90件中 21 - 30件表示
  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た山口智 (サッカー選手)

    Jリーグ初出場は、1998年8月5日、Jリーグ1stステージ第16節のG大阪戦(万博)。当時、チームメイトだった山口智の記録を破り、16歳と333日というJ1の最年少記録を打ち立てた。Jリーグ初得点は、1999年4月10日 1stステージ第6節神戸戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た浦和レッドダイヤモンズ

    阿部 勇樹(あべ ゆうき、1981年9月6日 - )は、千葉県市川市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッズ所属。ミッドフィールダー、ディフェンダーと、主に守備的なポジションであればどこでもこなせるユーティリティープレイヤー。元日本代表。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たJリーグカップ

    この起用は周囲に譲りがちだったFKを自ら蹴り、積極的に攻撃に参加するといった成長をもたらす。2005年のJリーグ戦では守備的MFながら12得点(うち1回はハットトリック)を挙げ、常にJ2降格ラインにいたチームを2005年、2006年のナビスコ杯2連覇に導いた立役者の1人になった。後にイビチャ・オシム監督との出会いによって、戦う姿勢が変わったことと、複数のポジションをこなせることを「ポリバレント」と称され、それが自分の強みと自覚できるようになったと語っている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たテレビ朝日

    テレビ朝日の『やべっちFC』に出演した際、「YABEっち」の「Y」を取ると「ABEっち」になるとアピール、これから「あべっちと呼んでください」と笑いを誘った。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たイビチャ・オシム

    2003年にイビチャ・オシムが新監督に就任すると、当時既に国際経験や実力を備えながらも前面に出ようとしていなかった阿部を21歳でキャプテンに抜擢。オシム就任当時、ベテラン選手のプレーに頼り切っている後輩という当時のチーム事情を憂慮、プレーも消極的で性格も大人しいがチーム内では人当たりの良い阿部を先輩後輩の垣根を取り除く役目も(本人には黙って)与える。後にジェフは看板選手を次々と放出、監督の命で任を務めるのが嫌で仕方なかったが試合を重ねるごとに阿部はキャプテンとしての頭角を現すことになる。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たレスター・シティFC

    2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大の障害だった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。2012年1月22日、日本に残していた家族を最優先したいとの理由でチームと双方合意の上で契約を解除した。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たガンバ大阪

    Jリーグ初出場は、1998年8月5日、Jリーグ1stステージ第16節のG大阪戦(万博)。当時、チームメイトだった山口智の記録を破り、16歳と333日というJ1の最年少記録を打ち立てた。Jリーグ初得点は、1999年4月10日 1stステージ第6節神戸戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た後藤健生

    評論家の後藤健生は阿部について、ディフェンダーとして、所属クラブでも日本代表でも起用され結果を残している事を認めつつ、「彼はやはり本来はMF」 だという見方を示している。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たアンドレア・ピルロ

    精度の高いFKを蹴ることができることから、和製ベッカムと呼ばれたり、「アベッカム」ともじられることもあった。しかし、オシム就任後は、セットプレーでの競り合いに強さもあったことから、代わりに水野晃樹が蹴ることが多くなった。浦和移籍後もポンテや柏木陽介、日本代表でも中村俊輔や遠藤保仁等が蹴ることが多かったためにFK、CKを蹴る機会は少なくなっていたが、2016年7月9日の柏レイソル戦で直接フリーキックによるゴールを決め、そのゴールを伊メディア「トゥットスポルト」が阿部を「日本のピルロ」として動画付きで紹介した。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た山本昌邦

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード