55件中 11 - 20件表示
  • 天皇小説

    天皇小説から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重『ニッポニアニッポン』天皇小説 フレッシュアイペディアより)

  • 批評空間

    批評空間から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重 - 小説「プラスティック・ソウル」を連載批評空間 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝

    文藝から見た阿部和重阿部和重

    行定勲 - 2004年春季号/阿部和重 - 2004年夏季号/Cocco - 2004年秋季号/俵万智 - 2004年冬季号文藝 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新人文学賞

    朝日新人文学賞から見た阿部和重阿部和重

    第16回から第18回 阿部和重、小川洋子、斎藤美奈子、重松清、高橋源一郎朝日新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • ハッピーアワー (映画)

    ハッピーアワー (映画)から見た阿部和重阿部和重

    本作を撮る際、濱口には「カメラと演技の調和を発見したい」「これまで撮った映画とは違うステージの映画を撮りたい」という思いがあった。そこで彼が念頭に置いていたのは溝口健二であった。阿部和重の「溝口のカメラは逃げ去る女優を執拗に追う」という趣旨の発言に触れながら、濱口は「『どこに行こうとお前の前にカメラがある』という状況をつくろうとしていたし、そのような執念を持とうとしていました」と述べている。ハッピーアワー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • シードホール

    シードホールから見た阿部和重阿部和重

    作家の阿部和重は当館でアルバイトをしていたことがあり、小説『アメリカの夜』に登場する主人公のアルバイト先はシードホールがモデルになっている。他にもミュージシャンの福富幸宏、小山田圭吾などが当館でアルバイトをしている。シードホール フレッシュアイペディアより)

  • 波 (雑誌)

    波 (雑誌)から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重『幼少の帝国 成熟を拒否する日本人』波 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 常盤響

    常盤響から見た阿部和重阿部和重

    1997年、阿部和重の小説「インディビジュアル・プロジェクション」の装丁用をきっかけに写真を撮り始める。常盤響 フレッシュアイペディアより)

  • 綿矢りさ

    綿矢りさから見た阿部和重阿部和重

    文藝賞選考では4人の審査員に絶賛され満場一致で受賞。第15回三島賞選評では福田和也は「話者の意識の構成、エピソードの継起の仕組みといい、きめ細かく構成されていて瑕疵がなかった」として、同じくインターネットを主題とした阿部和重『ニッポニア・ニッポン』よりも高い評価を与えている。綿矢りさ フレッシュアイペディアより)

  • 福永信

    福永信から見た阿部和重阿部和重

    『美術手帖』に掲載された作品のアンソロジー。福永信が知り合いの作家に執筆を依頼した。(収録:柴崎友香、岡田利規、山崎ナオコーラ、最果タヒ、長嶋有、青木淳悟、耕治人、阿部和重、いしいしんじ、古川日出男、円城塔、栗原裕一郎)福永信 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「阿部和重」のニューストピックワード