陸域観測技術衛星「だいち」 ニュース&Wiki etc.

陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。 (出典:Wikipedia)

「陸域観測技術衛星「だいち」」Q&A

  • Q&A

    『阿蘇山噴火「繰り返す可能性」噴煙1500メートルに!-福岡管区気象台』2014/1…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年11月29日 00:19

  • Q&A

    【H-IIA】日本の観測衛星の解像度はアメリカの民間レベルですか? 陸域観測技術…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2014年5月24日 14:24

  • Q&A

    陸域観測技術衛星「だいち」の運用終了について 平成23年5月12日。陸域観測技術衛星…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2011年5月16日 23:35

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「だいち」のつながり調べ

  • 日本スペースイメージング

    日本スペースイメージングから見ただいち

    現在までにイタリアのCOSMO-SkyMedやドイツの、アメリカのジオアイ1号などの衛星画像を商用に利用している。日本近郊にいる衛星への写真撮影の司令なども行うことができる。さらに、財団法人リモート・センシング技術センターと協力して陸域観測衛星だいちの画像などを利用している。(日本スペースイメージング フレッシュアイペディアより)

  • センチネル・アジア

    センチネル・アジアから見ただいち

    2006年1月に打ち上げられたJAXAの陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の画像も、「センチネル・アジア」に提供され、自然災害被害の把握などに貢献している。さらに2008年2月には、日本の超高速インターネット衛星きずな(WINDS)も打ち上げられ、ブロードバンド環境の整っていないアジア太平洋の地域や島々でも、地上受信局を設置すれば、日本から配信された衛星データを受信することが可能になった。(センチネル・アジア フレッシュアイペディアより)

「だいち」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ