40件中 11 - 20件表示
  • シンセミア

    シンセミアから見た阿部和重阿部和重

    『シンセミア』は、2003年(平成15年)に朝日新聞社から刊行された阿部和重の上下2巻にわたる長編小説。第58回毎日出版文化賞第1部門、第15回伊藤整文学賞小説部門受賞。阿部の代表作のひとつとされる。シンセミア フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新人文学賞

    朝日新人文学賞から見た阿部和重阿部和重

    第16回から第18回 阿部和重、小川洋子、斎藤美奈子、重松清、高橋源一郎朝日新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 金井美恵子

    金井美恵子から見た阿部和重阿部和重

    映画監督青山真治の小説家としての第1作『ユリイカ』の文庫版に寄せた解説に『「競争相手は馬鹿ばかり」の世界へようこそ』と、文学界を揶揄するタイトルを付した(のちにエッセイ集の書名にも採った)ことにも示されるとおり、文壇やそれを取巻くジャーナリズムなどに一定の距離を置き、蓮實や山田、青山、阿部和重、中原昌也など、映画がらみの人材以外とはあまり縁を持たない。金井美恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤響

    常盤響から見た阿部和重阿部和重

    1997年、阿部和重の小説「インディビジュアル・プロジェクション」の装丁用をきっかけに写真を撮り始める。常盤響 フレッシュアイペディアより)

  • 日記体小説

    日記体小説から見た阿部和重阿部和重

    『インディヴィジュアル・プロジェクション』(阿部和重日記体小説 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県立楯岡高等学校

    山形県立楯岡高等学校から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重(作家、第132回芥川賞受賞)- 中退山形県立楯岡高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • シードホール

    シードホールから見た阿部和重阿部和重

    作家の阿部和重は当館でアルバイトをしていたことがあり、小説『アメリカの夜』に登場する主人公のアルバイト先はシードホールがモデルになっている。他にもミュージシャンの福富幸宏、小山田圭吾などが当館でアルバイトをしている。シードホール フレッシュアイペディアより)

  • マジックリアリズム

    マジックリアリズムから見た阿部和重阿部和重

    日本や中国の小説にもマジックリアリズムによる作品を見ることができる。日本へのマルケス紹介に大きな役割を果たした安部公房の小説、『百年の孤独』に強く影響を受けた大江健三郎の諸作品などである。日本版『百年の孤独』とも謳われる中上健次の『枯木灘』『千年の愉楽』などの「路地」小説は熊野を舞台にした魔術的リアリズムであり、阿部和重の『ニッポニアニッポン』『シンセミア』『グランド・フィナーレ』『ピストルズ』は東根市神町を舞台にした魔術的リアリズムである。マジックリアリズムによる作品はほかに池上永一、池澤夏樹、筒井康隆などラテンアメリカ文学の影響を受けた諸作家の作品に見ることができる。また、村上春樹のスリップストリーム的作品などもマジックリアリズムの小説と呼ばれることもある。日本ではマジックリアリズム=純文学という見方が一般的であるが、近年では森見登美彦や桜庭一樹など、エンターテイメントに属する作家もこの手法を取り入れている。マジックリアリズム フレッシュアイペディアより)

  • クォンタム・ファミリーズ

    クォンタム・ファミリーズから見た阿部和重阿部和重

    東は近年はブログの更新を停止し、ネット上では主にTwitterを使用して発言しており、『クォンタム・ファミリーズ』刊行前後には各書店の入荷・在庫情報が東のアカウントに寄せられた。また発売日前に作られた公式アカウントからは、発売日当日に増刷が決まったことがアナウンスされている。Twitter上ではまた高橋源一郎、阿部和重、仲俣暁生などからの好意的な感想も寄せられている。クォンタム・ファミリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 思ってたよりフツーですね

    思ってたよりフツーですねから見た阿部和重阿部和重

    アベカズシゲ(阿部和重思ってたよりフツーですね フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示