55件中 31 - 40件表示
  • インストール (小説)

    インストール (小説)から見た阿部和重阿部和重

    文藝賞選考では4人の審査員に絶賛され満場一致で受賞。第15回三島賞選評では福田和也は「話者の意識の構成、エピソードの継起の仕組みといい、きめ細かく構成されていて瑕疵がなかった」として、同じくインターネットを主題とした阿部和重『ニッポニア・ニッポン』よりも高い評価を与えている。インストール (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の文学

    2005年の文学から見た阿部和重阿部和重

    芥川賞 - 阿部和重『グランド・フィナーレ』2005年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 東根市

    東根市から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重 - 小説家、芥川賞受賞東根市 フレッシュアイペディアより)

  • マジックリアリズム

    マジックリアリズムから見た阿部和重阿部和重

    日本や中国の小説にもマジックリアリズムによる作品を見ることができる。日本へのマルケス紹介に大きな役割を果たした安部公房の小説、『百年の孤独』に強く影響を受けた大江健三郎の諸作品などである。日本版『百年の孤独』とも謳われる中上健次の『枯木灘』『千年の愉楽』などの「路地」小説は熊野を舞台にした魔術的リアリズムであり、阿部和重の『ニッポニアニッポン』『シンセミア』『グランド・フィナーレ』『ピストルズ』は東根市神町を舞台にした魔術的リアリズムである。マジックリアリズムによる作品はほかに池上永一、池澤夏樹、筒井康隆などラテンアメリカ文学の影響を受けた諸作家の作品に見ることができる。また、村上春樹のスリップストリーム的作品などもマジックリアリズムの小説と呼ばれることもある。日本ではマジックリアリズム=純文学という見方が一般的であるが、近年では森見登美彦や桜庭一樹など、エンターテイメントに属する作家もこの手法を取り入れている。マジックリアリズム フレッシュアイペディアより)

  • 川上未映子

    川上未映子から見た阿部和重阿部和重

    2008年10月に東京都内で行われた文芸誌〈早稲田文学〉のシンポジウムで阿部和重と知り合い、2011年10月に再婚した。川上未映子 フレッシュアイペディアより)

  • トキ

    トキから見た阿部和重阿部和重

    近年のトキを題材にした作品として、小説では、芥川賞候補・三島賞候補となった阿部和重「ニッポニアニッポン」(2001年)や、篠田節子の「神鳥(イビス)」(1993年)がある。「ニッポニアニッポン」はトキの殺害を計画する少年を描いたもので、「神鳥(イビス)」は獰猛なトキが人間を襲い食らうホラー小説である(なお、実際のトキは決して攻撃的ではなく、人間を恐れすぐ逃げる)。音楽作品では吉松隆の管弦楽曲「朱鷺によせる哀歌」(1980年)や鈴木輝昭の女声合唱とピアノのための組曲「朱鷺」(1995年)などが挙げられる。トキ フレッシュアイペディアより)

  • 中原昌也

    中原昌也から見た阿部和重阿部和重

    『青山真治と阿部和重と中原昌也のシネコン!』(2004年、リトルモア) - 青山真治、阿部和重との共著中原昌也 フレッシュアイペディアより)

  • 群像新人文学賞

    群像新人文学賞から見た阿部和重阿部和重

    第55回 - 阿部和重、安藤礼二、絲山秋子、奥泉光、松浦寿輝群像新人文学賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の文学

    2004年の文学から見た阿部和重阿部和重

    伊藤整文学賞(第15回) - 阿部和重『シンセミア』(小説部門)2004年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の文学

    2003年の文学から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重 『シンセミア』(朝日新聞社)2003年の文学 フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「阿部和重」のニューストピックワード