前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • 宇宙航空研究開発機構

    宇宙航空研究開発機構から見ただいちだいち

    2006年(平成18年)には1月から2月にかけての1ヶ月以内に初めて連続3機のロケットを打ち上げた。この際打ち上げた陸域観測衛星だいちは災害監視に活用され、赤外天文衛星あかりは宇宙科学の発展に貢献している。またひまわり7号は1990年(平成2年)の米国との衛星調達協定以降、初めて成功した国産商用衛星であった。同年には太陽観測衛星ひのでが打ち上げられ、翌2007年12月にはアメリカのサイエンス誌において、様々な新発見を掲載した「ひので特集号」が刊行された。宇宙航空研究開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • センチネル・アジア

    センチネル・アジアから見ただいちだいち

    2006年1月に打ち上げられたJAXAの陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の画像も、「センチネル・アジア」に提供され、自然災害被害の把握などに貢献している。さらに2008年2月には、日本の超高速インターネット衛星きずな(WINDS)も打ち上げられ、ブロードバンド環境の整っていないアジア太平洋の地域や島々でも、地上受信局を設置すれば、日本から配信された衛星データを受信することが可能になった。センチネル・アジア フレッシュアイペディアより)

  • こだま (人工衛星)

    こだま (人工衛星)から見ただいちだいち

    運用期間中に、みどりII、きらり、だいちなどと、さまざまなミッションにおいてデータ中継を行ったほか、欧州宇宙機関(ESA)の地球観測衛星Envisatと観測データの中継実験も行い相互運用・支援性の確認をした。こだま (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • H-IIAロケット

    H-IIAロケットから見ただいちだいち

    陸域観測技術衛星だいち2号 - Lバンドレーダ(ALOS-2)2 t - SSO以下だいち2号と同時打ち上げH-IIAロケット フレッシュアイペディアより)

  • 地球環境変動観測ミッション

    地球環境変動観測ミッションから見ただいちだいち

    多波長光学放射計(SGLI, Second-generation Global Imager)は、みどりIIに搭載されたGLIの後継センサである。電子走査の可視・近赤外放射系部のSGLI-VNRと、機械走査の赤外走査放射系部SGLI-IRSの二つのセンサから構成されており、前者のSGLI-VNRはもも1号のMESSR、ふよう1号のOPS/VNIR、みどりのAVNIR、だいちのAVNIR-2センサの技術を継承している。地球環境変動観測ミッション フレッシュアイペディアより)

  • ALOS

    ALOSから見ただいちだいち

    ALOS フレッシュアイペディアより)

  • 陸域観測技術衛星

    陸域観測技術衛星から見ただいちだいち

    陸域観測技術衛星 フレッシュアイペディアより)

  • ALOS-2

    ALOS-2から見ただいちだいち

    ALOS-2 フレッシュアイペディアより)

  • エイロス

    エイロスから見ただいちだいち

    エイロス フレッシュアイペディアより)

  • きく8号

    きく8号から見ただいちだいち

    きく8号(きく8ごう)は宇宙航空研究開発機構 (JAXA)、 情報通信研究機構(NICT)、日本電信電話株式会社(NTT)が共同で開発した技術試験衛星である。開発時の名称は技術試験衛星VIII型 (ETS-VIII) であり、これまでの慣習に従い、きく8号という愛称がつけられた。JAXAの衛星は打ち上げが成功した後で公式な愛称が発表されるのが一般的であるが、当機は打ち上げ前に愛称が公表された。これは「だいち」と同様であった。きく8号 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示