203件中 91 - 100件表示
  • エドガー・ゴンザレス (内野手)

    エドガー・ゴンザレス (内野手)から見た阿部慎之助阿部慎之助

    2012年5月14日に古巣の読売ジャイアンツと契約合意したことが発表された。背番号は「42」で、契約金を含む年俸は2,500万円と報じられた。また、2010年の在籍時はスコアボードの表記および呼称のみで用いていた「エドガー」を正式な登録名として用いることになった(背ネームは「EDGAR」)。球団史上、一度退団した外国人選手が復帰するのは初のケースである。復帰後は長打力とともに、粘り強い広角打法も披露。自らの数字が下がる進塁打などもサインに忠実に打ち、小笠原道大が二軍落ちして空いていた一塁手のレギュラーを獲得し、7月中旬までは好調を維持していた。しかしその後は7月14日からの出場15試合でわずか5安打と不振に陥って先発を外されることも多くなり、8月8日についに二軍落ちした。一軍復帰後も正捕手の阿部慎之助が足の怪我の影響で一塁での出場が多くなっていることもあって、出場機会は限定的なものとなっていた。クライマックスシリーズでは出番が無かったが、日本シリーズでは第5戦に指名打者で出場し、適時二塁打を放つなど2安打1打点と活躍し、チームの日本一に貢献した。11月30日に保留選手名簿から外れ、自由契約公示された。エドガー・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 2002年の読売ジャイアンツ

    2002年の読売ジャイアンツから見た阿部慎之助阿部慎之助

    阿部慎之助(捕手、初受賞)2002年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • チューインガム

    チューインガムから見た阿部慎之助阿部慎之助

    眠気防止のためのガムとしては、カフェインを配合したり刺激的な味にすることで、いっそうの効果を挙げることを期待したものが販売されている。集中力をあげるためのものでは、特に多い味というものはないが、NBAやMLBの選手などで、試合中でもガムを噛んでいる場面が撮影されることがある。ただし、噛みタバコやヒマワリの種を噛んでいる場合もある。日本では、試合中にガムを噛む姿が「真剣さが無い・不真面目である」と非難の対象にされることがあった(巨人・阿部慎之助など)。スポーツ選手がガムを噛むことは、上記にあげられる効果のほかに踏ん張る時に噛み込む際のショックを和らげるための行為と考えることもできるが、その効果についてはあくまで民間療法的なものであり、科学的な根拠に基づいたものではない。チューインガム フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た阿部慎之助阿部慎之助

    は同年から東北楽天ゴールデンイーグルスから中日に復帰した山崎武司とのポジション争いの結果、開幕直後は代打での出場が中心だったが、山崎の故障もあり、4月下旬からスタメンに復帰。また、応援歌コール「かっとばせ ブランコ!」は、今シーズンから「Go Go Let's Go ブランコ!」に変更された。5月には月間打率3割3分3厘、9本塁打、23打点を挙げ月間MVPを獲得した。7月8日のDeNA戦では山口俊から死球を受けた際に左手中指を骨折し登録を抹消、選手間投票で選ばれたオールスターゲームおよびファン投票で選出された本塁打競争の出場も辞退した(代わりに巨人の阿部慎之助が出場)。ブランコが不在の間、4番は和田一浩と森野将彦と山崎武司が務めた。8月28日の巨人戦で一軍復帰すると、早速連続タイムリーでチームに勝利をもたらす活躍を見せた。9月4日の対広島戦で、江草仁貴から来日初の満塁本塁打を放った。同年オフの残留交渉では、球団側は成績にかかわらず、「マネーゲームはしない」として当初から厳しい契約を示唆していた。その結果、金銭面での乖離で難航した。中日は、11月の段階でブランコの自由契約を前提とした行動をしており、11月9日には監督の高木守道が「ブランコなんて三振、三振、三振だ。落ちるボールを放っときゃいいわ!」「前に監督やった時も落合が出て行ったけど、出て行きたいヤツは出て行けばいい。去る者は追わず。無理して引き留めんでいい」と、この時点でまだ自分の部下であったブランコへの挑発的な言動を見せた。高木監督は夫人から「いらんこと言うな」とたしなめられている。11月30日に正式に保留選手名簿から外れ、自由契約公示された。中日新聞によると、金銭面以外の原因としては、この年の途中にブランコが契約した代理人との交渉が上手くいかなかっただけでなく、本人との直接交渉ができなかったこと、チーム編成のバランスを重視していた中日サイドとの乖離もあった。ちなみに、クライマックスシリーズ終了後にブランコは母国に帰国していたが名古屋市内にあった自宅は片付けられていたということから中日に残留することは既に頭の中になかったことが窺い知れる。ただし、同じく中日新聞社の中日スポーツによると、ドミニカに帰国中のブランコを取材した時は、中日の提示した待遇に満足している旨の発言をしていたといい、「義理人情に厚い男が、カネだけで動いたとは思えない。」と他の要因を示唆している。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • 規定打席

    規定打席から見た阿部慎之助阿部慎之助

    この例外規定については首位打者は1967年、最高長打率は1984年、最高出塁率は2008年から適用されている(ただし、最高長打率はリーグの公式な表彰項目には入っていない)。首位打者についてはメジャーリーグベースボール並びに日本の二軍ではこの例外規定適用での首位打者が実際に誕生しているが、一軍のセ・パ両リーグではまだ例がない。最高長打率については2003年のロベルト・ペタジーニと2011年の阿部慎之助がこの例外規定適用で最高長打率打者と認定されている。最高出塁率については2003年のペタジーニが出塁率.457であり、不足分を加算しても出塁率.436で、規定打席到達者1位(福留孝介の.401)を上回る例があったが、この時点では野球規則10.22(a)(当時は10.23(a))の但書には最高出塁率打者に関して記載がなかったため、同年の最高出塁率は福留が獲得した。したがって、例外規定適用で最高出塁率打者と公式に認定された例はまだ出ていない。規定打席 フレッシュアイペディアより)

  • イバン・クルーズ

    イバン・クルーズから見た阿部慎之助阿部慎之助

    初盗塁:2003年5月9日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、5回表に二盗(投手:ゲーリー・ラス、捕手:阿部慎之助イバン・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • プリンプリン

    プリンプリンから見た阿部慎之助阿部慎之助

    顔は鈴木宗男議員、坂田利夫師匠、ジャイアンツの阿部慎之助捕手等と似ている。プリンプリン フレッシュアイペディアより)

  • 石井琢朗

    石井琢朗から見た阿部慎之助阿部慎之助

    300盗塁:2003年8月6日、対読売ジャイアンツ22回戦(東京ドーム)、7回表に二盗(投手:コリー・ベイリー、捕手:阿部慎之助石井琢朗 フレッシュアイペディアより)

  • 井上和香

    井上和香から見た阿部慎之助阿部慎之助

    プロ野球は根っからの読売ジャイアンツファンである。特に阿部慎之助捕手の大ファン。井上和香 フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た阿部慎之助阿部慎之助

    初盗塁:2003年4月2日、対読売ジャイアンツ2回戦(東京ドーム)、6回表に二盗(投手:高橋尚成、捕手:阿部慎之助タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

203件中 91 - 100件表示

「阿部慎之助」のニューストピックワード