127件中 31 - 40件表示
  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たフジテレビジョン

    とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ、2012年12月13日) - 『食わず嫌い王決定戦』に佐々木希と共に出演。佐々木の苦手なものを見事に的中させ、勝利した。また、とんねるずの二人にセ・リーグ二冠王達成記念のバットをプレゼントした。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た日本テレビ放送網

    中井正広のブラックバラエティ(日本テレビ) - 当番組のレギュラー出演者達との「野球対決」では、本職の「捕手」ではなく、「投手」として、出場した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た日本生命

    セ・パ交流戦優秀選手賞(日本生命賞):1回 (2010年)阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た田淵幸一

    、巨人軍では山倉和博以来23年ぶりの「新人捕手開幕スタメン」として出場し、その試合で初打席初安打初打点を含む4打点をあげる。最終的にシーズン13本塁打を放つ(新人捕手のシーズン2桁本塁打は田淵幸一以来2人目)が、規定打席には6打席不足した。当時の巨人軍は村田真一に代わる正捕手の育成が急務だった事もあり、長嶋茂雄監督は起用を続けて経験を重ねさせた。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た正力松太郎賞

    は1月に第3子が誕生。主に4番で起用され、史上最多タイとなる年間3度の月間MVPを受賞するなどチームを牽引し、初の個人タイトルとなる首位打者、打点王、最高出塁率のタイトルを獲得。本塁打もウラディミール・バレンティンに4本差の2位で、一時は三冠王も視界に入れた。打率.3404は1991年に古田敦也が記録した.3398を上回る捕手の最高記録であり、打点は両リーグで唯一100を超える104を記録した。また、三振数も規定打席到達者の中でセ・リーグ最少だった。日本シリーズでは、3戦目に右膝裏を痛めて途中交代し、4戦目と5戦目に出番はなかったが、6戦目は四番捕手でスタメン出場し、7回裏に決勝タイムリーを打ってチームを日本一に導いた。シーズン終了後は原監督と共に正力松太郎賞を受賞、さらにセ・リーグMVPにも選ばれた。契約更改に臨み、5億7千万円(推定)の1年契約で更改。佐々木主浩、松井秀喜に次ぐ日本プロ野球で日本人史上3位の超高額年俸となった。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た門前真佐人

    、チームの主将に任命される。6月9日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で球団史上第72代目4番打者を務め、2本塁打5打点と活躍した。また、6月14日のオリックス・バファローズ戦で、初回に平野佳寿から満塁本塁打を放ったが、これはプロ野球史上初の球団通算200満塁本塁打となった。オールスター第2戦ではMVPを獲得した。9月25日には33号ホームランを放ち、自身初のシーズン100打点を達成した。同時に、2003年の城島健司(当時福岡ダイエーホークス)以来、史上4人目の捕手登録選手のシーズン100打点達成となった(セントラル・リーグでは門前真佐人以来2人目で、57年ぶりの記録)。2008年に行われる北京オリンピックの野球日本代表予選3試合に出場して13打数10安打4打点、打率.769の結果を残し、最優秀打者賞・MVPを獲得。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た長野久義

    徳光和夫の週刊ジャイアンツ(日テレG+ 、2013年1月14日) - 坂本勇人、長野久義、藤村大介と共に出演。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たアース・ウィンド・アンド・ファイアー

    セプテンバー(アース・ウィンド・アンド・ファイアー、2002年 - 2003年、2007年 - )阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た河原隆一

    初本塁打:2001年4月13日、対横浜ベイスターズ1回戦(東京ドーム)、5回裏に河原隆一から右中間へ先制ソロ阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た谷繁元信

    は、東日本大震災の影響で日程が遅れたことに加え、4月5日の阪神タイガースとの練習試合で右ふくらはぎを負傷して、開幕に出遅れる。その後は2軍での調整を経て、交流戦初戦の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で5番捕手で1軍復帰を果たすと、9回表に2死走者なしから初安打を放ち、逆転の足がかりを作った。その後も正捕手としてだけでなく、シリーズ終盤ではラミレスに代わって4番に定着するなどして、攻守にわたってチームを牽引。9月29日の横浜ベイスターズ戦では谷繁元信が打ち出した、セントラル・リーグ記録の連続守備機会無失策1,708を抜く、新記録の1,709を達成するなどして、最終的には114試合に出場して、打率.292で114安打の61打点、本塁打もチーム2位の20本と5年連続の20本塁打を達成した。シーズン中には、第7回「ジョージア魂賞」を受賞、JA全農Go・Go賞は、8月の「最多盗塁阻止賞」部門、9月の「最多二塁打、三塁打賞」部門、10月の「最優秀賞」と3か月連続で受賞し、シーズン終了後には5年連続となるベストナインにも選出された。オフの契約更改では、怪我で出遅れながらもナインを牽引したことが評価され、現状維持の4億円(推定)で更改した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

127件中 31 - 40件表示

「阿部慎之助」のニューストピックワード