44件中 11 - 20件表示
  • だいち

    だいちから見た宇宙航空研究開発機構

    陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たアマゾン川

    2007年9月3日 ブラジル政府(環境再生可能天然資源院)の依頼を受け、南米アマゾン川流域の違法伐採による森林破壊を監視する体制がスタートした。犯行現場を迅速に抑えるため、通常は3ヵ月後に配信されるPALSARによる撮影画像が、10日以内にブラジルの研究機関へ配信されるようになる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た天然ダム

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た海上保安庁

    2011年10月18日、海上保安庁が海氷衛星画像提供への感謝の気持ちとして、だいちに対してレーザー光線を伝達した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た不法投棄

    2008年4月から、青森県・岩手県・秋田県の不法投棄を監視する体制がスタートする予定である。日本で初めてのもので、画像解析は岩手大学により行われる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たブラジル

    運用終了まで650万シーンを撮影し、新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た解析

    2008年4月から、青森県・岩手県・秋田県の不法投棄を監視する体制がスタートする予定である。日本で初めてのもので、画像解析は岩手大学により行われる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たテレメトリ

    2011年4月23日以降はテレメトリが受信できなくなる。その後も太陽電池による発電を期待して復旧が試みられ、同年5月中旬まで運用が続けられる予定。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た監視

    2008年4月から、青森県・岩手県・秋田県の不法投棄を監視する体制がスタートする予定である。日本で初めてのもので、画像解析は岩手大学により行われる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たフンザ

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示