54件中 11 - 20件表示
  • 大相撲平成23年9月場所

    大相撲平成23年9月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    横綱昇進のかかる大関・日馬富士は初日に豊ノ島に危なげながらも勝利する。しかし、2日目に隠岐の海に敗れてしまい初黒星を喫した。さらに、4日目には豊真将に敗れて残り全てを勝たない限り横綱昇進は厳しくなった。そして、5日目にも初日から不振の豪風にも敗れて横綱昇進は5日目で白紙となった。大相撲平成23年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    大相撲野球賭博問題で7月場所を謹慎休場し、翌9月場所では十両に落ちていた豊ノ島、豪栄道、雅山、隠岐の海の4力士が再入幕を果たした。翔天狼を含め、十両1場所で帰り入幕が同時に5人は史上最多の記録となった。また、雅山は大関から十両まで陥落後に再入幕を果たした最初の力士となった。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成21年1月場所

    大相撲平成21年1月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    幕下優勝 福岡 7戦全勝大相撲平成21年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 逆とったり

    逆とったりから見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    幕内では1995年5月場所千秋楽に大至が三杉里にこの決まり手で勝利したのを最後に出ていなかったが、2010年9月場所11日目の幕内での一番で豊桜が垣添に、この決まり手で勝った。実に15年ぶりに出た一番である。更に同じ日の大関同士の一番、角番であった魁皇が日馬富士に対して決めたため珍手が1日に2度幕内で使われることとなった。その次に幕内で逆とったりが記録された2016年9月場所では、隠岐の海が4日目の大関照ノ富士戦と、14日目の琴勇輝戦の2回決めている。逆とったり フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年11月場所

    大相撲平成28年11月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    豪栄道綱とりの大関豪栄道は、初日から完璧な相撲で5連勝と好調だったが、6日目玉鷲に苦杯をなめると中日に隠岐の海に行司軍配差し違えで、9日目に稀勢の里にそれぞれ敗れ9日目で早くも3敗となり優勝争いから脱落。同時に今場所後の横綱昇進は絶望的となった。八角理事長(元横綱・北勝海)は、「『今場所で終わるわけではない』と言うと、今場所は終わったみたいになるから、そこまでは言わない」との談話を残した。その後は12日目まで3連勝したものの、13日目は日馬富士に取り直しの末敗れ4敗に。取組後二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は綱とりについて否定的な談話を残し、綱とりは完全に白紙となった。その後も14日目・千秋楽と鶴竜・白鵬に連敗し、対横綱3連戦は全敗に終わった。最終的には9勝6敗に終わり、綱とりは失敗に終わった。大相撲平成28年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県立隠岐水産高等学校

    島根県立隠岐水産高等学校から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    隠岐の海歩 - 大相撲力士(八角部屋所属)島根県立隠岐水産高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 櫓投げ

    櫓投げから見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    大正後期から昭和初期にかけて活躍した横綱常ノ花や昭和20年代後半から30年代前半にかけて活躍した関脇羽嶋山の得意技だった。非常に珍しい決まり手で、戦後には1975年11月場所9日目に青葉山が福の花に決めて以降、幕内の取組では長らく使われなかったが、2009年7月場所13日目に朝青龍が櫓投げで日馬富士を投げ飛ばし、34年ぶりに櫓投げの決まり手がアナウンスされた。その6年半後、2015年11月場所7日目に白鵬が隠岐の海に櫓投げで勝っている。櫓投げ フレッシュアイペディアより)

  • 渡し込み

    渡し込みから見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    幕内の取組ではあまり見られない決まり手ではある。大関琴奨菊が得意として、新大関の2011年11月場所千秋楽に関脇稀勢の里に、2014年5月場所6日目に平幕遠藤に、2015年9月場所4日目に小結隠岐の海にこの決まり手で勝っている。琴奨菊の場合、前に出るときに自分の足がついていかず倒れこみながら相手の足を抱えることが多い。渡し込み フレッシュアイペディアより)

  • 後ろもたれ

    後ろもたれから見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2014年7月場所6日目(7月18日)- 隠岐の海が千代丸に勝利。後ろもたれ フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成28年5月場所

    大相撲平成28年5月場所から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    前場所終盤に崩れて10勝に終わった横綱鶴竜は5日目に関脇勢、7日目に関脇琴勇輝にそれぞれ不覚を取り、序盤で2敗した。その後は11日目まで2敗で優勝争いに絡んでいたが、12日目に大関琴奨菊にいい所なく寄り切られ、優勝争いから脱落。11勝に終わった。前場所は足の怪我の影響で9勝に終わった日馬富士は3日目に逸ノ城との熱戦に敗れ、9日目にも小結隠岐の海にも敗れたが、12日目まで2敗で優勝争いに絡んでいた。しかし、13日目から3連敗を喫し、10勝に終わった。大関豪栄道は、初日から5連勝をするなどして中日まで1敗で優勝争いに絡んでいたが、終盤に大きく崩れ9勝、琴奨菊は序盤に宝富士・妙義龍の立合いの変化にバッタリ倒れるなどして中日までに3敗を喫し、10勝に終わった。照ノ富士は膝の怪我の影響からか初日から2連勝も3日目から13連敗。大関としての最多連敗記録で名寄岩(昭和21年11月場所から昭和22年11月場所)の12を超え、休場を含まない大関連敗記録を69年ぶりに更新。さらに皆勤大関として同一場所で13敗を喫し、千代大海(平成21年3月場所)のワースト記録に並ぶという不甲斐ない記録も更新してしまった。前場所優勝の横綱白鵬は初日から盤石の相撲で12連勝、綱とりの大関稀勢の里も落ち着いた相撲で12連勝をし、優勝争いはこの2人が主軸となった。大相撲平成28年5月場所 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード

  • Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.3

  • 芸能界では勇気が必要

  • 世界一受けたい授業 よいお正月を迎えるために!あと3日で出来ること2時間SP