75件中 11 - 20件表示
  • 挙家離村

    挙家離村から見た限界集落限界集落

    挙家離村(きょかりそん)とは、農村または人口の少ない場所にダムなどを建設することになった際、その住民が立ち退かなければならなくなり、立ち退く際に、一家総出で都市に引っ越すこと。もちろん一世帯の問題ではない。結果廃村・限界集落化が引き起こされる。挙家離村 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た限界集落限界集落

    この時代においては、ベンチャー企業の育成、あるいは域外からの投資によって地方経済は生き残らざるを得ない。域外からの投資によって成長をしている北上都市圏、地場の企業育成によって成長を見ている山形県の米沢都市圏や村山地方などの例はあるが、大半の地域では産業の育成が滞っている。そのため、東北地方全体でみると近年の人口減少は著しく、小学生以下の子を連れて東京に移住する例が多く見られ、合計特殊出生率の値云々よりも、実質的に生産年齢世代と子供がいない「限界集落」が続出し、実際に廃村となる地区も見られ、シャッター通りと並んで大きな問題になっている。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 清和村 (熊本県)

    清和村 (熊本県)から見た限界集落限界集落

    3,000人前後で推移しているが、高齢化・少子化が急速に進んでおり、村内で3,000人を切るのは時間の問題である。従来より、過疎地域として指定されていたが、全国で話題になりつつある、「限界集落」も当地では大きな問題である。清和村 (熊本県) フレッシュアイペディアより)

  • BIA本部ビル占拠抗議

    BIA本部ビル占拠抗議から見た限界集落限界集落

    1950年代初頭から、アメリカ合衆国政府はインディアン諸部族の解消方針を強め、約10年間で100を超えるインディアン部族が連邦認定を取り消され、「絶滅」したことにされていた。合衆国が1956年に施行した「インディアン移住法」は、保留地から都市部へインディアンを放逐させるものであり、この法によって多くのインディアン部族はその共同体を破壊された。限界集落化されたインディアン部族に対し、合衆国は連邦条約で保証した権利一切を剥奪して、領土である保留地の保留を解消し、これを没収した。1960年代には、多くのインディアンたちが都市部のスラムに追いやられ、路頭に迷っていた。BIA本部ビル占拠抗議 フレッシュアイペディアより)

  • 破られた条約のための行進

    破られた条約のための行進から見た限界集落限界集落

    さらに1950年代初頭から、合衆国政府はインディアン諸部族の解消方針を強め、約10年間で100を超えるインディアン部族が連邦認定を取り消され、「絶滅」したことにされていった。なかでも1956年に施行された「インディアン移住法」は、保留地から都市部へインディアンを放逐させるものであり、この法によって多くのインディアン部族はその共同体を破壊された。限界集落化されたインディアン部族に対し、合衆国は連邦条約で保証した権利一切を剥奪して、領土である保留地の保留を解消し、これを没収した。1960年代には、多くのインディアンたちが都市部のスラムに追いやられ、路頭に迷っていた。破られた条約のための行進 フレッシュアイペディアより)

  • 新島 (鹿児島県)

    新島 (鹿児島県)から見た限界集落限界集落

    1951年には約250人が居住していた新島だが、1972年には桜峰小学校の分校が閉校、平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)においては5人にまで減少した。そのうち3人は高齢者、すなわち高齢化率は60パーセントでいわゆる限界集落であった。2011年には将来的に無人島化する可能性があることが南日本新聞により報道されており、2013年8月までに全住民が島外へ移住したことにより、新島の定住者はゼロとなった。新島 (鹿児島県) フレッシュアイペディアより)

  • 赤い糸の女

    赤い糸の女から見た限界集落限界集落

    織物作家・琴子の弟子。主に染色を担当している。横浜出身の元外資系の証券マンで、全てをお金だけで図る生活に嫌気がさして、完全自給自足の生活に憧れて上田へ移住したナチュラリスト。市の定住支援を受けて限界集落の生影地区ある一軒家「みみずくの家」に住み、電気もガスもない生活をしながら、地元の農家から小さな畑を借りて林檎や葡萄などを栽培している。自分が着る衣類も自分の手で作りたいと、琴子に弟子入りした。クラシック音楽を好み、チェロを弾く。上田に来る前はLPレコードを蒐集し、オーディオ機器にも凝っていた。交際していた唯美が妊娠するとプロポーズする。娘も産まれ平穏な自給自足生活をしていたが、芹亜の出現により幸せな自給自足生活は崩壊していく。(第23話 - )赤い糸の女 フレッシュアイペディアより)

  • 和田真希

    和田真希から見た限界集落限界集落

    静岡県富士宮市生まれ。多摩美術大学美術学部芸術学科を卒業する。ヨガインストラクターを経る。2011年、神奈川県西丹沢の限界集落に移住する。2016年、「遁」で産業編集センター出版部が主催する第3回暮らしの小説大賞大賞を受賞する(出版社特別賞は小林栗奈「利き蜜師」)。受賞に際し、「小説を全力で書くことは、全力で暮らすことと同じだった」と語っている。農業を営む傍ら、子育てや絵の制作、執筆を行っている。好きな作家として、鴨長明、坂口安吾、川崎長太郎を挙げている。和田真希 フレッシュアイペディアより)

  • 田舎暮らし

    田舎暮らしから見た限界集落限界集落

    2000年以降になると団塊の世代が定年退職を迎える時期と重なり、再びその世代の田舎暮らしへの関心が高まるが、第1時ブームの頃とは異なるのが、一過性のブームではなく、幅広い年齢層に渡って、より広範な社会情勢を反映した確かな潮流となりつつあることである。同時に地方の過疎化、限界集落問題などもからみ、地方自治体などが地域の活性化のために、優遇策を行い都会生活者の誘致を繰り広げているが、これらはいまだ多くの成果を挙げるにいたってはいない。しかし、人気のある移住地など、たとえば沖縄県石垣島などでは地価が高騰し、建設ラッシュが続いているとされる。田舎暮らし フレッシュアイペディアより)

  • 木下町 (岡崎市)

    木下町 (岡崎市)から見た限界集落限界集落

    岡崎市東部に位置する。町内のほぼ全域は基本的に森林であり住宅地、水田は河川沿岸及び道路沿いに僅かに見られるのみであり、限界集落になっている。町域内に小字は配されているが丁番は振られていない。木下町 (岡崎市) フレッシュアイペディアより)

75件中 11 - 20件表示

「限界集落」のニューストピックワード