63件中 41 - 50件表示
  • フクダ電子アリーナ

    フクダ電子アリーナから見た阿部勇樹阿部勇樹

    当スタジアムでの初公式戦は2005年J1第27節(2005年10月16日)横浜F・マリノス戦で入場者数は17,087人であった。オープニングゴールは阿部勇樹(ジェフ、16分)。スコアは2-2であった。フクダ電子アリーナ フレッシュアイペディアより)

  • トゥーロン国際大会

    トゥーロン国際大会から見た阿部勇樹阿部勇樹

    日本は2000年に初参加。2002年には松井大輔、山瀬功治、阿部勇樹らの活躍で3位となり、中山悟志がアレッサンドロ・ペッリコーリ(イタリア)と共に3得点で得点王となった。2008年には本田圭佑、岡崎慎司、李忠成、森本貴幸らを擁し、グループリーグでオランダや地元フランスを破って決勝トーナメントに進出。しかし準決勝でイタリアにPK戦の末敗れ、3位決定戦でもコートジボワールにPK戦で敗れている。トゥーロン国際大会 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正紀

    吉田正紀から見た阿部勇樹阿部勇樹

    阿部勇樹物語(少年サンデー超2002年4月25日号)吉田正紀 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た阿部勇樹阿部勇樹

    西村昭宏監督の指向する攻撃的サッカーで挑んだが、大久保嘉人、阿部勇樹、松井大輔、今野泰幸、茂庭照幸といった既にJリーグの各クラブで主力の位置にあった選手を怪我で欠いた事もあって、グループリーグ突破は成らなかった。この年代は1999年のFIFA U-17世界選手権の出場を逃し、ワールドユースでいきなり世界と戦うことになった事から「強化の谷間」という意味で「谷間の世代」と呼ばれていたが、前3大会で果たした決勝トーナメント進出を逃したことで、「実力的な谷間」という意味が付きまとう様になった。しかし、この年代からは多くの日本代表選手を輩出し中核を担っている。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓太

    鈴木啓太から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2009年は山田暢久に替わり、チームキャプテンに就任。主に阿部勇樹とボランチでコンビを組み、大きな怪我も無くほぼフル稼働し、浦和の中盤を支え続けた。また、9月19日J1第26節川崎フロンターレ戦では自身2年振りとなるゴールも記録した。鈴木啓太 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッズ差別横断幕事件

    浦和レッズ差別横断幕事件から見た阿部勇樹阿部勇樹

    3月23日、ホーム第4節の対清水エスパルス戦は、予定通り無観客試合で実施された。400人を超える報道陣やテレビ中継スタッフが見守る中、主将の阿部勇樹が「サッカーを通じて結ばれた大切な仲間と伴に、差別と戦うことを誓います」と、クラブがこの日発表した『差別撲滅宣言』を読み上げた。浦和レッズ差別横断幕事件 フレッシュアイペディアより)

  • 9月6日

    9月6日から見た阿部勇樹阿部勇樹

    1981年 - 阿部勇樹、サッカー選手9月6日 フレッシュアイペディアより)

  • 山田直輝

    山田直輝から見た阿部勇樹阿部勇樹

    2011年、阿部勇樹の移籍によって欠番となった22番に背番号を変更、シーズン当初は前年の故障の影響もありシーズン開幕からベンチ入りすらままらならない状態が続き、6月5日のナビスコカップ1回戦第1節モンテディオ山形戦でようやくシーズン初の公式戦出場。以降もゼリコ・ペトロビッチ監督に不慣れな右サイドでのプレーを命じられたり、戦術上の問題で得意とするピッチを縦横無尽に動く働きを封じられ、本領を発揮することが出来ずにいた。しかし、監督が堀孝史に交代後は柏木陽介と共にダブルトップ下のレギュラーに固定され、チームのJ1残留に貢献した。山田直輝 フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップ日本代表

    2010 FIFAワールドカップ日本代表から見た阿部勇樹阿部勇樹

    フォーメーションを4-2-3-1から4-1-4-1(4-3-3)に変更。DFラインの前(バイタルエリア)に3人目の守備的MF(アンカー)阿部勇樹を配置する。2010 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 市川市

    市川市から見た阿部勇樹阿部勇樹

    阿部勇樹(サッカー選手、浦和レッドダイヤモンズ所属&FIFAワールドカップ2010 日本代表選手) 1981年(昭和56年)9月6日市川市生まれ。市川市 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード