65件中 11 - 20件表示
  • 限界集落

    限界集落から見た高齢化

    中山間地域や離島を中心に、過疎化・高齢化の進行で急速に増えてきている。このような状態となった集落では集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされている。共同体として生きてゆくための「限界」として表現されている。「限界集落」にはもはや就学児童など未成年者の世代が存在せず、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多く病身者も少なくないという。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た冠婚葬祭

    限界集落(げんかいしゅうらく)とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落を指す、日本における概念。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た農林水産省

    総務省、国土交通省、農林水産省の最近の公式文書でこの語は用いられておらず、「基礎的条件の厳しい集落」、「維持が困難な集落」といった表現が採用されている。また、自治体でも使用を控える動き(例:岡山県、山口県)や言い換えを行う動きがある。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た地方公共団体

    大野は、65歳以上の高齢者が地方自治体総人口の過半数を占める状態を「限界自治体」と名付けた。「限界集落」は、この定義を集落単位に細分化したものである。限界集落に次ぐ状態を「準限界集落」と表現し、55歳以上の人口比率が50%を超えている場合とされる。また、限界集落を超えた集落は「超限界集落」から「消滅集落」へと向かう。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た地域活性化

    地域活性化(まちおこし)を起こし若者を増やす取り組み。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た核家族

    都市圏のベッドタウンやかつての新興住宅地などにおける単身者向けの大規模公営団地に高齢者の入居が集中するなどの問題のほか、数十年前に一斉に入居してきた核家族世帯の子供が独立して親世代のみになるなどして、集落全体では限界ではないものの、非過疎地域の一区画が孤立した形で高齢化率が極端に上昇してしまう現象がそれである。生活困難化による孤独死や共同体の崩壊など、農山漁村・僻地・離島・過疎地の限界集落と同様の問題を抱え込んでいる。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た財政再建団体

    2005年には、大豊町に加えて、群馬県甘楽郡の南牧村と福島県大沼郡の金山町および昭和村の1町2村が限界自治体となった。2010年の国勢調査によれば、限界自治体の数は11町村にまで増大している。財政再建団体となった北海道夕張市は、2006年(平成18年)時点で65歳以上比率が41%と市では最も高齢者比率が高く、財政再建の前に市が消滅するのではという切迫した問題がある。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見たパーセント

    限界集落(げんかいしゅうらく)とは、過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落を指す、日本における概念。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た長岡郡

    大野によれば、2000年(平成12年)の時点で「限界自治体」となっているのは高知県長岡郡の大豊町のみであるが、2015年(平成27年)には51自治体、2030年(平成42年)には144自治体が「限界自治体」に転落するという(ただし、2005年[平成17年]以降の市町村合併は考慮に入れていない)。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た独居老人

    中山間地域や離島を中心に、過疎化・高齢化の進行で急速に増えてきている。このような状態となった集落では集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされている。共同体として生きてゆくための「限界」として表現されている。「限界集落」にはもはや就学児童など未成年者の世代が存在せず、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多く病身者も少なくないという。限界集落 フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「限界集落」のニューストピックワード