前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 榎本俊二

    榎本俊二から見た阿部和重阿部和重

    「アベカズシゲの野望2004」(収録:阿部和重『阿部和重対談集』講談社、2005年) - 阿部和重および相川博昭と。 ISBN 978-4-06-211185-0榎本俊二 フレッシュアイペディアより)

  • 野間文芸新人賞

    野間文芸新人賞から見た阿部和重阿部和重

    候補作:阿部和重『ABC戦争』、藤沢周『SATORI』野間文芸新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 芥川龍之介賞

    芥川龍之介賞から見た阿部和重阿部和重

    現在ではデビューして数年経ち、他の文学賞を複数受賞しているような作家が芥川賞を受賞することも珍しくなくなっている。近年ではデビューして10年たち伊藤整文学賞、毎日出版文化賞と権威ある賞を受けていた阿部和重が作家的地位も確立していた2004年下半期に芥川賞を受賞し「複雑な心境。新人に与えられる賞なので、手放しで喜んでいられない」とコメントした。芥川龍之介賞 フレッシュアイペディアより)

  • 群像新人文学賞

    群像新人文学賞から見た阿部和重阿部和重

    第37回(1994年) 阿部和重 「生ける屍の夜」(「アメリカの夜」に改題)群像新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た阿部和重阿部和重

    1990年代後期から純文学の商品化が進み、多くの新鋭の作家がポピュラー音楽や映画など大衆文化との接点を強調して売り出された。J-POPという音楽に応じて雑誌「文藝」が阿部和重、町田康、星野智幸、吉田修一ら1990年代に登場した作家を広くJ文学と名付けたが、大きな反響はなく、その名称は定着しなかった。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の文学

    2004年の文学から見た阿部和重阿部和重

    芥川賞 - 阿部和重『グランド・フィナーレ』2004年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 中島一夫

    中島一夫から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重『シンセミア』を読む──汚辱に塗れた人々の生」(『週刊読書人』2003年11月21日号)中島一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 柳町光男

    柳町光男から見た阿部和重阿部和重

    「シンポジウム 日本における溝口」(阿部和重、井口奈己、柳町光男、山崎貴) - 蓮實重彦・山根貞男編『国際シンポジウム溝口健二 没後50年「MIZOGUCHI2006」の記録』(朝日選書822、2007年5月)柳町光男 フレッシュアイペディアより)

  • 神聖喜劇

    神聖喜劇から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重の処女作『アメリカの夜』のなかに、フィリップ・ディックの『ヴァリス』などとともに引用されていた。神聖喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • ヨクナパトーファ郡

    ヨクナパトーファ郡から見た阿部和重阿部和重

    オノレ・ド・バルザックの「同一人物再登場」の方法に学んだこれらの一連の作品は「ヨクナパトーファ・サーガ(Yoknapatawpha Saga)」と呼ばれ、日本では井上光晴、大江健三郎、中上健次、阿部和重などの作品に、その色濃い影響が見られる。ヨクナパトーファ郡 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示