40件中 21 - 30件表示
  • だいち

    だいちから見たSTS-99

    これまで全世界規模で整備された同様の数値標高モデルは、米国が2000年にスペースシャトルSTS-99/SRTMで観測したデータによる90m解像度のもの(2003年に第一版公開)と、米国と日本(経済産業省)が共同で2000年から観測した衛星画像による30m解像度のもの(2009年に第一版公開)があり、これらが使われてきただいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た新潟県中越沖地震

    運用終了まで650万シーンを撮影し、新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た可視光線

    可視光線のバンド(波長帯)の光を観測し、白黒画像を取得するパンクロマチック(全整色)センサー。一度に幅70kmの範囲を2.5mの高分解能で観測し、地表のデータを取得することを目的に設計されている。直下視、前方視、後方視の3方向の独立した光学系で観測することにより、地表の凹凸を標高という形でデータを取得し、立体視画像の取得も可能である。それぞれの望遠鏡は3つの反射鏡とCCD検出器によって構成されている。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た監視

    2008年4月から、青森県・岩手県・秋田県の不法投棄を監視する体制がスタートする予定である。日本で初めてのもので、画像解析は岩手大学により行われる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たフンザ

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た地すべり

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たふよう1号

    1992年に打ち上げられたJERS-1(ふよう1号)衛星に搭載されていた合成開口レーダー(SAR)の改良型センサ。衛星から発射したマイクロ波の反射を観測するセンサーのため、観測する領域の天候・昼夜等に影響されることなくデータを取得できる。また他国にはないLバンドを使用したレーダー衛星であり、植生を透過した地表面の観測や地殻変動の観測に威力を発揮する。観測範囲や分解能が可変であり、柔軟な観測を可能にし、地球上すべての地域を5日以内に観測することができる。3つの観測モードがあり、高分解能モードでは10mの分解能による詳細な地域観測が可能である。SCAN SARとよばれる広域モードではやや解像度は劣るが、従来の合成開口レーダーの3?5倍に当たる幅250?300kmでの観測が可能である。ポラリメトリモードとよばれる多偏波モードでは、2種類(縦波と横波)のマイクロ波を送受信する。多偏波での送受信は世界初の技術であり、より詳細な地形データを観測することができる。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たアッタバード湖

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見たパキスタン

    2010年1月4日、パキスタンのフンザ渓谷にて地すべりによる天然ダム(アッタバード湖)が形成された。宇宙航空研究開発機構は、だいちが同年5月30日の画像の分析から、ダム湖の規模を推測した。だいち フレッシュアイペディアより)

  • だいち

    だいちから見た数値標高モデル

    これまで全世界規模で整備された同様の数値標高モデルは、米国が2000年にスペースシャトルSTS-99/SRTMで観測したデータによる90m解像度のもの(2003年に第一版公開)と、米国と日本(経済産業省)が共同で2000年から観測した衛星画像による30m解像度のもの(2009年に第一版公開)があり、これらが使われてきただいち フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示