76件中 61 - 70件表示
  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たユーティリティープレイヤー

    阿部 勇樹(あべ ゆうき、1981年9月6日 - )は、千葉県市川市出身のプロサッカー選手。ミッドフィールダー、ディフェンダーとさまざまなポジションをこなせるユーティリティープレイヤー阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たチタン

    2001年5月、右脛骨疲労骨折による髄内釘固定術を受け、8月復帰。本人談「ボクの右足にはチタンが入っている」。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た東京学館浦安高等学校

    1997年 - 1999年 ジェフユナイテッド市原ユース (東京学館浦安高校)阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たフリーキック (サッカー)

    この起用は周囲に譲りがちだったFKを自ら蹴り、積極的に攻撃に参加する成長をもたらす。2005年のJリーグ戦では守備的MFながら12得点(うち1回はハットトリック)を挙げ、常にJ2降格ラインにいたチームを2005年、2006年のナビスコ杯2連覇に導いた立役者の1人になった。後にイビチャ・オシム監督との出会いによって、戦う姿勢が変わったことと、複数のポジションをこなせることを「ポリバレント」と称され、それが自分の強みと自覚できるようになったと語っている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た市川市

    阿部 勇樹(あべ ゆうき、1981年9月6日 - )は、千葉県市川市出身のプロサッカー選手。ミッドフィールダー、ディフェンダーとさまざまなポジションをこなせるユーティリティープレイヤー。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た2010年のJリーグ

    2006 FIFAワールドカップではメンバーから漏れるが、2010年5月10日、2010 FIFAワールドカップで初選出阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た横浜国際総合競技場

    2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たす。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た2002年アジア競技大会におけるサッカー競技

    2002年 釜山アジア競技大会(準優勝)阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たエールディビジ

    2010年W杯終了後、オランダ・エールディビジのフェイエノールト、VVVフェンローから高い関心を示されており、阿部の関係者もオランダリーグへの移籍が近づいているとコメントするなどオランダ移籍が有力視されていたが、移籍期限の直前にイングランド2部・フットボールリーグ・チャンピオンシップのレスター・シティFCが3年契約での正式オファーを出し、基本合意。最大のネックだった就労ビザの問題も解決し、2010年8月31日に移籍が正式に決定した。レスターシティでの初得点は、2011年5月7日 チャンピオンシップ最終節イプスウィッチ・タウンFC戦(ウォーカーズ・スタジアム)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た万博記念競技場

    Jリーグ初出場は、1998年8月5日、Jリーグ1stステージ第16節 ガンバ大阪戦(万博)。当時、チームメイトだった山口智の記録を破り、16歳と333日というJ1の最年少記録を打ち立てた。Jリーグ初得点は、1999年4月10日 1stステージ第6節ヴィッセル神戸戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

76件中 61 - 70件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード