77件中 31 - 40件表示
  • 阿部和重

    阿部和重から見た加藤千恵 (歌人)

    『ケータイ・プチポエム』コバルト編集部、加藤千恵共編 2004年、集英社[コバルト文庫]阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た島田雅彦

    2005年、『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞を受賞。娘のヌード写真を撮った事がばれて、妻から離婚されて失職したロリコン男性が、東根市神町で2人の少女と出会うという物語である。デビューから10年、『シンセミア』で既に作家的地位を確立した上での受賞だったため、受賞会見では「複雑な心境」と語る。選考委員の宮本輝からは「小説の芯のようなものが太くなった」と評された。同年、『新潮』11月号に受賞後第一作となる『課長 島雅彦』を発表、盟友である中原昌也と島田雅彦の諍いを受けて島田の文壇的な振る舞いを揶揄した。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た中原昌也

    2005年、『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞を受賞。娘のヌード写真を撮った事がばれて、妻から離婚されて失職したロリコン男性が、東根市神町で2人の少女と出会うという物語である。デビューから10年、『シンセミア』で既に作家的地位を確立した上での受賞だったため、受賞会見では「複雑な心境」と語る。選考委員の宮本輝からは「小説の芯のようなものが太くなった」と評された。同年、『新潮』11月号に受賞後第一作となる『課長 島雅彦』を発表、盟友である中原昌也と島田雅彦の諍いを受けて島田の文壇的な振る舞いを揶揄した。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た塩田明彦

    青山真治、黒沢清、安井豊、塩田明彦との共著、稲川方人、樋口泰人の編集による。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た涼宮ハルヒの憂鬱

    涼宮ハルヒの憂鬱』の二次創作小説阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たケータイ小説

    2006年の『ミステリアス・セッティング』では、現代の『マッチ売りの少女』を目指して、吟遊詩人に憧れる少女の悲劇を描いた。本作が紙媒体ではなくケータイ小説として発表されたことについて、インタビューでは、「十数年小説を書いてきて」作品のスタイルを変えることが困難になったので、小説の書き方をリセットするためにケータイ小説の形を選んだと述べている(『MEN'S NON-NO』2007年3月号)。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たトキ

    2001年、『シンセミア』執筆の合間に書いたという『ニッポニアニッポン』で第125回芥川賞候補、翌年に第15回三島賞候補となる。本作では、少年がインターネットを通じてトキ保護センターのトキ殺害を計画する姿を描いた。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た河出書房新社

    『現代語訳 樋口一葉・十三夜他』河出書房新社、1997年阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た文藝春秋

    『映画覚書vol.1』2004年、文藝春秋阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たマガジンハウス

    『アブストラクトなゆーわく』2000年、マガジンハウス阿部和重 フレッシュアイペディアより)

77件中 31 - 40件表示