1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
77件中 71 - 77件表示
  • 阿部和重

    阿部和重から見た映画監督

    1968年、山形県東根市に生まれる。実家はパン屋。斜向かいに映画館があり、小学生の頃、夏休みや冬休みに映画館のなかで一日中遊んでいたという。山形県立楯岡高等学校を2年生の時に中退し上京、映画監督を目指して日本映画学校に入学する。1990年に卒業し、演出助手として勤めたあと、フリーターを経て執筆活動を開始する。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た小説家

    阿部 和重(あべ かずしげ、1968年9月23日 - )は、山形県東根市神町出身の小説家、編集者、映画評論家。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た万延元年のフットボール

    2003年、『シンセミア』を刊行する。雑誌『小説トリッパー』への連載を1999年11月に開始してから4年がかりで完成させた1600枚に及ぶ大作であり、東根市神町を舞台に壮大なスケールの物語を展開させ、高い評価と注目を得た。大江健三郎の『万延元年のフットボール』、中上健次の『枯木灘』と比較されることも多い。2004年、同作で第15回伊藤整文学賞小説部門、第58回毎日出版文化賞第1部門を受賞。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たカイエ・デュ・シネマ

    1994年、『アメリカの夜』(原題『生ける屍の夜』)で第34回群像新人文学賞小説部門を受賞しデビュー。同一人物である語り手と主人公が分裂し、小説内で絶えず自己言及をしていくという設定の作品であり、作品冒頭では柄谷行人の評論『探究I』のパロディーを行った。同年の第111回芥川賞候補、翌年の第8回三島由紀夫賞候補ともなった。1995年、『ABC戦争』と『公爵夫人の午後のパーティ』を発表する。これら初期の作品は蓮實重彦などの文芸評論の影響が強く、記号や数字、文字といった形式そのものへの意識を前面に押し出し、長大な文体を志向しており、対談でもしばしばそのことに言及している。1996年、『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員となってからは、映画評論にも携わるようになる。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見たマッチ売りの少女

    2006年の『ミステリアス・セッティング』では、現代の『マッチ売りの少女』を目指して、吟遊詩人に憧れる少女の悲劇を描いた。本作が紙媒体ではなくケータイ小説として発表されたことについて、インタビューでは、「十数年小説を書いてきて」作品のスタイルを変えることが困難になったので、小説の書き方をリセットするためにケータイ小説の形を選んだと述べている(『MEN'S NON-NO』2007年3月号)。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た谷崎潤一郎賞

    2009年、『群像』11月号で『ピストルズ』の連載を完結、刊行された同書で第46回谷崎潤一郎賞を受賞している。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部和重

    阿部和重から見た東京都

    妻は作家の川上未映子。2011年10月に婚姻届を提出、史上初の芥川賞作家同士の結婚として注目を集めた。阿部は2008年8月、川上は2010年10月にそれぞれ別の配偶者と離婚しており、ともに再婚である。2008年10月に東京都内で行われた文芸誌『早稲田文学』のシンポジウムで知り合い、2011年1月から交際していた。阿部和重 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
77件中 71 - 77件表示