217件中 91 - 100件表示
  • 村上ショージ

    村上ショージから見た阿部寛阿部 寛

    2012年11月23日公開の「カラスの親指」で初の本格的な映画出演を果たすが、主演の阿部寛や石原さとみらと並ぶ重要なキャストであり、あまりの役の大きさに「僕、ホンマに知りまへんで」と発言する。村上ショージ フレッシュアイペディアより)

  • セシリア・チャン

    セシリア・チャンから見た阿部寛阿部 寛

    『少林サッカー』では、ヒゲをはやした男装で、カレン・モクといっしょにゲスト出演。『東京攻略』での出番はわずかだったが、仲村トオル、阿部寛らと共演している。『忘れえぬ想い』では香港電影金像奨最優秀主演女優賞を受賞。チェン・カイコー監督『PROMISE 無極』では、物語の鍵を握る絶世の美女・傾城役で出演し、真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェーらと共演している。セシリア・チャン フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 栄作

    吉田栄作から見た阿部寛阿部 寛

    1988年に「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でのグランプリ獲得がきっかけとなり、映画『ガラスの中の少女』でスクリーン・デビュー。阿部寛、風間トオルらと共にモデルやモデルオーディション上がりという、新しいタイプのイケメン俳優のハシリだった。当時のトレンディドラマにも多数主演して人気を博し、1991年、当時世界的に流行し始めた「クライムサスペンス」を思わせる『もう誰も愛さない』の主演は大きな反響を呼んだ。吉田らが俳優としても成功を収めたことで、モデル上がりは顔だけで中身が無い、と言われる事なく、多くの後続が続いた。なお現在隆盛を極めているモデル上がりの女優、女性タレントはこの頃はまだ存在しなかった。吉田栄作 フレッシュアイペディアより)

  • 噂的達人

    噂的達人から見た阿部寛阿部 寛

    阿部寛(お茶漬の達人)噂的達人 フレッシュアイペディアより)

  • ジェネラル・ルージュの凱旋

    ジェネラル・ルージュの凱旋から見た阿部寛阿部 寛

    2008年12月1日に『チーム・バチスタの栄光』(映画版)の続編として、2009年3月に劇場公開されることが発表、2009年3月7日に公開された。前作同様に竹内結子・阿部寛主演、中村義洋監督で製作され、速水晃一役を堺雅人が演じる。ジェネラル・ルージュの凱旋 フレッシュアイペディアより)

  • 死刑台のエレベーター (2010年の映画)

    死刑台のエレベーター (2010年の映画)から見た阿部寛阿部 寛

    時籐隆彦(医師、芽衣子の愛人) - 阿部寛死刑台のエレベーター (2010年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 第52回日本レコード大賞

    第52回日本レコード大賞から見た阿部寛阿部 寛

    なお、最優秀新人賞はスマイレージに決定した。日本人歌手が受賞したのは、第49回以来3年ぶり。ハロー!プロジェクト所属歌手の受賞は第40回のモーニング娘。・第49回の℃-uteに続いて3組目。また、スペシャルプレゼンターとして俳優の阿部寛が務めた(阿部は2011年1月2日放送の『東野圭吾ミステリー 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』に主演し、同番組の告知も行われた)。例年、最優秀新人賞の発表は大賞の前に行うが、今回は20時過ぎに繰り上げての発表になった。また例年最優秀新人賞の発表は新人賞受賞者がステージ上に整列して行うが今回は発表時に少女時代が会場にいなかったため行われなかった。第52回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • ボンカレー

    ボンカレーから見た阿部寛阿部 寛

    2003年(平成15年)に、ボンカレーがリニューアルされる。従来の調理法は沸騰したお湯に袋ごといれ煮立つのを待つもので、電子レンジを使う場合は袋から容器に移し替えて温めなければならなかったが、レトルトパウチの改良により袋のまま電子レンジにいれて調理できるようになった。CMキャラクターには阿部寛と由紀さおりを起用。これに伴い初代ボンカレー(松山容子パッケージ)は、沖縄県の消費者嗜好から主に沖縄県向けに販売が継続された。ボンカレー フレッシュアイペディアより)

  • バルトの楽園

    バルトの楽園から見た阿部寛阿部 寛

    伊藤光康 - 阿部寛:松江の部下で、同じ会津出身。松江とは対照的に気負いがちで、当初は松江の方針に異を唱える。バルトの楽園 フレッシュアイペディアより)

  • 天国からのエール

    天国からのエールから見た阿部寛阿部 寛

    沖縄県本部町にある無料の音楽スタジオ「あじさい音楽村」の設立に尽力し、2009年、がんで逝去した仲宗根陽氏の実話を基にした映画。監督は熊沢誓人。主演は『TRICK』の阿部寛と『いま、会いにゆきます』のミムラ。脚本は『結婚できない男』や『白い春』など阿部寛主演のテレビドラマの脚本を手がけた尾崎将也と『クレヨンしんちゃん』のテレビシリーズに参加しているうえのきみこが手掛けた。主演の阿部寛は実在の人物の役作りのため、沖縄方言の練習や本人の衣服を借りたり、臨終シーンの為に3日で7kgの減量を行うなど役作りを行っている。天国からのエール フレッシュアイペディアより)

217件中 91 - 100件表示

「阿部寛」のニューストピックワード