1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示
  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たサッカーカザフスタン代表

    2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たした。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たサッカーイエメン代表

    2003年、東アジアサッカー選手権でA代表初選出、2005年1月29日のカザフスタンとの親善試合(横浜国際競技場)でA代表初出場を果たした。A代表初ゴールは2006年8月16日のアジアカップ予選、イエメン戦。ジーコ、イビチャ・オシム、岡田武史、いずれの代表監督の下でも、代表に選出されて試合出場の機会を得ている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た千葉県

    阿部 勇樹(あべ ゆうき、1981年9月6日 - )は、千葉県市川市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッズ所属。ミッドフィールダー、ディフェンダーと、主に守備的なポジションであればどこでもこなせるユーティリティープレイヤー。元日本代表。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た彩の国功労賞

    FIFAクラブワールドカップ2007では、浦和からただ1人、大会のMVP候補8人の1人に選ばれた。(この時MVPを獲得したのは当時ACミランの選手であったブラジル代表のカカ)。2010年7月 彩の国功労賞を受賞。また、市川市が市民栄誉賞を授与すると発表した阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たJリーグベストイレブン

    千葉在籍時の2005年と2006年、浦和在籍時の2007年と3年連続でJリーグベストイレブンに選出。サポーターからの人気も高く、2003年?2007年までJリーグオールスターサッカーに5年連続でサポーター投票で選出され、特に、2004年と2005年は最高得票数を獲得。2008年からJOMO CUPに替わっても、メンバーに選ばれ続けていた。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たJ1リーグ

    Jリーグ初出場は、1998年8月5日、Jリーグ1stステージ第16節のG大阪戦(万博)。当時、チームメイトだった山口智の記録を破り、16歳と333日というJ1の最年少記録を打ち立てた。Jリーグ初得点は、1999年4月10日 1stステージ第6節神戸戦(神戸総合運動公園ユニバー記念競技場)。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た2016年のJリーグ

    J1リーグ 2ndステージ:1回(2016年阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た2015年のJリーグ

    J1リーグ 1stステージ:1回(2015年阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見たJ2リーグ

    この起用は周囲に譲りがちだったFKを自ら蹴り、積極的に攻撃に参加するといった成長をもたらす。2005年のJリーグ戦では守備的MFながら12得点(うち1回はハットトリック)を挙げ、常にJ2降格ラインにいたチームを2005年、2006年のナビスコ杯2連覇に導いた立役者の1人になった。後にイビチャ・オシム監督との出会いによって、戦う姿勢が変わったことと、複数のポジションをこなせることを「ポリバレント」と称され、それが自分の強みと自覚できるようになったと語っている。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た2016年のJリーグカップ

    Jリーグカップ: 1回(2016年阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示

「阿部勇樹」のニューストピックワード