陸域観測技術衛星「だいち」 ニュース&Wiki etc.

陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。 (出典:Wikipedia)

「陸域観測技術衛星「だいち」」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「だいち」のつながり調べ

  • 自然災害研究センター

    自然災害研究センターから見たALOS-2

    3次元地盤強度データに、ALOS-2等の地球観測衛星で観測された地表面の保水率データや、気象庁の詳細な降雨データ予測を新たに加えるなど、様々な公的機関のビッグデータをリアルタイムで解析することで、土砂災害や河川氾濫の危険性を、いち早く伝達することを目的に設立された。(自然災害研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見ただいち

    だいちの後継として計画されていた地球観測衛星。ASNAROや情報収集衛星などと競合していた。2015年度からは先進光学衛星として計画が進められている。(日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

「だいち」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「陸域観測技術衛星「だいち」」のニューストピックワード