1039件中 41 - 50件表示
  • ミヤマクワガタ属

    ミヤマクワガタ属から見た陝西省陝西省

    中国四川省・陝西省などに生息する。中型のミヤマクワガタ。ミヤマクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • 雍州

    雍州から見た陝西省陝西省

    現在の陝西省中部から北部、南東部を除く甘粛省、青海省北東部から寧夏回族自治区一帯に比定される。雍州 フレッシュアイペディアより)

  • 班 (姓)

    班 (姓)から見た陝西省陝西省

    中国大陸の河南省、山東省、陝西省など黄河流域地区や台湾に分布する。班 (姓) フレッシュアイペディアより)

  • 秦

    から見た陝西省陝西省

    紀元前770年に周が犬戎に追われて東遷した際に、襄公は周の平王を護衛した功で周の旧地である岐に封じられ、これ以降諸侯の列に加わる。紀元前762年に秦が最初に興った場所は犬丘(現在の甘粛省礼県)であったらしく、この地より秦の祖の陵墓と目されるものが見つかっている。春秋時代に入ると同時に諸侯になった秦だが、中原諸国からは野蛮であると蔑まれていた。代々の秦侯は主に西戎と抗争しながら領土を広げつつ、法律の整備などを行って国を形作っていった。紀元前714年には平陽へ遷都。紀元前677年には首都を雍(現在の陝西省鳳翔県)に置いた。 フレッシュアイペディアより)

  • 麻紙

    麻紙から見た陝西省陝西省

    麻(大麻)は中国で古くから用いられてきた。陝西省にて出土した灞橋紙(はきょうし)は、紀元前140年-87年頃のものであり、同時に出土した貨幣から紀元前118年以前と推定され、主要な原料が大麻で、少量の苧麻を含む植物繊維だと断定されている。前漢宣帝(紀元前73年-49年)の頃のものとされる麻紙は、中国にてロブ・ノール紙(1933年出土、新疆省)、金関紙(1973-74年出土、甘粛省)、中顔紙(1978年出土、陝西省)のであり>、原料は麻(大麻)とされる。蔡倫より、さらに100年古いとみられる西漢時代の文字が記載された麻紙も2006年に同定されている。麻紙 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の宗教

    中国の宗教から見た陝西省陝西省

    2010年、ゴータマ・ブッダの頭蓋骨の残り分が公開され、遺物(仏舎利)として南京の栖霞寺に安置された。1世紀半前に破壊された名高い歴史的パゴダが遺物を保管するために再建されている、2009年、ゴータマ・ブッダの指の骨が、世界で最も高いストゥーパに安置された。それは、陝西省の法門寺の境内に最近建てられた。中国の宗教 フレッシュアイペディアより)

  • ステップヤマネコ

    ステップヤマネコから見た陝西省陝西省

    中国では、新疆、青海省、甘粛省、寧夏陝西省、陝西省、内モンゴルに分布する。チベット北部および四川省にみられたという記録には疑問がある。1950年以前には新疆の大河川流域全体とタクラマカン砂漠にわたる広大な地域に生息していたが、後に新疆南部のバインゴリン・モンゴル自治州、アクス地区、ホータン地区の3地域に限定されるようになった。毛皮を目的とした過剰な狩猟に加え、灌漑や油田・ガス田開発および農薬の過剰使用による生息域の縮小により、急速に野生個体数は減少している。ステップヤマネコ フレッシュアイペディアより)

  • 康之淵

    康之淵から見た陝西省陝西省

    中国の陝西省京兆郡出身の康叔の次男の67代子孫の康虎景の14代子孫であり、康忠の12代子孫にあたる。康之淵の6代子孫が、忠恵王時代に文科及第した翰林学士の康允成であり、その娘が李氏朝鮮初代王・李成桂の第二夫人・神徳王后である。康之淵 フレッシュアイペディアより)

  • 康允成

    康允成から見た陝西省陝西省

    中国の陝西省京兆郡出身の康叔の次男の67代子孫の康虎景の14代子孫である康之淵(高麗で扈從功臣を務める)の6代子孫である。康允成 フレッシュアイペディアより)

  • 姚紹

    姚紹から見た陝西省陝西省

    415年9月、姚弼は病気と称して、入朝せずに邸に兵を集めた。姚興はこれを聞くと激怒し、家臣らを召集して、密かに姚弼を捕らえようと謀った。このとき姚紹が兵を率いて雍城(陝西省鳳翔県)に駐屯しており、使者を遣わしてこれを告げたため、数日に渡って決行することがなかった。皇太子・姚泓が説得したため、姚興はこれを容れて姚弼らを許した。姚紹 フレッシュアイペディアより)

1039件中 41 - 50件表示

「陝西省」のニューストピックワード