1 2 3 4 5 6 次へ
54件中 51 - 54件表示
  • 1985年の日本

    1985年の日本から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    7月29日 - 隠岐の海歩、大相撲力士1985年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • Eテレ0655&2355

    Eテレ0655&2355から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    これまでにダチョウの3兄弟編、相撲の稽古編(隠岐の海と碧山)、二匹の猫編、おいものリヤカー編、2匹のイグアナ編が放送された。Eテレ0655&2355 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴竜力三郎

    鶴竜力三郎から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    1月場所は初日に同学年の隠岐の海に敗れたが、2日目から白星を重ねて13勝1敗、千秋楽に14戦全勝の白鵬との直接対決に臨んだ。本割では白鵬を寄り倒しで破ったが、優勝決定戦では白鵬に敗れ初優勝はならなかった。それでも北の湖理事長は「決定戦までいったし、優勝に準じる」と、本割で白鵬を破って14勝1敗の優勝同点の成績を評価し、翌3月場所を綱取り場所とする見解を示唆。目安については「最低でも13勝。(最近は)2桁勝利に届いておらず、高いレベルでの優勝が必要」と話した。鶴竜力三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た隠岐の海歩隠岐の海歩

    9月場所は初日に小結・隠岐の海、2日目に前頭筆頭・嘉風と、過去に一度も負けたことのない相手に2日続けて敗れた。嘉風に敗れたことで自身10個目の金星配給となり、白鵬が小結時代の2005年11月場所以来、また横綱になって初めての連敗スタートとなった。場所前の稽古で左膝を痛めており、「左大腿四頭筋腱炎で4週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、3日目の碧山戦で不戦敗となり、4日目から横綱昇進後初の休場となった。これにより昭和以降1位の幕内連続勝ち越し、連続2桁勝利記録はともに51場所でストップ、史上1位の横綱としての連続出場記録は722回で途切れることになった。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
54件中 51 - 54件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード

  • Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.3

  • 芸能界では勇気が必要

  • 世界一受けたい授業 よいお正月を迎えるために!あと3日で出来ること2時間SP