51件中 31 - 40件表示
  • いのちの響

    いのちの響から見た阿部勇樹阿部勇樹

    阿部勇樹 ジェフ市原(放送当時、現浦和レッズ)いのちの響 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルフリード・サヌ

    ウィルフリード・サヌから見た阿部勇樹阿部勇樹

    浦和でのデビュー戦は2010年4月10日のJリーグ第6節アルビレックス新潟戦。この日サヌはベンチスタートだったが、前半16分に負傷した宇賀神友弥に替わり急遽左サイドバックとして途中出場し、阿部勇樹の先制点をアシストした。サヌの起用についてフィンケは、「彼はまだ一度もあのポジションでプレーしたことがありませんでした。」とのコメントを残している。だが、故障が多く度々離脱していたのに加え、不慣れなポジションでの起用で本来の実力を発揮できる場面は少なかった。終盤戦は負傷者が増えたこともあり、ようやく得意としているFWや前目のサイドハーフで起用される試合が多くなったが、2010年12月6日、契約延長や完全移籍には至らず、2010年シーズン終了後に本来の所属先である1.FCケルンに復帰することが発表された。ウィルフリード・サヌ フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た阿部勇樹阿部勇樹

    日本のサッカーにおいて、かつて1981-84年生まれが呼ばれており、数々の燿かしい結果を残した1977-80年生まれ(シドニー五輪世代)に対して、1981-84年生まれ(アテネ五輪世代)はこれほどの結果を残すことができなかった。また、1981-84年生まれのA代表には駒野友一、阿部勇樹、大久保嘉人、松井大輔、田中達也、佐藤寿人、山瀬功治、田中マルクス闘莉王、鈴木啓太、今野泰幸、長谷部誠などがいるが、海外リーグで活躍する者はさほど多くなかった。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 田根剛

    田根剛から見た阿部勇樹阿部勇樹

    高校在学中ジェフユナイテッド市原のユースチームで頭角を現したが怪我によりプロサッカー選手を断念。元チームメイトには、山口智、酒井友之、阿部勇樹、佐藤寿人などがいる。北海道の自然に憧れ北海道東海大学芸術工学部建築学科に入学した。在学中にスウェーデンのHDKとシャルマス工科大へ留学。大学卒業後はデンマークへ渡り、デンマーク王立アカデミーにて客員研究員となる。その後、デンマーク、イギリスの設計事務所で勤務し、2006年、DGT(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)をダン・ドレル(イタリア)、リナ・ゴットメ(レバノン)と共に設立。エストニア国立博物館のコンペでは、ソ連時代の滑走路を建築にした提案で最優秀賞を授賞し注目を浴びる。これまでに金森穣(Noism)、皆川明(ミナ・ペルホネン)、三原康裕などとコラボレーションをし、2010年にはタカ・イシイギャラリーにて個展「sur-impression」を発表。2011年にはミラノサローネにてTOSHIBA・LEDを使った「LUCE TEMPO LUOGO」で話題を呼び、第20回サイトウ・キネン・フェスティバル松本では小澤征爾指揮・オペラ公演「青髭公の城」、沼尻竜典指揮・バレエ公演「中国の不思議な役人」の舞台装置を担当。田根剛 フレッシュアイペディアより)

  • 濱田水輝

    濱田水輝から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2010年、シーズン当初はベンチ入りすらままならなかった状態だったが、阿部勇樹がレスター・シティFCへ移籍が決定、細貝萌が代表招集で不在、鈴木啓太が故障という中で行われた天皇杯2回戦、対東京国際大学戦で先発出場し今季初出場を記録した。その後は徐々に出場機会を増やしていき、12月4日のJリーグ第34節、対ヴィッセル神戸戦で出場停止の山田暢久に替わりセンターバックでプロ入り初のリーグ戦先発出場を果たした。しかし神戸の先制点に繋がるミス、2点目のPKに繋がるファウルを犯し、後半7分に堀之内聖と交代した。濱田水輝 フレッシュアイペディアより)

  • 9月6日

    9月6日から見た阿部勇樹阿部勇樹

    1981年 - 阿部勇樹、サッカー選手9月6日 フレッシュアイペディアより)

  • 柏木陽介

    柏木陽介から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2010年1月9日、埼玉スタジアムで浦和への加入記者会見が開かれた。背番号はかつて浦和に大きな貢献をもたらした広瀬治、小野伸二、アレックスといった選手達が付けていた8に決定した。シーズン開幕直後は不慣れなサイドでの起用、本職のトップ下に入っても周りの選手とのコンビネーションや広島と浦和のサッカースタイルのギャップに苦しみ、なかなか本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、8月末に阿部勇樹が退団した影響もあって手薄になったボランチで起用されるようになってからはゴールに絡む場面が増えるなど徐々に本領を発揮出来るようになっていった。尚、浦和移籍後初ゴールは5月5日のJリーグ第10節、名古屋グランパス戦の後半3分に記録している。最終的にこのシーズンは公式戦全試合出場したエジミウソンに次ぐ、公式戦43試合に出場した。柏木陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 市川市

    市川市から見た阿部勇樹阿部勇樹

    阿部勇樹(サッカー選手、浦和レッドダイヤモンズ所属&FIFAワールドカップ2010 日本代表選手) 1981年(昭和56年)9月6日市川市生まれ。市川市 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2006年2月からは横浜FCの選手兼任の監督補佐に就任するが、登録上は選手扱いである(Jリーグの規定では選手が監督・コーチを兼任することが出来ない)。このシーズン、39試合に出場し6得点、横浜FCのJ1初昇格に貢献した。2007年はシーズン全34試合中24試合に出場。9月15日のサンフレッチェ広島戦で日本人選手史上最年長ゴールを記録するなどシーズンで3得点を挙げた。12月1日の最終戦浦和レッズとの試合では、引き分けか、負ければ浦和の優勝が決まるという大一番で、阿部勇樹を左サイドで抜き去り、その後のセンタリングから根占真伍の決勝点をアシストして浦和の優勝を阻んだ。なお、横浜FCはこの試合の前にJ1最下位でJ2降格が決まっていた。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード