90件中 11 - 20件表示
  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たジーコ

    2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たした。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た中田英寿

    。大会では背番号「2」を背負い、全試合(カメルーン戦、オランダ戦、デンマーク戦、パラグアイ戦)にスタメン出場、パラグアイ戦にて中村憲剛と交代するまで、フル出場していた。それまで岡田武史監督の下、CBで起用され、巧く機能しないことが多かったが、W杯本戦では終始、アンカーとして出場し、堅固な守備陣の一角として日本のグループリーグ突破に貢献し、元日本代表中田英寿や、内田篤人からは今代表のMVPに挙げられた。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た松井大輔

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た稲本潤一

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た田中マルクス闘莉王

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たミハイロ・ペトロヴィッチ

    2012年、1月24日に浦和に復帰。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督からチームキャプテンに指名された。2012年ではボランチとして全試合出場。退場となったJ1第4節川崎戦を除いてフル出場を果たした。チームも3位となり、ACLの出場権を獲得した。なお、阿部はJリーグ優秀選手賞も受賞した。2013年、J1第33節が11月30日に行われ、J1通算400試合出場を達成した。400試合出場は史上13人目。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た駒野友一

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た中村憲剛

    。大会では背番号「2」を背負い、全試合(カメルーン戦、オランダ戦、デンマーク戦、パラグアイ戦)にスタメン出場、パラグアイ戦にて中村憲剛と交代するまで、フル出場していた。それまで岡田武史監督の下、CBで起用され、巧く機能しないことが多かったが、W杯本戦では終始、アンカーとして出場し、堅固な守備陣の一角として日本のグループリーグ突破に貢献し、元日本代表中田英寿や、内田篤人からは今代表のMVPに挙げられた。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た内田篤人

    。大会では背番号「2」を背負い、全試合(カメルーン戦、オランダ戦、デンマーク戦、パラグアイ戦)にスタメン出場、パラグアイ戦にて中村憲剛と交代するまで、フル出場していた。それまで岡田武史監督の下、CBで起用され、巧く機能しないことが多かったが、W杯本戦では終始、アンカーとして出場し、堅固な守備陣の一角として日本のグループリーグ突破に貢献し、元日本代表中田英寿や、内田篤人からは今代表のMVPに挙げられた。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たカカ (サッカー選手)

    FIFAクラブワールドカップ2007では、浦和からただ1人、大会のMVP候補8人の1人に選ばれた。(この時MVPを獲得したのは当時ACミランの選手であったブラジル代表のカカ)。2010年7月 彩の国功労賞を受賞。また、市川市が市民栄誉賞を授与すると発表した阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

90件中 11 - 20件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード