1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • 今村昌平

    今村昌平から見た阿部和重阿部和重

    1975年(昭和50年)、横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)を開校し、校長・理事長を務め、三池崇史・細野辰興・金秀吉・佐々部清・本広克行・李相日などの映画監督、鄭義信などの脚本家、芥川賞作家の阿部和重、さらに、タレントのウッチャンナンチャン、俳優の長谷川初範、隆大介などの人材を輩出した。今村昌平 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県

    山形県から見た阿部和重阿部和重

    シンセミア(阿部和重) - 作者出身地の東根市神町を舞台としている。山形県 フレッシュアイペディアより)

  • 純文学

    純文学から見た阿部和重阿部和重

    阿部和重 - 『シンセミア』、『ピストルズ』純文学 フレッシュアイペディアより)

  • 三島由紀夫賞

    三島由紀夫賞から見た阿部和重阿部和重

    候補作:飯嶋和一『雷電本紀』、保坂和志『猫に時間の流れる』、阿部和重『アメリカの夜』(群像新人文学賞受賞作)、三浦俊彦『蜜林レース』、山城むつみ『文学のプログラム』三島由紀夫賞 フレッシュアイペディアより)

  • 黒沢清

    黒沢清から見た阿部和重阿部和重

    ロスト・イン・アメリカ(2000年、共著:青山真治・安井豊・阿部和重・塩田明彦、編:稲川方人・樋口泰人、デジタルハリウッド出版局)黒沢清 フレッシュアイペディアより)

  • 舞城王太郎

    舞城王太郎から見た阿部和重阿部和重

    主に出身地の「福井県」を舞台にすることが多く、方言や地方性といった根幹から、スリップストリーム的に人物再登場などの文学技法を再解釈した点も含めて、中上健次の「紀州」や阿部和重の「神町」のように「福井」に根付いた物語群を構築している。他に東京都調布市もいくつかの作品の舞台になっている。舞城王太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年

    2004年から見た阿部和重阿部和重

    第132回(2004年下半期) - 阿部和重『グランド・フィナーレ』2004年 フレッシュアイペディアより)

  • トキ

    トキから見た阿部和重阿部和重

    近年のトキを題材にした作品として、小説では、芥川賞候補・三島賞候補となった阿部和重「ニッポニアニッポン」(2001年)や、篠田節子の「神鳥(イビス)」(1993年)がある。「ニッポニアニッポン」はトキの殺害を計画する少年を描いたもので、「神鳥(イビス)」は獰猛なトキが人間を襲い食らうホラー小説である(なお、実際のトキは決して攻撃的ではなく、人間を恐れすぐ逃げる)。音楽作品では吉松隆の管弦楽曲「朱鷺によせる哀歌」(1980年)や鈴木輝昭の女声合唱とピアノのための組曲「朱鷺」(1995年)などが挙げられる。トキ フレッシュアイペディアより)

  • 青木まりこ現象

    青木まりこ現象から見た阿部和重阿部和重

    書店における便意にかつて悩んでいた小説家の阿部和重も、その後この立場をとるようになったことを、1999年に表明した。阿部は、たまたま書店でトイレに行きたくなるとそれが悪い印象として強く記憶に残ってしまうが、そもそも便意というものは時と場所を選ばずして突然自覚されるものであるとしている。青木まりこ現象 フレッシュアイペディアより)

  • ニッポニアニッポン

    ニッポニアニッポンから見た阿部和重阿部和重

    『ニッポニアニッポン』は、2001年(平成13年)に新潮社から刊行された阿部和重の中編小説。2001年第125回芥川賞候補作、翌年三島賞候補作に挙げられる。ニッポニアニッポン フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示