前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • だいち

    だいちから見た国土地理院

    運用終了まで650万シーンを撮影し、新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た天然ダム

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た地図

    陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たデジタルスチルカメラ

    だいちの特徴は、ひとつの衛星に複数のセンサーを搭載して多くの機能を持たせたことである。また、諸外国の地球観測衛星と比べて広域を連続撮影できることも特長である。一般的な諸外国の地球観測衛星がデジタルスチルカメラのように特定の地点を切り出して撮影するのに対し、だいちはファクシミリが紙面を走査して読み取るように、連続して通過する地域を撮影し続けることができる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震を受け緊急観測を行い400シーンを撮影し10府省・機関へ情報を提供した。これまでだいちは海外へ情報を提供してきたことから、そのお返しとして海外から5000シーンの情報が提供された。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た海上保安庁

    2011年5月12日、午前10時50分、バッテリー停止命令を送信し、運用を終了した。同年10月18日、海上保安庁が海氷衛星画像提供への感謝の気持ちとして、「ラストメッセージ」となるレーザー光線をだいちに対して伝達した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た情報収集衛星

    公開されたり報道された情報から、だいちと第2世代までの情報収集衛星の機体構成や性能は、よく似ていると推測されている。だいちの開発・製造を担当するメーカーも、情報収集衛星と同じ三菱電機である。ただし、情報収集衛星が主に軌道上予備を目的として各衛星がほぼ同時刻に同一地点上空を通過して観測するのに対して、だいち後継衛星は同一地点の上空通過時刻が均等にばらけるように軌道に投入される点が異なる。また、情報収集衛星が分解能を重視して設計されているのに対して、だいちシリーズは広域観測や多目的探査を重視して設計されていると見られている。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た宇宙航空研究開発機構

    陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たアマゾン川

    2007年9月3日 ブラジル政府(環境再生可能天然資源院)の依頼を受け、南米アマゾン川流域の違法伐採による森林破壊を監視する体制がスタートした。犯行現場を迅速に抑えるため、通常は3ヵ月後に配信されるPALSARによる撮影画像が、10日以内にブラジルの研究機関へ配信されるようになる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た四川大地震

    運用終了まで650万シーンを撮影し、新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。だいち フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示