162件中 101 - 110件表示
  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たオリックス・バファローズ

    ''、チームの主将に任命される。同年6月9日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で「球団史上第72代目4番打者」となり、2本塁打5打点と活躍した。また、6月14日のオリックス・バファローズ戦で、初回に平野佳寿から満塁本塁打を放ったが、これはプロ野球史上初の球団通算200満塁本塁打となった。オールスター第2戦ではMVPを獲得した。9月25日には33号本塁打を放ち、自身初のシーズン100打点を達成した。同時に、2003年の城島健司(当時福岡ダイエーホークス)以来、史上4人目の捕手登録選手のシーズン100打点達成となった(セントラル・リーグでは門前真佐人以来2人目で、57年ぶりの記録)。2008年に行われる北京オリンピックの野球日本代表予選3試合に出場して13打数10安打4打点、打率.769の結果を残し、最優秀打者賞・MVPを獲得。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た日本プロ野球

    NPB史上3位の年俸6億円プレーヤー(2014年)。読売ジャイアンツ第18代主将(2007年から2014年まで)。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た中井正広のブラックバラエティ

    中井正広のブラックバラエティ(日本テレビ) - 当番組のレギュラー出演者達との「野球対決」では、本職の「捕手」ではなく、「投手」として、出場した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た阪神甲子園球場

    1000試合出場:2009年5月4日、対阪神タイガース6回戦(阪神甲子園球場)、8番・捕手で先発出場 ※史上430人目阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た最優秀バッテリー賞

    最優秀バッテリー賞:6回 (2002年、2007年 - 2009年、2012年、2014年)阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たアットホーム

    月間アットホームヒーロー賞:5回 (2013年3月・4月、2014年8月、2015年7月、2016年6月、2017年3月・4月)阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た2012年の日本シリーズ

    ''、1月に第3子が誕生。主に4番で起用され、史上最多タイとなる年間3度の月間MVPを受賞するなどチームを牽引し、初の個人タイトルとなる首位打者、打点王、最高出塁率のタイトルを獲得。本塁打もバレンティンに4本差の2位で、一時は三冠王も視界に入れた。打率.3404は1991年に古田敦也が記録した.3398を上回る捕手の最高記録であり、打点は両リーグで唯一100を超える104を記録した。また、三振数も規定打席到達者の中でセ・リーグ最少で、出塁率・長打率も12球団トップだった。リード面でもチーム防御率2.16は、1966年の西鉄ライオンズ(2.13)以来の好成績となった。日本シリーズでは、3戦目に右膝裏を痛めて途中交代し、4戦目と5戦目に出番はなかったが、6戦目は四番捕手でスタメン出場し、7回裏に決勝タイムリーを打ってチームを日本一に導いた。シーズン終了後は原監督と共に正力松太郎賞を受賞、さらにセ・リーグMVPにも選ばれた。11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。契約更改では5億7千万円(推定)の1年契約で更改。佐々木主浩、松井秀喜に次ぐ日本プロ野球で日本人史上3位の超高額年俸となった。同年12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人が発表され候補入りした。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た横浜DeNAベイスターズ

    ''、打撃はシーズンを通じて5番打者に定着し最終的に打率は3割を越え、出塁率と得点圏打率はチームトップの成績であった。8月23日の横浜ベイスターズ戦では、右肩痛のためプロ入り後初めて一塁手として出場。また、同年オフに、守備の負担を減らせば4番打者を務めることができると考えた原辰徳監督に一塁手へのコンバートを提案されたが、捕手として勝負したいと辞退した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た捕手

    阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県浦安市出身の読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(捕手、内野手)。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た東京ドーム

    ''、当時ヘッドコーチだった原辰徳の推薦を受け、3月30日の阪神タイガースとの開幕戦(東京ドーム)に、球団では山倉和博以来23年ぶりとなる「新人捕手開幕スタメン」として先発出場(8番・捕手)。その試合で阪神の先発投手の星野伸之から初打席初安打初打点を含む4打点を挙げる活躍を見せる。阿部がデビューした当時の巨人は村田真一に代わる正捕手の育成が急務だったこともあり、監督の長嶋茂雄は村田を阿部の「教育係」にするとともに、127試合に起用して経験を積み重ねさせた。最終的にシーズン13本塁打を放つが、規定打席には6打席不足した。新人捕手のシーズン2桁本塁打は田淵幸一以来2人目。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

162件中 101 - 110件表示

「阿部慎之助」のニューストピックワード