77件中 51 - 60件表示
  • 阿部和重

    阿部和重から見た三島由紀夫賞

    1994年、『アメリカの夜』(原題『生ける屍の夜』)で第34回群像新人文学賞小説部門を受賞しデビュー。同一人物である語り手と主人公が分裂し、小説内で絶えず自己言及をしていくという設定の作品であり、作品冒頭では柄谷行人の評論『探究I』のパロディーを行った。同年の第111回芥川賞候補、翌年の第8回三島由紀夫賞候補ともなった。1995年、『ABC戦争』と『公爵夫人の午後のパーティ』を発表する。これら初期の作品は蓮實重彦などの文芸評論の影響が強く、記号や数字、文字といった形式そのものへの意識を前面に押し出し、長大な文体を志向しており、対談でもしばしばそのことに言及している。1996年、『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員となってからは、映画評論にも携わるようになる。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たニッポニアニッポン

    2001年、『シンセミア』執筆の合間に書いたという『ニッポニアニッポン』で第125回芥川賞候補、翌年に第15回三島賞候補となる。本作では、少年がインターネットを通じてトキ保護センターのトキ殺害を計画する姿を描いた。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た山形県立楯岡高等学校

    1968年、山形県東根市に生まれる。実家はパン屋。斜向かいに映画館があり、小学生の頃、夏休みや冬休みに映画館のなかで一日中遊んでいたという。山形県立楯岡高等学校を2年生の時に中退し上京、映画監督を目指して日本映画学校に入学する。1990年に卒業し、演出助手として勤めたあと、フリーターを経て執筆活動を開始する。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た編集者

    阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、編集者、映画評論家。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た映画評論家

    阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、編集者、映画評論家阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たGOLDEN LUCKY

    漫画家榎本俊二は映画学校時代の後輩。この縁で榎本の『GOLDEN LUCKY』第2巻にミサイル役で実写出演している。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た群像

    2009年、『群像』11月号で『ピストルズ』の連載を完結、刊行された同書で第46回谷崎潤一郎賞を受賞している。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た早稲田文学

    妻は作家の川上未映子。2011年10月に婚姻届を提出、史上初の芥川賞作家同士の結婚として注目を集めた。阿部は2008年8月、川上は2010年10月にそれぞれ別の配偶者と離婚しており、ともに再婚である。2008年10月に東京都内で行われた文芸誌『早稲田文学』のシンポジウムで知り合い、2011年1月から交際していた。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た野間文芸新人賞

    1998年、ストーカーを扱った『トライアングルズ』で第118回芥川賞候補。1999年、同作品を収録した『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞受賞。しかし、この時期まで文学賞の受賞はこれのみで、評論家からの評価や話題性に反して受賞が少ないことから「無冠の帝王」と言われていた。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たカードキャプターさくら

    テレビアニメ版『カードキャプターさくら』のファンを公言し、『ニッポニア・ニッポン』では同作品の主人公の名前をもじった「本木桜」を、またテレビアニメ『おジャ魔女どれみ』のヒロインの一人・瀬川おんぷをもじった「瀬川文緒」を登場させている。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

77件中 51 - 60件表示