63件中 21 - 30件表示
  • 永田拓也

    永田拓也から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2009年に山田、高橋、濱田とともにトップに昇格。プロ初のベンチ入りは同年5月3日、ナビスコカップ第4節、対新潟戦。6月3日、ナビスコカップ第5節磐田戦の前半8分、負傷退場した三都主アレサンドロに代わり途中出場。これがプロデビュー戦となった。次節の6月13日、ナビスコカップ第7節大宮戦(第6節は浦和の試合はなかった)では発熱を押して、初のスタメン出場。後半12分、エジミウソンの4点目をアシスト。これがプロ初アシストとなった。リーグでのデビュー戦は、6月27日のJ1第15節神戸戦。前節で坪井慶介が負傷したのを受け、スタメンで出場した(ボランチで起用されていた阿部勇樹がセンターバック、左サイドバックで起用されていた細貝萌がボランチ、永田が左サイドバックに入った)。永田拓也 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフリード・サヌ

    ウィルフリード・サヌから見た阿部勇樹阿部勇樹

    浦和でのデビュー戦は2010年4月10日のJリーグ第6節アルビレックス新潟戦。この日サヌはベンチスタートだったが、前半16分に負傷した宇賀神友弥に替わり急遽左サイドバックとして途中出場し、阿部勇樹の先制点をアシストした。サヌの起用についてフィンケは、「彼はまだ一度もあのポジションでプレーしたことがありませんでした。」とのコメントを残している。だが、故障が多く度々離脱していたのに加え、不慣れなポジションでの起用で本来の実力を発揮できる場面は少なかった。終盤戦は負傷者が増えたこともあり、ようやく得意としているFWや前目のサイドハーフで起用される試合が多くなったが、2010年12月6日、契約延長や完全移籍には至らず、2010年シーズン終了後に本来の所属先である1.FCケルンに復帰することが発表された。ウィルフリード・サヌ フレッシュアイペディアより)

  • 山口智 (サッカー選手)

    山口智 (サッカー選手)から見た阿部勇樹阿部勇樹

    小学生の頃に地元の佐川サッカースクールでサッカーを始め(当時のチームメイトに吉村光示・圭司兄弟や森田真吾、声優の小野大輔がいる)、中学卒業後にプロを目指すべく高知県を離れて、高校時代はジェフユナイテッド市原ユースチームに所属。1996年3月20日、対京都パープルサンガ戦にJリーグ史上初の高校生Jリーガー(17歳354日、当時最年少記録)としてデビューした。この記録は2年後に、当時チームメイトであった阿部勇樹に破られるまで保持し続けた(阿部の記録は16歳333日)。山口智 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 小野剛 (サッカー指導者)

    小野剛 (サッカー指導者)から見た阿部勇樹阿部勇樹

    その後はJFAおよび日本オリンピック委員会の若年層強化スタッフとして活躍する。1999年、西村昭宏率いるU-20日本代表のコーチに就任し、2002年のトゥーロン国際大会ではU-21日本代表ヘッドコーチ(U-23日本代表の暫定監督)として松井大輔・山瀬功治や阿部勇樹らを擁し3位入賞を果たす。小野剛 (サッカー指導者) フレッシュアイペディアより)

  • 谷口博之

    谷口博之から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2012年、キリンチャレンジカップ・アイスランド戦に向けた日本代表合宿で金園英学・阿部勇樹が負傷離脱したため、追加招集を受けて3年ぶりに代表に復帰。谷口博之 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のサッカー

    2017年のサッカーから見た阿部勇樹阿部勇樹

    【AFC】AFCチャンピオンズリーグ2017、決勝トーナメント1回戦、浦和レッズ対済州ユナイテッドFC戦第2レグ(埼玉スタジアム2002)で、済州の選手が延長後半から試合後にかけ、浦和の選手に襲いかかるなど乱闘騒ぎを起こす。6月9日、AFCにより、試合中に退場となりながら乱闘に加勢した趙容亨に6カ月の出場停止処分と罰金、控え選手ながら浦和の阿部勇樹に肘打ちした白棟圭に出場停止3カ月と罰金、浦和選手を殴った権韓真には2試合の出場停止処分と罰金、済州ユナイテッドには4万ドルの罰金がそれぞれ科され、併せて浦和にも2万ドルの罰金が科される。2017年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 高木和道

    高木和道から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2008年4月、日本代表候補合宿に初招集される。6月には怪我で離脱した阿部勇樹に代わりFIFAワールドカップ・アジア予選に向けた日本代表に初選出され、試合出場も果たす。高木和道 フレッシュアイペディアより)

  • 彩の国功労賞

    彩の国功労賞から見た阿部勇樹阿部勇樹

    阿部勇樹(2010年7月13日受賞、2010 FIFAワールドカップ日本代表チーム決勝トーナメント進出に貢献)彩の国功労賞 フレッシュアイペディアより)

  • 田根剛

    田根剛から見た阿部勇樹阿部勇樹

    1979年、東京都杉並区生まれ。幼き頃にプロサッカー選手になる夢を抱き、高校在学中にジェフユナイテッド市原のユースチームで頭角を現したが、怪我によりプロサッカー選手の夢を断念。チームメイトには、山口智、酒井友之、阿部勇樹、佐藤寿人などがいた。北海道の大自然に憧れ北海道東海大学芸術工学部建築学科に進学。在学中にスウェーデンのHDKとシャルマス工科大学へ留学。大学卒業後はデンマークへ渡り、デンマーク王立アカデミーにて客員研究員となる。その後、ヘニング・ラーセン(デンマーク)、デビッド・アジャイエ(イギリス)の設計事務所に勤務。田根剛 フレッシュアイペディアより)

  • 中澤佑二

    中澤佑二から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2017年5月27日、J1リーグ第13節(対戦相手: 清水エスパルス)に出場し、J1通算550試合出場の記録を達成した。6月25日、第16節のヴィッセル神戸戦ではフィールドプレーヤーでは阿部勇樹に並ぶ139試合連続フル出場を果たした。続く、17節の大宮アルディージャでもフル出場をして、フィールドプレーヤーとして歴代1位となる140試合連続フル出場を果たした。中澤佑二 フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード