55件中 21 - 30件表示
  • シンセミア

    シンセミアから見た阿部和重阿部和重

    『シンセミア』は、2003年(平成15年)に朝日新聞社から刊行された阿部和重の上下2巻にわたる長篇小説。2004年に、第15回伊藤整文学賞小説部門、第58回毎日出版文化賞第1部門を受賞。阿部和重の代表作のひとつとされる。シンセミア フレッシュアイペディアより)

  • 笙野頼子

    笙野頼子から見た阿部和重阿部和重

    初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。デビュー自体は村上春樹や高橋源一郎などのポップ文学の書き手と近い時期であるが、あまりに対蹠的な作風とその転換・再評価の時期に鑑みて、阿部和重らのように理論性と娯楽性を併せ持った、いわゆるJ文学作家の一人と言われることもある(本人はエッセイにおいてこのカテゴライズに疑念を表明している)。笙野頼子 フレッシュアイペディアより)

  • 谷崎潤一郎賞

    谷崎潤一郎賞から見た阿部和重阿部和重

    第46回(2010年) - 阿部和重 『ピストルズ』谷崎潤一郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤千恵 (歌人)

    加藤千恵 (歌人)から見た阿部和重阿部和重

    ケータイ・プチポエム 阿部和重共選 コバルト編集部編 集英社コバルト文庫 2005.1加藤千恵 (歌人) フレッシュアイペディアより)

  • 新潮新人賞

    新潮新人賞から見た阿部和重阿部和重

    第37回から第39回 - 浅田彰、阿部和重、小川洋子、福田和也、町田康新潮新人賞 フレッシュアイペディアより)

  • 柳町光男

    柳町光男から見た阿部和重阿部和重

    「シンポジウム 日本における溝口」(阿部和重、井口奈己、柳町光男、山崎貴) - 蓮實重彦・山根貞男編『国際シンポジウム溝口健二 没後50年「MIZOGUCHI2006」の記録』(朝日選書822、2007年5月)柳町光男 フレッシュアイペディアより)

  • ピストルズ (小説)

    ピストルズ (小説)から見た阿部和重阿部和重

    『ピストルズ』は、阿部和重による日本の小説。2010年、講談社として単行本で刊行された。神の町を舞台にした著者の神町サーガというトリロジーの第二部。第46回谷崎潤一郎賞受賞作。ピストルズ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 青山真治

    青山真治から見た阿部和重阿部和重

    ロスト・イン・アメリカ(2000年、デジタルハリウッド出版局) - 黒沢清、安井豊、阿部和重との共著、稲川方人、樋口泰人編青山真治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉開菜央

    吉開菜央から見た阿部和重阿部和重

    また、この年チャラン・ポ・ランタン「ぎんなん楽団カルテット」にて初のミュージックビデオ監督を務めた。12月には阿部和重・伊坂幸太郎の合作小説『キャプテンサンダーボルト』のプロモーションビデオを監督し、公開した吉開菜央 フレッシュアイペディアより)

  • 佐渡島

    佐渡島から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重 『ニッポニアニッポン』(2001年)佐渡島 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示