82件中 21 - 30件表示
  • 阿部和重

    阿部和重から見た佐々木敦

    『アメリカの夜』1994年、講談社、のち文庫、解説は佐々木敦阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た斎藤環

    『ニッポニアニッポン』2001年、新潮社、のち文庫、解説は斎藤環。のち『IP/NN 阿部和重傑作集』として講談社文庫。原題のままFeBeにてオーディオブック化。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た東浩紀

    『インディヴィジュアル・プロジェクション』1997年、新潮社、のち文庫、解説は東浩紀。のち『IP/NN 阿部和重傑作集』として講談社文庫。原題のままFeBeにてオーディオブック化。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た三宅乱丈

    三宅乱丈による『鏖』の漫画化作品と、阿部の書き下ろし短編小説『くるみ割り人形』を収録阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た福永信

    『シンセミア』以前に連載された。福永信の評論「『プラスティック・ソウル』リサイクル」も収録。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た安井豊

    青山真治、黒沢清、安井豊、塩田明彦との共著、稲川方人、樋口泰人の編集による。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た柄谷行人

    1994年、『アメリカの夜』(原題「生ける屍の夜」)で第34回群像新人文学賞小説部門を受賞しデビュー。同一人物である語り手と主人公が分裂し、小説内で絶えず自己言及をしていくという設定の作品であり、作品冒頭では柄谷行人の評論『探究I』のパロディーを行った。同年の第111回芥川賞候補、翌年の第8回三島由紀夫賞候補ともなった。1995年、「ABC戦争」と「公爵夫人の午後のパーティ」を発表する。これら初期の作品は蓮實重彦などの文芸評論の影響が強く、記号や数字、文字といった形式そのものへの意識を前面に押し出し、長大な文体を志向しており、対談でもしばしばそのことに言及している。1996年、〈カイエ・デュ・シネマ・ジャポン〉の編集委員となってからは、映画評論にも携わるようになる。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た加藤典洋

    『無情の世界』1999年、講談社、のち新潮文庫、解説は加藤典洋。のち『ABC 阿部和重初期作品集』として講談社文庫阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た後藤明生

    2014年2月21日、丸の内リーディングスタイルにて、後藤明生・電子書籍コレクション刊行記念連続トークショー、「in MARUNOUCHIアミダクジ式ゴトウメイセイ文学談義」に出演、ホストは文芸評論家市川真人。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た中原昌也

    2005年、「グランド・フィナーレ」で第132回芥川賞を受賞。娘のヌード写真を撮った事がばれて、妻から離婚されて失職したロリコン男性が、東根市神町で2人の少女と出会うという物語である。デビューから10年、『シンセミア』で既に作家的地位を確立した上での受賞だったため、受賞会見では「複雑な心境」と語る。選考委員の宮本輝からは「小説の芯のようなものが太くなった」と評された。同年、〈新潮〉11月号に受賞後第一作となる「課長 島雅彦」を発表、盟友である中原昌也と島田雅彦の諍いを受けて島田の文壇的な振る舞いを揶揄した。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「阿部和重」のニューストピックワード