90件中 31 - 40件表示
  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たVVVフェンロー

    2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大の障害だった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。2012年1月22日、日本に残していた家族を最優先したいとの理由でチームと双方合意の上で契約を解除した。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たサッカーオランダ代表

    。大会では背番号「2」を背負い、全試合(カメルーン戦、オランダ戦、デンマーク戦、パラグアイ戦)にスタメン出場、パラグアイ戦にて中村憲剛と交代するまで、フル出場していた。それまで岡田武史監督の下、CBで起用され、巧く機能しないことが多かったが、W杯本戦では終始、アンカーとして出場し、堅固な守備陣の一角として日本のグループリーグ突破に貢献し、元日本代表中田英寿や、内田篤人からは今代表のMVPに挙げられた。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たヴィッセル神戸

    Jリーグ初出場は、1998年8月5日、Jリーグ1stステージ第16節のG大阪戦(万博)。当時、チームメイトだった山口智の記録を破り、16歳と333日というJ1の最年少記録を打ち立てた。Jリーグ初得点は、1999年4月10日 1stステージ第6節神戸戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たアルビレックス新潟

    2017年5月14日、第11節のアルビレックス新潟戦で先発フル出場を果たし、J1最多となる「138」試合連続フル出場を果たした。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たフェイエノールト

    2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大の障害だった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。2012年1月22日、日本に残していた家族を最優先したいとの理由でチームと双方合意の上で契約を解除した。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たジュビロ磐田

    また遠藤保仁を抜き史上最年少での500試合を達成、山田暢久に続く記録達成は同一クラブ二人目では史上初、海外移籍経験者の記録達成も史上初、下部組織出身選手の記録達成も史上初と記録づくめとなった。同試合で後半9分に遠藤からボールを奪取後倒された瞬間背中を右足で蹴られあまりの痛さにピッチ上でのたうち回ったがその後も試合終了までプレーし、次のJリーグカップ準決勝第1戦FC東京戦もフル出場したが試合終了後メディカルチェックを受けると右肋骨を骨折している事が発覚した。決勝ガンバ大阪戦では強行出場し浦和レッズ移籍後初の国内タイトルを手にした。磐田戦で山田暢久の出場記録を抜く通算502試合を達成した。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たAFCアジアカップ

    2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たした。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たAFCチャンピオンズリーグ

    2012年、1月24日に浦和に復帰。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督からチームキャプテンに指名された。2012年ではボランチとして全試合出場。退場となったJ1第4節川崎戦を除いてフル出場を果たした。チームも3位となり、ACLの出場権を獲得した。なお、阿部はJリーグ優秀選手賞も受賞した。2013年、J1第33節が11月30日に行われ、J1通算400試合出場を達成した。400試合出場は史上13人目。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たサッカー日本代表

    阿部 勇樹(あべ ゆうき、1981年9月6日 - )は、千葉県市川市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッズ所属。ミッドフィールダー、ディフェンダーと、主に守備的なポジションであればどこでもこなせるユーティリティープレイヤー。元日本代表阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た川崎フロンターレ

    2012年、1月24日に浦和に復帰。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督からチームキャプテンに指名された。2012年ではボランチとして全試合出場。退場となったJ1第4節川崎戦を除いてフル出場を果たした。チームも3位となり、ACLの出場権を獲得した。なお、阿部はJリーグ優秀選手賞も受賞した。2013年、J1第33節が11月30日に行われ、J1通算400試合出場を達成した。400試合出場は史上13人目。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

90件中 31 - 40件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード