82件中 11 - 20件表示
  • 阿部和重

    阿部和重から見た新潮社

    『インディヴィジュアル・プロジェクション』1997年、新潮社、のち文庫、解説は東浩紀。のち『IP/NN 阿部和重傑作集』として講談社文庫。原題のままFeBeにてオーディオブック化。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た朝日新聞出版

    『和子の部屋』2011年、朝日新聞出版阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た講談社

    『アメリカの夜』1994年、講談社、のち文庫、解説は佐々木敦。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た集英社

    『ケータイ・プチポエム』コバルト編集部、加藤千恵共編 2004年、集英社[コバルト文庫]阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た文藝春秋

    『映画覚書vol.1』2004年、文藝春秋阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た常盤響

    語りが4重の入れ子構造になった「ヴェロニカ・ハートの幻影」を経て、1997年、『インディヴィジュアル・プロジェクション』を発表、第10回三島賞候補となる。スパイ養成所出身者の日記という設定で、理論性とエンターテインメント性を両立させ、当時の新進作家を示す「J文学」のキーワードとともに話題となった。また、キャミソールとパンティーのみを装着した風俗嬢をモデルに使用した常盤響による装幀も注目され、この装幀は『PRIVATES GIRLS』というアダルトビデオのパッケージでパロディーにされたが、阿部も常盤も「引用されるとは痛快だ」と楽しんでいたという。それまで小説の表紙に写真を使うことは本のイメージを限定するからという理由で敬遠されていたが、本書をきっかけに一般化していった。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た榎本俊二

    漫画家榎本俊二は映画学校時代の後輩。この縁で榎本の『GOLDEN LUCKY』第2巻にミサイル役で実写出演している。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た樋口泰人

    青山真治、黒沢清、安井豊、塩田明彦との共著、稲川方人、樋口泰人の編集による。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た篠原一 (作家)

    樋口一葉の作品を現代の作家が現代語訳。藤沢周、篠原一との共著。阿部は『わかれ道』を担当。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た加藤千恵 (歌人)

    『ケータイ・プチポエム』コバルト編集部、加藤千恵共編 2004年、集英社[コバルト文庫]阿部和重 フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「阿部和重」のニューストピックワード