77件中 61 - 70件表示
  • 阿部和重

    阿部和重から見た日本映画大学

    日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に『アメリカの夜』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目を集める。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性を強く意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に『グランド・フィナーレ』で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繋がりがあり、インタビューなどでは「神町サーガ」の構想を語っている。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た新潮

    2005年、『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞を受賞。娘のヌード写真を撮った事がばれて、妻から離婚されて失職したロリコン男性が、東根市神町で2人の少女と出会うという物語である。デビューから10年、『シンセミア』で既に作家的地位を確立した上での受賞だったため、受賞会見では「複雑な心境」と語る。選考委員の宮本輝からは「小説の芯のようなものが太くなった」と評された。同年、『新潮』11月号に受賞後第一作となる『課長 島雅彦』を発表、盟友である中原昌也と島田雅彦の諍いを受けて島田の文壇的な振る舞いを揶揄した。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たおジャ魔女どれみ

    テレビアニメ版『カードキャプターさくら』のファンを公言し、『ニッポニア・ニッポン』では同作品の主人公の名前をもじった「本木桜」を、またテレビアニメ『おジャ魔女どれみ』のヒロインの一人・瀬川おんぷをもじった「瀬川文緒」を登場させている。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たコバルト文庫

    『ケータイ・プチポエム』コバルト編集部、加藤千恵共編 2004年、集英社[コバルト文庫阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たロリコン

    日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に『アメリカの夜』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目を集める。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性を強く意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に『グランド・フィナーレ』で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繋がりがあり、インタビューなどでは「神町サーガ」の構想を語っている。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たインターネット

    日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。演出助手などを経て、1994年に『アメリカの夜』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1997年の『インディヴィジュアル・プロジェクション』で注目を集める。テロリズム、インターネット、ロリコンといった現代的なトピックを散りばめつつ、物語の形式性を強く意識した作品を多数発表している。2004年に『シンセミア』で伊藤整文学賞および毎日出版文化賞を、2005年に『グランド・フィナーレ』で芥川龍之介賞(芥川賞)をそれぞれ受賞。『シンセミア』をはじめ、いくつかの作品には「神町」を中心とする設定上の繋がりがあり、インタビューなどでは「神町サーガ」の構想を語っている。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た文芸評論

    1994年、『アメリカの夜』(原題『生ける屍の夜』)で第34回群像新人文学賞小説部門を受賞しデビュー。同一人物である語り手と主人公が分裂し、小説内で絶えず自己言及をしていくという設定の作品であり、作品冒頭では柄谷行人の評論『探究I』のパロディーを行った。同年の第111回芥川賞候補、翌年の第8回三島由紀夫賞候補ともなった。1995年、『ABC戦争』と『公爵夫人の午後のパーティ』を発表する。これら初期の作品は蓮實重彦などの文芸評論の影響が強く、記号や数字、文字といった形式そのものへの意識を前面に押し出し、長大な文体を志向しており、対談でもしばしばそのことに言及している。1996年、『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員となってからは、映画評論にも携わるようになる。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た神聖喜劇

    『メンズノンノ』2007年3月号の中で、阿部は「わたしのおすすめ本」と題して『抄訳版 失われた時を求めて』と『神聖喜劇』を挙げているが、いずれもデビュー作で取り上げられた小説であった。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た失われた時を求めて

    『メンズノンノ』2007年3月号の中で、阿部は「わたしのおすすめ本」と題して『抄訳版 失われた時を求めて』と『神聖喜劇』を挙げているが、いずれもデビュー作で取り上げられた小説であった。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たMEN'S NON-NO

    2006年の『ミステリアス・セッティング』では、現代の『マッチ売りの少女』を目指して、吟遊詩人に憧れる少女の悲劇を描いた。本作が紙媒体ではなくケータイ小説として発表されたことについて、インタビューでは、「十数年小説を書いてきて」作品のスタイルを変えることが困難になったので、小説の書き方をリセットするためにケータイ小説の形を選んだと述べている(『MEN'S NON-NO』2007年3月号)。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

77件中 61 - 70件表示