76件中 21 - 30件表示
  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たイビチャ・オシム

    2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たす。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たレスター・シティFC

    2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大のネックだった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た浦和レッドダイヤモンズ

    2007年1月12日、ジュニアユース時代から在籍したジェフユナイテッド千葉から、浦和レッドダイヤモンズへの移籍を発表。国内最高額といわれる移籍金(推定3億5千万円)で1月22日に正式契約を結ぶ。2010年、浦和との3年契約が満了したため、海外移籍の噂もあったが1月31日、浦和と1年間契約延長をすることで合意。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た後藤健生

    評論家の後藤健生は阿部について、ディフェンダーとして、所属クラブでも日本代表でも起用され結果を残している事を認めつつ、「彼はやはり本来はMF」だという見方を示している。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た山本昌邦

    ジュニアユース時代から各年代別で日本代表に選出されてきた。小野伸二、稲本潤一、遠藤保仁といった、いわゆる黄金世代が準優勝した1999 FIFAワールドユース選手権では、フィリップ・トルシエ監督の下、一つ下の世代から代表候補入りを果たしている。2004年のアテネオリンピックには、キャプテンとして田中マルクス闘莉王、松井大輔、大久保嘉人、駒野友一らと共に出場。山本昌邦監督に本職だったボランチから右サイドバックやリベロに起用され、これを機に、ユーティリティプレーヤーとして活躍することが多くなった。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たVVVフェンロー

    2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大のネックだった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たサッカーオランダ代表

    。大会では背番号「2」を背負い、全試合(カメルーン戦、オランダ戦、デンマーク戦、パラグアイ戦)にスタメン出場、パラグアイ戦にて中村憲剛と交代するまで、フル出場していた。それまで岡田武史監督の下、CBで起用され、巧く機能しないことが多かったが、W杯本戦では終始、アンカーとして出場し、堅固な守備陣の一角として日本のグループリーグ突破に大きく貢献し、元日本代表中田英寿や、内田篤人からは今代表のMVPに挙げられた。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たヴィッセル神戸

    Jリーグ初出場は、1998年8月5日、Jリーグ1stステージ第16節 ガンバ大阪戦(万博)。当時、チームメイトだった山口智の記録を破り、16歳と333日というJ1の最年少記録を打ち立てた。Jリーグ初得点は、1999年4月10日 1stステージ第6節ヴィッセル神戸戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たフェイエノールト

    2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大のネックだった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たAFCアジアカップ

    2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たす。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

76件中 21 - 30件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード