前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    10日目にはすでに白鵬の連勝が23に及び、さらに把瑠都、琴欧洲の2人が敗れたため1敗が消え、白鵬とは星の差2つ。ところが翌11日目、白鵬が前場所で連勝をストップされた関脇稀勢の里を相手にまたしても苦杯を喫するという波乱があり、これで1敗の白鵬を2敗の琴欧洲と栃乃洋、そして序盤に2敗となるもこの日まで7連勝していた平幕隠岐の海が追う展開となった。10日目まで1敗を守っていた把瑠都はこの11日目に2敗となってから3連敗となり優勝争いから脱落してしまう。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年11月場所

    大相撲平成24年11月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    4場所ぶりの賜杯奪還を狙う横綱白鵬は初日から連勝が続くが、新横綱の日馬富士は2日目に隠岐の海に敗れて金星を配給し、早々と1敗。8日目終了時点で全勝は白鵬と関脇の豪栄道で、1敗の日馬富士と共に平幕の豊ノ島と千代大龍が追う展開。大関は2敗で稀勢の里がただ1人優勝争いに加わるだけで、他の大関は3敗3人と休場1人という有様だった。大相撲平成24年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    22日 - 【相撲】初場所14日目1敗の白鵬翔が把瑠都凱斗に勝ち2敗で追っていた隠岐の海歩が稀勢の里寛に敗れた為白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定。年6場所制後6連覇は1962年名古屋?1963年夏場所、1966年春場所?1967年初場所の大鵬幸喜、2004年九州?2005年九州場所(7連覇)の朝青龍明徳に次いで史上3人目。2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 取組

    取組から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2011年(平成23年)5月技量審査場所6日目、大関琴欧洲は前頭4枚目豪風に敗れ2日目より5連敗となったが、5連敗の相手がすべて平幕力士(前頭2枚目栃煌山、同3枚目北太樹、同2枚目豊真将、同筆頭豪栄道、豪風)。大関が平幕力士に5連敗するケースは1960年5月場所の琴ヶ濵以来51年ぶり。琴ヶ濵はこの場所初日より3連勝だったものの、4日目より平幕力士を相手に6連敗(前頭2枚目冨士錦、同5枚目時津山、同6枚目成山、同筆頭安念山、同5枚目若前田、同2枚目鶴ヶ嶺)、10日目より休場した。琴欧洲は7日目、前頭2枚目安美錦に勝ち6連敗は免れた。しかし9日目に隠岐の海、10日目阿覧の平幕力士に連敗(結果的に平幕相手に2勝7敗)、右膝を痛め11日目より休場した。取組 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海

    隠岐の海から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    隠岐の海 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡 (大相撲力士)

    福岡 (大相撲力士)から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    福岡 (大相撲力士) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    大相撲野球賭博問題で、7月場所を謹慎休場し、翌9月場所では十両に落ちていた、豊ノ島、豪栄道、雅山、隠岐の海の4力士が再入幕。翔天狼を含め、十両一場所で帰り入幕が同時に5人は、史上最多。また、雅山は大関から十両まで陥落後に再入幕を果たした、最初の力士となった。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年1月場所

    大相撲平成21年1月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    幕下優勝 福岡 7戦全勝大相撲平成21年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    横綱昇進のかかる大関・日馬富士は初日に豊ノ島に危なげながらも勝利する。しかし、2日目に隠岐の海に敗れてしまい横綱昇進の雲行きが怪しくなる。さらに、4日目には豊真将に敗れて横綱昇進は厳しくなった。そして、5日目にも初日から不振の豪風にも敗れて横綱昇進はわずか5日で白紙となった。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年5月場所

    大相撲平成24年5月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    しかし翌12日目に稀勢の里が栃煌山に敗れて2敗に後退すると、優勝争いから一時は脱落したかと見られていた栃煌山、序盤で既に3敗していたため優勝争いにそもそも加わっていなかった旭天鵬の2人も3敗で優勝争いに名前が入った。13日目に稀勢の里が白鵬に敗れて3敗に後退したため、優勝争いのトップがこの段階で3人、4敗で白鵬、隠岐の海、碧山の3人と一転混戦模様になってしまった。大相撲平成24年5月場所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード