35件中 21 - 30件表示
  • 豊響隆太

    豊響隆太から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2010年に起きた大相撲野球賭博問題では野球賭博に関わったとされ、特別調査委員会から名古屋場所での謹慎休場を勧告され、相撲協会もそれを受け入れた。そのため同年7月場所は全休、翌9月場所は十両へ陥落となった。9月場所はやや調子が落ち込んでおり、7勝8敗と負け越す。続く11月場所では四つに組む相撲が少なくないものの、最終盤まで優勝争いの先頭を走り、千秋楽本割で幕内の隠岐の海に敗れ、4人の優勝決定戦トーナメントでも決勝戦で魁聖に敗れ優勝を逃しはしたが、実力の差を見せた。豊響隆太 フレッシュアイペディアより)

  • 竜電剛至

    竜電剛至から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2009年の大相撲を振り返る番組「大相撲 とことんいいます」(同年12月29日・NHKで放送)では、舞の海や好角家のデーモン小暮閣下らから、隠岐の海と共に今後の活躍を期待する存在として話に上がった。なお幕下の力士が候補に上がることは極めて異例。竜電剛至 フレッシュアイペディアより)

  • 朱雀太

    朱雀太から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2005年1月場所、八角部屋から初土俵を踏む。東農大から時津風部屋以外に入門するのは中退した泉田純至以来で、卒業生では豊山勝男以降初めて。同期生には、同じ部屋の隠岐の海や、豪栄道、栃煌山、豊響らがいる。初土俵時の四股名は本名と同じ「米村」。朱雀太 フレッシュアイペディアより)

  • 舛東欧旭

    舛東欧旭から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    この功績を受けて佐渡ヶ嶽部屋に所属していた元床山から、2004年9月場所後に部屋を興すことが決まっていた千賀ノ浦親方(元関脇舛田山)を紹介され、大相撲界に入門。千賀ノ浦親方が千賀ノ浦部屋を創設した後の2005年1月場所に、「舛東欧」の四股名で初土俵を踏む。四股名の下の名前である「旭」は、本名「アティラ」の当て字である。同期生には豪栄道、栃煌山、隠岐の海、豊響らがいる。2006年1月場所で三段目、2008年9月場所で幕下に昇進。幕下昇進後は幕下と三段目の往復が続いたが、2010年7月場所以降は幕下に定着。しかし2011年1月場所を負傷休場して翌5月技量審査場所は三段目に降格。1場所で幕下に戻ったが、2012年1月場所6番相撲の若三勝戦で右足首を骨折して再び休場し、そのまま長期休場となってしまった。舛東欧旭 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県立隠岐水産高等学校

    島根県立隠岐水産高等学校から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    隠岐の海歩 - 大相撲力士(八角部屋所属)島根県立隠岐水産高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 7月29日

    7月29日から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    1985年 - 隠岐の海歩、大相撲力士7月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の島町

    隠岐の島町から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    隠岐の海歩 - 大相撲力士(八角部屋所属)隠岐の島町 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    常陸山、對馬洋、栃木山、能代潟、武藏山、名寄岩、羽黒山、安藝ノ海、佐賀ノ花、三重ノ海、大文字、琉王、霧島、栃乃和歌、土佐ノ海、岩木山、戦闘竜、黒海、把瑠都、琴欧洲、白露山/露鵬、隠岐の海など。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 成田山新勝寺

    成田山新勝寺から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    大相撲力士については、1969年以降高砂部屋の力士が毎年参加し、高砂一門の力士が中心であった。しかし2010年、当初参加予定だった朝青龍(2009年まで毎年参加していたが、直前に辞退→翌日2月4日に引退表明)、千代大海(直前に引退)が欠席の為、高砂一門が1人も参加しない状況となった。高砂一門以外の参加力士は、その年により異なっている。2011年は隠岐の海(八角部屋)が参加したため、高砂一門の力士が2年ぶりに復活した。成田山新勝寺 フレッシュアイペディアより)

  • 幕下

    幕下から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    十両昇進の目安は、十両からの陥落者・十両以上の引退者の数などによって昇進できる人数に差が生じるため一概に言えないが、5枚目以内で6勝1敗・2枚目以内で5勝2敗の成績で十両昇進を見送られた例は平成初期まではほぼ皆無であった。しかし、琴岩国(当時「琴藤本」)は1996年3月場所に西幕下筆頭で4勝3敗と勝ち越しながら十両昇進を見送られ、2007年3月場所では西筆頭で4勝3敗の成績を挙げた千代白鵬は十両へ昇進し、西幕下2枚目で5勝2敗の成績を挙げた境澤の十両昇進は見送られた。それ以降も、十両からの陥落者が少ないという理由で、2007年9月場所では西幕下筆頭で4勝3敗と勝ち越した清瀬海(当時「市原」)が、2008年11月場所では西幕下筆頭で5勝2敗の成績を挙げた隠岐の海(当時「福岡」)など、西筆頭の位置で勝ち越しを決めても十両昇進を見送られる事例が見られるようになった。幕下 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード