50件中 31 - 40件表示
  • 宇宙システム開発利用推進機構

    宇宙システム開発利用推進機構から見ただいちだいち

    フェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSER):だいちに搭載された。宇宙システム開発利用推進機構 フレッシュアイペディアより)

  • 南パタゴニア氷原

    南パタゴニア氷原から見ただいちだいち

    近年、氷原や氷河の縮小、後退が生じている。宇宙航空研究開発機構では、陸域観測技術衛星だいちの撮影データから、が1986年から2007年までの21年間で最大1.2km後退した事例を発表している。南パタゴニア氷原 フレッシュアイペディアより)

  • シドアルジョの泥火山

    シドアルジョの泥火山から見ただいちだいち

    2011年にダラム大学のリチャード・デイヴィス (Richard Davies)らはダラム大学の共著者シモン・マティアス(Simon Mathias) が開発したコンピュータモデルを使用し、泥火山の噴出は26年間継続すると推定した。噴出の信頼できる推定値が算出されたのはこれが初めてであり、10年以上継続する可能性が90パーセント、100年以上続く可能性も10パーセントあると推定された。また、この推定値は帯水層に圧力が再度加えられることがないという仮定の下で算出されており、再び圧力がかかれば26年ではすまないとされている。2013年にはカリフォルニア大学バークレー校の教授は日本のALOS衛星の画像を解析した結果、ルーシーが活力を失いつつあることを示し、噴出は2017年までには大体終わるだろうと予測を述べた。シドアルジョの泥火山 フレッシュアイペディアより)

  • 合成開口レーダー

    合成開口レーダーから見ただいちだいち

    ジェット推進研究所が1978年に打ち上げた海洋観測衛星シーサット、スペースシャトルのShuttle Radar Topography Mission、金星探査機マゼランで運用された。日本では地球資源衛星ふよう、陸域観測技術衛星だいち、情報収集衛星等に搭載された。合成開口レーダー フレッシュアイペディアより)

  • 単冠山

    単冠山から見ただいちだいち

    西単冠山の標高は、1922年の陸地測量部の測量に基づき1566mとされてきたが、陸域観測技術衛星「だいち」の観測データなどを元に、2014年に国土地理院が1629mに訂正し、標高1582mに訂正された散布山を抜いて択捉島の最高峰であることが判明した。なお、ロシア側の測量による標高は1634mである。単冠山 フレッシュアイペディアより)

  • だいち3号

    だいち3号から見ただいちだいち

    だいち3号(陸域観測技術衛星3号、ALOS-3, Advanced Land Observing Satellite、エイロス3)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として開発を計画した「だいち」の後継の地球観測衛星。可視光や赤外線により地表を観測する光学衛星で、2016年(平成28年)度にH-IIAロケットによって打ち上げられる予定であったが、2015年(平成27年)度から一部仕様が変更された上で先進光学衛星と表記を変えて計画が進められている。打ち上げは2020年度の予定。だいち3号 フレッシュアイペディアより)

  • 先進レーダ衛星

    先進レーダ衛星から見ただいちだいち

    だいち」シリーズは高分解能と広域観測幅と連続撮像可能時間の両立が特徴であり、このうちレーダ衛星はLバンド合成開口レーダのPALSARシリーズを搭載することで、Xバンドなどの帯域を使用する他のレーダ衛星と比べて効果的に植生を透過して地盤や地殻変動を観測することができる。先進レーダ衛星は新技術のデジタルビームフォーミングSARが採用された新型合成開口レーダのPALSAR-3を搭載することで「だいち2号」からさらに高性能化する。「だいち2号」は分解能1m×3mのスポットライトモードでの観測範囲は25?四方であったが、先進レーダ衛星では35?四方の観測が可能となる。また「だいち2号」では分解能3mの高分解能モードの観測幅が50kmであったが、先進レーダ衛星では同分解能で200?の観測幅が可能となる。さらに「だいち2号」では分解能100mの広域観測モードの観測幅が350?であったが、先進レーダ衛星では分解能25mで700?の観測幅が可能となる。前例のない高分解能と広域観測幅の両立が実現することで、高分解モードによる日本全域観測が「だいち2号」では年4回しかできなかったが、先進レーダ衛星では年20回(2週に1回)できるようになる。先進レーダ衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見ただいちだいち

    だいちの後継として計画されていた地球観測衛星。ASNAROや情報収集衛星などと競合していた。2015年度からは先進光学衛星として計画が進められている。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • 地球観測衛星

    地球観測衛星から見ただいちだいち

    だいち (ALOS)(運用終了)地球観測衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 自然災害研究センター

    自然災害研究センターから見たALOS-2だいち

    3次元地盤強度データに、ALOS-2等の地球観測衛星で観測された地表面の保水率データや、気象庁の詳細な降雨データ予測を新たに加えるなど、様々な公的機関のビッグデータをリアルタイムで解析することで、土砂災害や河川氾濫の危険性を、いち早く伝達することを目的に設立された。自然災害研究センター フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「陸域観測技術衛星「だいち」」のニューストピックワード