地元出身で、ジュニアユースから育てた選手2人がボランチでコンビを組んでいることはジェフサポーターにとってアイデンティティーの一つになっていた。佐藤勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 永田拓也

    永田拓也から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2009年に山田、高橋、濱田とともにトップに昇格。プロ初のベンチ入りは同年5月3日、ナビスコカップ第4節、対新潟戦。6月3日、ナビスコカップ第5節、対磐田戦の前半8分、負傷退場した三都主アレサンドロに代わり途中出場。これがプロデビュー戦となった。次節の6月13日、ナビスコカップ第7節、対大宮戦(第6節は、浦和の試合は無かった)では発熱を押して、初のスタメン出場。後半12分、エジミウソンの4点目をアシスト。これがプロでの初アシストとなった。リーグでのデビュー戦は、6月27日のJ1第15節、対神戸戦。前節での坪井慶介の負傷を受け、スタメンで出場した(ボランチで起用されていた阿部勇樹がセンターバック、左サイドバックで起用されていた細貝萌がボランチ、永田が左サイドバックに入った)。永田拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た阿部勇樹阿部勇樹

    そして迎えた後半終了間際。このままC大阪が優勝するかと思われたが、ドラマは起こった。ロスタイム突入直前の89分、FC東京は相手ゴール前に攻め込む。対するC大阪はクリアの応酬を繰り返す混戦となったが、そのこぼれ球をFC東京のMF今野泰幸により決められ、同点に追いつかれてしまう。その直後にはフクアリで千葉がPKを得るとMF阿部勇樹が決め、続けざまに千葉MF坂本將貴のゴールで逆転に成功。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード