前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 大相撲平成24年11月場所

    大相撲平成24年11月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    4場所ぶりの賜杯を狙う横綱白鵬は初日から連勝が続くが、新横綱の日馬富士は2日目に隠岐の海に敗れて金星を配給し、連勝が32でストップした。8日目終了時点で全勝は白鵬と関脇の豪栄道で、1敗の日馬富士と共に平幕の豊ノ島と千代大龍が追う展開。大関は2敗で稀勢の里がただ1人優勝争いに加わるだけで、他の大関は3敗3人と休場1人という有様だった。大相撲平成24年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    10日目にはすでに白鵬の連勝が23に及び、さらに把瑠都、琴欧洲の2人が敗れたため1敗が消え、白鵬とは星の差2つという展開となった。ところが翌11日目、白鵬が前場所で連勝をストップされた関脇稀勢の里を相手にまたしても苦杯を喫するという波乱があり、これで1敗の白鵬を2敗の琴欧洲と栃乃洋、そして序盤に2敗となるもこの日まで7連勝していた平幕隠岐の海が追う展開となった。10日目まで1敗を守っていた把瑠都はこの11日目に2敗となってから3連敗となり優勝争いから脱落した。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の相撲

    2011年の相撲から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    1月22日 - 【大相撲】初場所14日目1敗の白鵬翔が把瑠都凱斗に勝ち2敗で追っていた隠岐の海歩が稀勢の里寛に敗れた為白鵬の6場所連続18回目の優勝が決定。年6場所制後6連覇は1962年名古屋?1963年夏場所、1966年春場所?1967年初場所の大鵬幸喜、2004年九州?2005年九州場所(7連覇)の朝青龍明徳に次いで史上3人目。2011年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の相撲

    2015年の相撲から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    9月13日 - 【大相撲】小結隠岐の海がこの日の取組に勝って懸賞50本を獲得し、関脇以下の力士が獲得した懸賞本数の史上最多記録となる2015年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 八角部屋

    八角部屋から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    現在までに、関脇・北勝力、隠岐の海や小結・海鵬など9人の関取を輩出している。四股名には師匠の現役時代の四股名から「保志」「北勝」「海」の字が付けられた力士が多い。八角部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年9月場所

    大相撲平成28年9月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    優勝争いの方に目を向けると、10日目を終えて角番の大関豪栄道が落ち着いた相撲で10連勝と好調。全勝で単独トップ、1敗で3日目に隠岐の海に敗れたのみの横綱日馬富士・2日目に天風に敗れたのみの平幕の遠藤が追うという展開だった。11日目は全勝の豪栄道は綱とりの稀勢の里を破り全勝を守ったが、1敗の遠藤が玉鷲に、日馬富士が高安にそれぞれ敗れたため1敗力士が消滅。豪栄道を星二つの差で日馬富士・高安・遠藤が追うという展開に変わった。そして翌12日目は豪栄道が全勝を、日馬富士・遠藤が2敗を守ったものの、11日目を終えて2敗だった高安が御嶽海に敗れ3敗に後退したため優勝圏外へ脱落した。そして、優勝争いは豪栄道・日馬富士・高安の3人が主軸となった。翌13日目、まず遠藤が2敗を守った。そして、結びの一番に全勝の豪栄道対2敗の日馬富士という大一番が組まれ、豪栄道が土俵際の首投げで勝利し全勝を守った。一方日馬富士は3敗となり、優勝圏外へ脱落した。そして、優勝争いは全勝の豪栄道と2敗の遠藤に絞られた形になった。翌14日目、遠藤が高安に敗れれば豪栄道の初優勝が決まる展開となったが、寄り切りで遠藤が勝利し、2敗を守った。そして豪栄道?玉鷲。豪栄道が勝てば初優勝、玉鷲が勝てば優勝争いは千秋楽に持ち越しという展開だったが、一方的な寄り切りで豪栄道が勝利。ついに初優勝を決めた。インタビュールームでは涙が溢れた。そして全勝優勝がかかる千秋楽も琴奨菊を一方的に破り完勝。見事に全勝優勝を決めた。大相撲平成28年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海

    隠岐の海から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    隠岐の海 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡 (大相撲力士)

    福岡 (大相撲力士)から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    福岡 (大相撲力士) フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年5月場所

    大相撲平成24年5月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    しかし翌12日目に稀勢の里が栃煌山に敗れて2敗に後退すると、優勝争いから一時は脱落したかと見られていた栃煌山、序盤で既に3敗していたため優勝争いにそもそも加わっていなかった旭天鵬の2人も3敗で優勝争いに名前が入った。13日目に稀勢の里が白鵬に敗れて3敗に後退したため、優勝争いのトップがこの段階で3人、4敗で白鵬、隠岐の海、碧山の3人と一転混戦模様になってしまった。大相撲平成24年5月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    横綱白鵬と綱取り大関日馬富士は順調に初日から星を伸ばす。他の大関陣は3人が休場したが、稀勢の里は連勝を続け、鶴竜も4日目に敗れただけの1敗で優勝争いに加わっていた。中日終了時点で全勝は白鵬、日馬富士、稀勢の里、?安、旭天鵬の5人、1敗が鶴竜と隠岐の海で、近年稀に見る混戦模様を呈していた。大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード

  • Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.3

  • 芸能界では勇気が必要

  • 世界一受けたい授業 よいお正月を迎えるために!あと3日で出来ること2時間SP