前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 算数・数学教育

    算数・数学教育から見た陰山英男陰山英男

    著名な実践としては、遠山啓の水道方式、陰山英男の百ます計算、志水廣の丸付け法などがあげられる。特に百マス計算はゆとり教育が推進されていた時期に普及し、現代でも小学校を中心に多くの学校で実践されている。算数・数学教育 フレッシュアイペディアより)

  • 小河勝

    小河勝から見た陰山英男陰山英男

    小河 勝(おごう まさる、1944年9月18日 - ) は、大阪府大阪市出身の教育者。中学生向けの国語、算数の教材「小河式プリント」がベストセラーになった。盟友の陰山英男とともに「ゆとり教育」に警鐘を鳴らし、小・中学生の基礎学力向上に取り組んでいる。小河勝 フレッシュアイペディアより)

  • 学力低下

    学力低下から見た陰山英男陰山英男

    陰山英男・小河 勝 - 学力低下を克服する本 ― 小学生でできること 中学生でできること 2003 :ISBN 978-4163593500学力低下 フレッシュアイペディアより)

  • 橋下 徹

    橋下徹から見た陰山英男陰山英男

    知事就任後、2008年(平成20年)9月5日の記者会見で、全国学力テストの成績が2年連続で低迷したことを受け、「府の現状について『教育非常事態宣言』を発する」と述べ、教育力向上への取り組みを徹底する考えを示した。橋下知事は「府教育委員会が前回の(学力)テスト後に『方策を取る』と言ったのに、全く改善されなかった」と理由を説明。「教員が逃げているだけ」として、正答率も含めた学力テストの市町村別結果を公表する必要性を強調した。また、9月末で2人が任期切れを迎える教育委員について「僕の考えに共鳴する人に多数を取ってもらいたい」と述べ、その後「百ます計算」で知られる陰山英男と「小河式プリント」の小河勝を任命した。橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 隂山英男

    隂山英男から見た陰山英男陰山英男

    隂山英男 フレッシュアイペディアより)

  • 岸本裕史

    岸本裕史から見た陰山英男陰山英男

    「見える学力・見えない学力」と言う概念を提起し、日本の教育現場に多くの共鳴者を生んだ。エリート教育と競争否定の双方に反対し、徹底した反復訓練による落ちこぼれ救済の論陣を張る。近年は弟子筋の陰山英男が百ます計算を活用し、小学生の基礎学力向上に成果を見せたことにより話題となった。また、「全国教育科学研究会」委員、月刊『どの子も伸びる』誌編集委員、小学館の通信添削の「ドラゼミ」の総監修者等を勤めた。岸本裕史 フレッシュアイペディアより)

  • 杉田久信

    杉田久信から見た陰山英男陰山英男

    『驚異の学力づくり』 (川島隆太、陰山英男との共著)【フォーラム・A】 (2004年3月16日)杉田久信 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のラジオ (日本)

    2008年のラジオ (日本)から見た陰山英男陰山英男

    陰山英男のヒューマン・ラボ(土曜日7:30)2008年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 朝来町

    朝来町から見た陰山英男陰山英男

    朝来町立山口小学校(陰山英男が教諭として在籍、百ます計算の実践等で全国にクローズアップされた)朝来町 フレッシュアイペディアより)

  • 百ます計算

    百ます計算から見た陰山英男陰山英男

    朝日新聞のインタビューによると、昭和40年代頃に岸本裕史の担当するクラスの児童の発想により生まれ、昭和60年代に「百ます計算」と名づけられたという。 その後、弟子筋の陰山英男らが百ます計算を授業で活用し、小学生の基礎学力向上に成果を見せたことにより、陰山メソッドとして話題となった。陰山メソッドの場合、50ますの同じ問題を連続して解かせている。百ます計算 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示