44件中 21 - 30件表示
  • だいち

    だいちから見たバイオマス

    2010年2月現在、光学衛星の陸域観測技術衛星3号(ALOS-3)、またはだいち3号の「研究」フェーズが進行中である。4バンドの観測ができるマルチスペクトルセンサーに加えて、185バンドを観測できるハイパースペクトルセンサーを搭載する。2つのセンサーは同期が可能で、合わせてHISUI(Hyperspectral Imager SUIte)と命名されていいる。 これにより地表の属性をより詳細に観測できるようになり、石油資源探査、植生の分布の観測や農作物収穫量予想、バイオマスや工業排水観測、積雪状態の観測等をより詳細に行うことがようになる。打ち上げは2016年度を予定している。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たこだま (人工衛星)

    2011年4月22日、午前7時30分頃、発生電力の急低下とともに、セーフホールドモードに移行し、搭載観測機器の電源がオフ状態、全機能停止となっていることが「こだま」による中継データから判明した。制御不能となったため、50年以上後には大気圏突入、消滅が見込まれている。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た森林破壊

    2007年9月3日 ブラジル政府(環境再生可能天然資源院)の依頼を受け、南米アマゾン川流域の違法伐採による森林破壊を監視する体制がスタートした。犯行現場を迅速に抑えるため、通常は3ヵ月後に配信されるPALSARによる撮影画像が、10日以内にブラジルの研究機関へ配信されるようになる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た地殻変動

    2010年1月19日、宇宙航空研究開発機構(JAXA) は、陸域観測技術衛星「だいち」がハイチ地震による地殻変動を捕らえたと発表した。震源の西側にある海岸付近が少なくとも35センチメートル東へ動いたことが分かったという。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た可視光線

    可視光線のバンド(波長帯)の光を観測し、白黒画像を取得するパンクロマチック(全整色)センサー。一度に幅70kmの範囲を2.5mの高分解能で観測し、地表のデータを取得することを目的に設計されている。直下視、前方視、後方視の3方向の独立した光学系で観測することにより、地表の凹凸を標高という形でデータを取得し、立体視画像の取得も可能である。それぞれの望遠鏡は3つの反射鏡とCCD検出器によって構成されている。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たアッタバード湖

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た岩手大学

    2008年4月から、青森県・岩手県・秋田県の不法投棄を監視する体制がスタートする予定である。日本で初めてのもので、画像解析は岩手大学により行われる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た植生

    2010年2月現在、光学衛星の陸域観測技術衛星3号(ALOS-3)、またはだいち3号の「研究」フェーズが進行中である。4バンドの観測ができるマルチスペクトルセンサーに加えて、185バンドを観測できるハイパースペクトルセンサーを搭載する。2つのセンサーは同期が可能で、合わせてHISUI(Hyperspectral Imager SUIte)と命名されていいる。 これにより地表の属性をより詳細に観測できるようになり、石油資源探査、植生の分布の観測や農作物収穫量予想、バイオマスや工業排水観測、積雪状態の観測等をより詳細に行うことがようになる。打ち上げは2016年度を予定している。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たマイクロ波

    1992年に打ち上げられたJERS-1(ふよう1号)衛星に搭載されていた合成開口レーダー(SAR)の改良型センサ。衛星から発射したマイクロ波の反射を観測するセンサーのため、観測する領域の天候・昼夜等に影響されることなくデータを取得できる。また他国にはないLバンドを使用したレーダー衛星であり、植生を透過した地表面の観測や地殻変動の観測に威力を発揮する。観測範囲や分解能が可変であり、柔軟な観測を可能にし、地球上すべての地域を5日以内に観測することができる。3つの観測モードがあり、高分解能モードでは10mの分解能による詳細な地域観測が可能である。SCAN SARとよばれる広域モードではやや解像度は劣るが、従来の合成開口レーダーの3?5倍に当たる幅250?300kmでの観測が可能である。ポラリメトリモードとよばれる多偏波モードでは、2種類(縦波と横波)のマイクロ波を送受信する。多偏波での送受信は世界初の技術であり、より詳細な地形データを観測することができる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たオープン・ソース・インテリジェンス

    情報収集衛星は当初、災害の監視なども含めて多目的に運用することが掲げられていた。しかし、偵察衛星としての運用を考えると、解像度などの性能は秘密にせざるを得ず(オープン・ソース・インテリジェンスの格好の標的になる)、民生用途での災害監視などに活用できない状態になってしまった。だいち2号以降のだいち衛星シリーズは、情報収集衛星の民生用途版を別途用意するものと考えることもできる。だいち フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示