54件中 31 - 40件表示
  • 三賞

    三賞から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    また、2013年3月場所は、千秋楽の幕内取組前の時点で三賞受賞が決定した力士が一人もいない事態となり、この場所白鵬の優勝が決定する13日目まで優勝争いに絡んだ隠岐の海が千秋楽の取組で勝利し11勝すれば敢闘賞、横綱日馬富士を破った金星のほかに2大関を破った銀星が評価された豊ノ島が千秋楽の取組で勝利し勝ち越せば殊勲賞という条件付きだった。結果隠岐の海は勝って受賞し、豊ノ島は負けて逃した。三賞 フレッシュアイペディアより)

  • 琴奨菊和弘

    琴奨菊和弘から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    大関獲りへの挑戦となった翌7月場所では、初日に豊ノ島に敗れたものの、以降は9日目に日馬富士に敗れる以外は白星を重ね、11日目には横綱・白鵬も破り、大関獲りが実現する雰囲気が一気に高まったものの、13日目に平幕の隠岐の海に敗れ、続く14日目にも平幕の若の里に敗れてしまい、最終的には11勝4敗の成績となり、2回目の殊勲賞は受賞したものの、大関獲りは次場所への持ち越しとなった。この好機を逃したことを本人は「次はない。あれで上がれないんだから自分は上がれないんだろう。」と嘆き、場所後は朝起きるのもいやなくらいだったという。しかしその頃ちょうどテレビの密着取材を受けていたため「一日中テレビカメラを向けられて、気持ちが乗らなくても稽古しないわけにいかない。だったらしっかりやろうと思った。それがよかったのかもしれない。名古屋場所ではシャットアウトしていたマスコミを、秋場所では受け入れて心が強くなった。」と心機一転して続く9月場所に挑んだ。琴奨菊和弘 フレッシュアイペディアより)

  • 竜電剛至

    竜電剛至から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2009年の大相撲を振り返る番組「大相撲 とことんいいます」(同年12月29日・NHKで放送)では、舞の海や好角家のデーモン小暮閣下らから、隠岐の海と共に今後の活躍を期待する存在として話に上がった。なお幕下の力士が候補に上がることは極めて異例。竜電剛至 フレッシュアイペディアより)

  • 千代鳳祐樹

    千代鳳祐樹から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    関取に昇進した3月場所は9勝6敗と勝ち越した。11月場所で怪我により休場するも、翌2013年1月場所から2場所連続で二桁勝利を挙げ、5月場所での新入幕を果たした。鹿児島県からの新入幕は、2010年9月場所の旭南海以来戦後20人目。新入幕の場所は6勝9敗と負け越して跳ね返された。11月場所では13勝2敗の好成績で十両優勝を果たした。翌2014年1月場所で再入幕を果たし、10勝5敗の好成績で締め括った。翌3月場所は自己最高位を東前頭5枚目まで更新、その場所は9勝6敗の勝ち越しを決め、翌5月場所の番付には西小結の地位に名前が載り、この場所の幕内最年少にして新三役という立場となった。九重部屋からの新三役は1999年7月場所に西小結に昇進した千代天山以来約15年ぶりである。鹿児島県からの新三役は、1992年9月場所の旭道山以来戦後8人目。新三役の場所は5勝10敗と大きく負け越し、上位の壁に跳ね返された。2015年1月場所2日目、インフルエンザのために休場し、隠岐の海戦は不戦敗となり、5日目から再出場し10日目の常幸龍戦では、常幸龍の休場で不戦勝を得た。3月場所では11勝4敗の好成績を上げるものの、敢闘賞をかけた千秋楽の逸ノ城戦で左膝を負傷し、翌5月場所は2日目から休場した。7月場所で十両に陥落するも1場所で幕内に復帰し、11月場所で10勝5敗と4場所ぶりの二桁勝利を記録した。2016年1月場所初日の御嶽海戦で再び左脚を負傷して2日目より休場し、6日目から再出場した。この場所の阿夢露戦は不戦敗となるが、5月場所2日目では阿夢露の休場により不戦勝を得た。2016年8月には師匠の13代九重の逝去により部屋付きの佐ノ山が14代九重を襲名したことに伴い、空き株になった佐ノ山の名跡を取得した。なお、13代九重の死去に際しては「(亡きがらが)今にも起き上がってきそう。頑張って来いと言われている気がする。もう一度、三役に上がって“親孝行”したい」と沈痛な表情を浮かべながらコメントを述べていた。しかしその後は勝ち越しに恵まれず、2017年3月場所は6日目の豊響戦で叩き込まれた際に負傷、日本相撲協会に「右肩関節脱臼で2週間の安静が必要」との診断書を提出して7日目から休場。同年11月場所は「右肩脱臼、左膝前十字靱帯損傷で約1ヶ月間の加療を要する見込み」という10月30日付の診断書を提出して全休した。9月場所後に手術を受けており、この全休によって35場所務めた関取の地位から陥落することになった。千代鳳祐樹 フレッシュアイペディアより)

  • 舛東欧旭

    舛東欧旭から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    この功績を受けて佐渡ヶ嶽部屋に所属していた元床山から、2004年9月場所後に部屋を興すことが決まっていた千賀ノ浦親方(元関脇舛田山)を紹介され、大相撲界に入門。千賀ノ浦親方が千賀ノ浦部屋を創設した後の2005年1月場所に、「舛東欧」の四股名で初土俵を踏む。四股名の下の名前である「旭」は、本名「アティッラ」の当て字である。同期生には豪栄道、栃煌山、隠岐の海、豊響らがいる。2006年1月場所で三段目、2008年9月場所で幕下に昇進。幕下昇進後は幕下と三段目の往復が続いたが、2010年7月場所以降は幕下に定着。しかし2011年1月場所を負傷休場して翌5月技量審査場所は三段目に降格。1場所で幕下に戻ったが、2012年1月場所6番相撲の若三勝(現・照ノ富士)戦で右足首を骨折して再び休場し、そのまま長期休場となってしまった。舛東欧旭 フレッシュアイペディアより)

  • 豊響隆太

    豊響隆太から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2010年に起きた大相撲野球賭博問題では野球賭博に関わったとされ、特別調査委員会から名古屋場所での謹慎休場を勧告され、相撲協会もそれを受け入れた。そのため同年7月場所は全休、翌9月場所は十両へ陥落となった。9月場所はやや調子が落ち込んでおり、7勝8敗と負け越した。続く11月場所では四つに組む相撲が少なくないものの、最終盤まで優勝争いの先頭を走り、千秋楽本割で幕内の隠岐の海に敗れ、4人の優勝決定戦トーナメントでも決勝戦で魁聖に敗れ優勝を逃しはしたが、実力の差を見せた。豊響隆太 フレッシュアイペディアより)

  • 取組

    取組から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2012年5月場所、終盤の幕内優勝争いがもつれ、14日目終了の時点では3敗力士が大関稀勢の里、前頭4枚目栃煌山、同7枚目旭天鵬の3名、4敗力士が横綱白鵬、前頭5枚目隠岐の海、同6枚目碧山の3名という状況であった。しかし、栃煌山の対戦相手だった大関琴欧洲(現・鳴戸)が千秋楽の朝に突然休場。これにより割返しが出来ずに琴欧洲?栃煌山戦は栃煌山の不戦勝となった。また栃煌山以外の3敗力士だった稀勢の里が大関把瑠都に敗れ、旭天鵬が関脇豪栄道に勝つという結果になったことから優勝決定戦が栃煌山?旭天鵬の組み合わせとなり、大相撲史上初となる平幕力士同士の優勝決定戦となった。また優勝決定戦出場力士が当日の本割で不戦勝となったことも珍しいケースとなった。(なお、旭天鵬が勝って初優勝を果たしている。)取組 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    【大相撲】 5月場所初日、横綱白鵬が関脇隠岐の海を下し、幕内勝利数を879とした。これによって、幕内勝利数歴代1位の魁皇に並ぶ。2日目には白鵬が西前頭筆頭宝富士を下し、幕内勝利数を880とした。これによって、魁皇を抜いて、幕内勝利数歴代1位となる。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 谷ノ音喜市

    谷ノ音喜市から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2013年5月場所、隠岐の海が新小結に昇進した際、「島根県から121年ぶりの三役力士」として「谷ノ音」の名前が各メディアに出た。谷ノ音喜市 フレッシュアイペディアより)

  • 田中 美佐子

    田中美佐子から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    2012年9月16日放送の『大相撲秋場所?八日目?「関取訪問 隠岐の海」』(NHK)では、同じく隠岐出身の隠岐の海が取り上げられたことからナレーションを務めた。田中美佐子 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード

  • Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.3

  • 芸能界では勇気が必要

  • 世界一受けたい授業 よいお正月を迎えるために!あと3日で出来ること2時間SP