前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • だいち

    だいちから見た国土地理院

    運用終了まで650万シーンを撮影し、新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たH-IIAロケット

    陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たハイチ地震 (2010年)

    2010年1月19日、宇宙航空研究開発機構(JAXA) は、陸域観測技術衛星「だいち」がハイチ地震による地殻変動を捕らえたと発表した。震源の西側にある海岸付近が少なくとも35センチメートル東へ動いたことが分かったという。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た地図

    陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たデジタルスチルカメラ

    だいちの特徴は、ひとつの衛星に複数のセンサーを搭載して多くの機能を持たせたことである。また、諸外国の地球観測衛星と比べて広域を連続撮影できることも特長である。一般的な諸外国の地球観測衛星がデジタルスチルカメラのように特定の地点を切り出して撮影するのに対し、だいちはファクシミリが紙面を走査して読み取るように、連続して通過する地域を撮影し続けることができる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震を受け緊急観測を行い400シーンを撮影し10府省・機関へ情報を提供した。これまでだいちは海外へ情報を提供してきたことから、そのお返しとして海外から5000シーンの情報が提供された。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た情報収集衛星

    情報収集衛星は当初、災害の監視なども含めて多目的に運用することが掲げられていた。しかし、偵察衛星としての運用を考えると、解像度などの性能は秘密にせざるを得ず(オープン・ソース・インテリジェンスの格好の標的になる)、民生用途での災害監視などに活用できない状態になってしまった。だいち2号以降のだいち衛星シリーズは、情報収集衛星の民生用途版を別途用意するものと考えることもできる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た四川大地震

    運用終了まで650万シーンを撮影し、新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た尖閣諸島

    2009年11月2日に開催された宇宙開発委員会推進部会で、JAXAより開発フェーズに移行するに当たっての報告が行われ、同年12月10日に開催された宇宙開発委員会推進部会において「開発」フェーズへの移行が妥当と判断された。だいち2号はレーダー衛星なので夜間でも画像を確認できるほか、海上における船舶の識別も可能。JAXAは尖閣諸島など領土の領有権を巡る問題への対応利用も視野に入れているとしている。打ち上げは2013年度を予定している。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た文部科学省

    陸域観測では継続的に観測を行いデータを蓄積していくことが重要である。しかし、だいちは光学観測機器とSAR観測機器を同時に搭載する大型衛星であるため、開発や製作に時間を要し、打ち上げ失敗や故障時に全ての観測が不可能になり、開発と運用両面でのリスクが高い。そのためJAXAでは、今後の陸域観測ミッションを、従来の「みどり」や「だいち」のような大型衛星ではなく、複数の中小型衛星によって行う方針を固めた。こうしてJAXAは、2006年10月25日に開かれた文部科学省の宇宙開発委員会にて、解像度を1mにまで高めた「だいち後継機」4機による観測体制を2010年までに整備する方針を報告した。現在では下記のようなレーダー衛星と光学衛星を先行して1機ずつを打ち上げて、その後は両タイプの衛星を継続的に打ち上げていく計画に変更されている。だいち フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示