前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た清瀬海孝行

    新十両で迎えた3月場所初日で清瀬海の変化で敗れた時に右肩を負傷、これが大きく響き、10日目で土佐豊に寄り切りで破れ、負け越しとなった。また、千秋楽も勝つことが出来ず、4勝11敗という十両デビューとなった。十両に昇格して2場所目、東13枚目で迎えた5月場所も、11日目の磋牙司戦に押し出しで破れた時点で8敗となり、2場所連続の負け越しが決まった。最終的に5勝10敗に終わり、十両2場所で一度も勝ち越すことなく幕下へ陥落となった。幕下陥落にあたり、再び四股名を本名の「福岡」に戻した。その7月場所は4勝3敗と勝ち越し、場所後の番付編成会議で1場所での十両復帰が決まった。その際、四股名を再び「隠岐の海」に戻した。十両復帰の9月場所は、12日目に十文字を寄り切りで破り、十両初の勝ち越しを決め、最終的に優勝次点となる10勝5敗の好成績を収めた。自身最高位で迎えた11月場所は、初日から4連敗と調子が出なかったものの、中日以降は調子を取り戻し、千秋楽で勝ち越しとなる8勝目を挙げ、2場所連続の勝ち越しを決めた。2010年1月場所は、初日から6連勝と好調な滑り出しだったが、7日目に安壮富士に敗れ、そこから3連敗。しかし、徐々に持ち直し、12日目で清瀬海に寄り切りで勝ち、3場所連続で勝ち越しを決めた。また、中日に初めて幕内の土俵に上がり、岩木山と対戦した。その際は、押し出しで敗れた。13日目にも幕内の土俵に上がり、栃乃洋と対戦した。その際は、上手投げで勝利した。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た豊響隆太

    その後、高校の後輩(現・隠岐の富士)をスカウトしに、知人の紹介で隠岐に来ていた八角親方(横綱・北勝海)に出会い、1週間で八角部屋への入門を決断し、新弟子検査の2日前に上京した。ちなみに八角親方の現役時代は全く知らず、師匠に出会ってなければ力士になってなかったという。2005年1月場所に初土俵を踏んだ同期には、豪栄道、豊響、栃煌山、同部屋の朱雀らがいる。長身で懐も深く、体型は白鵬似で同じ色の廻しを着用することもある。相撲は右四つで取るが、後述の怪我の影響で左でも相撲を取ることが出来る。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た日馬富士公平

    2012年1月場所は、初日から8連敗で中日に負け越しが決まり、その後、白星を重ねるも4勝11敗と大きく負け越した。3月場所は、7勝7敗で迎えた千秋楽、隆の山に突き倒しで勝利し、勝ち越しを決めた。5月場所は、千秋楽まで4敗と好成績であり、横綱白鵬ら5人と優勝を争っていた。千秋楽に敗れて5敗に終わり優勝を逃した。7月場所は、序盤の横綱、大関戦で星を落とし、中日に大関琴欧洲を破るも、9日目で負け越しが決まり、4勝11敗の大敗に終わった。9月場所は、自身最速となる9日目で勝ち越しを決め、最終的に11勝を挙げた。11月場所は、2日目に新横綱の日馬富士から自身初の金星を獲得し、同時に幕内100勝を達成した。しかし8日目の豪栄道戦で負傷し、10日目から左第三趾骨折により休場することとなった。休場は2010年7月場所以来2度目で、負傷による休場は初めて。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た鶴竜力三郎

    5月技量審査場所は、魁皇との初顔の一番で勝利している(魁皇は翌場所引退したため土俵上ではこの1戦のみ。翌場所も割が組まれたが本人の不戦勝)。7勝7敗で迎えた千秋楽、鶴竜に敗れ負け越しとなった。7月場所は、7勝7敗で迎えた千秋楽、琴欧洲に寄り切りで勝利し、勝ち越しを決めた。9月場所は、7勝7敗で迎えた千秋楽、朝赤龍に引き落としで勝利し、2場所連続で勝ち越しを決めた。また、前頭筆頭で勝ち越したため三役昇進の可能性もあったが番付編成会議で東前頭筆頭と発表され、三役昇進はならなかった。11月場所は、13日目で負け越しが決まったがその後、連勝して7勝8敗と負け越しを最小限に留めた。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た隆の山俊太郎

    2012年1月場所は、初日から8連敗で中日に負け越しが決まり、その後、白星を重ねるも4勝11敗と大きく負け越した。3月場所は、7勝7敗で迎えた千秋楽、隆の山に突き倒しで勝利し、勝ち越しを決めた。5月場所は、千秋楽まで4敗と好成績であり、横綱白鵬ら5人と優勝を争っていた。千秋楽に敗れて5敗に終わり優勝を逃した。7月場所は、序盤の横綱、大関戦で星を落とし、中日に大関琴欧洲を破るも、9日目で負け越しが決まり、4勝11敗の大敗に終わった。9月場所は、自身最速となる9日目で勝ち越しを決め、最終的に11勝を挙げた。11月場所は、2日目に新横綱の日馬富士から自身初の金星を獲得し、同時に幕内100勝を達成した。しかし8日目の豪栄道戦で負傷し、10日目から左第三趾骨折により休場することとなった。休場は2010年7月場所以来2度目で、負傷による休場は初めて。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た白鵬翔

    その後、高校の後輩(現・隠岐の富士)をスカウトしに、知人の紹介で隠岐に来ていた八角親方(横綱・北勝海)に出会い、1週間で八角部屋への入門を決断し、新弟子検査の2日前に上京した。ちなみに八角親方の現役時代は全く知らず、師匠に出会ってなければ力士になってなかったという。2005年1月場所に初土俵を踏んだ同期には、豪栄道、豊響、栃煌山、同部屋の朱雀らがいる。長身で懐も深く、体型は白鵬似で同じ色の廻しを着用することもある。相撲は右四つで取るが、後述の怪我の影響で左でも相撲を取ることが出来る。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た磋牙司洋之

    新十両で迎えた3月場所初日で清瀬海の変化で敗れた時に右肩を負傷、これが大きく響き、10日目で土佐豊に寄り切りで破れ、負け越しとなった。また、千秋楽も勝つことが出来ず、4勝11敗という十両デビューとなった。十両に昇格して2場所目、東13枚目で迎えた5月場所も、11日目の磋牙司戦に押し出しで破れた時点で8敗となり、2場所連続の負け越しが決まった。最終的に5勝10敗に終わり、十両2場所で一度も勝ち越すことなく幕下へ陥落となった。幕下陥落にあたり、再び四股名を本名の「福岡」に戻した。その7月場所は4勝3敗と勝ち越し、場所後の番付編成会議で1場所での十両復帰が決まった。その際、四股名を再び「隠岐の海」に戻した。十両復帰の9月場所は、12日目に十文字を寄り切りで破り、十両初の勝ち越しを決め、最終的に優勝次点となる10勝5敗の好成績を収めた。自身最高位で迎えた11月場所は、初日から4連敗と調子が出なかったものの、中日以降は調子を取り戻し、千秋楽で勝ち越しとなる8勝目を挙げ、2場所連続の勝ち越しを決めた。2010年1月場所は、初日から6連勝と好調な滑り出しだったが、7日目に安壮富士に敗れ、そこから3連敗。しかし、徐々に持ち直し、12日目で清瀬海に寄り切りで勝ち、3場所連続で勝ち越しを決めた。また、中日に初めて幕内の土俵に上がり、岩木山と対戦した。その際は、押し出しで敗れた。13日目にも幕内の土俵に上がり、栃乃洋と対戦した。その際は、上手投げで勝利した。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た朝赤龍太郎

    5月技量審査場所は、魁皇との初顔の一番で勝利している(魁皇は翌場所引退したため土俵上ではこの1戦のみ。翌場所も割が組まれたが本人の不戦勝)。7勝7敗で迎えた千秋楽、鶴竜に敗れ負け越しとなった。7月場所は、7勝7敗で迎えた千秋楽、琴欧洲に寄り切りで勝利し、勝ち越しを決めた。9月場所は、7勝7敗で迎えた千秋楽、朝赤龍に引き落としで勝利し、2場所連続で勝ち越しを決めた。また、前頭筆頭で勝ち越したため三役昇進の可能性もあったが番付編成会議で東前頭筆頭と発表され、三役昇進はならなかった。11月場所は、13日目で負け越しが決まったがその後、連勝して7勝8敗と負け越しを最小限に留めた。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た北勝海信芳

    その後、高校の後輩(現・隠岐の富士)をスカウトしに、知人の紹介で隠岐に来ていた八角親方(横綱・北勝海)に出会い、1週間で八角部屋への入門を決断し、新弟子検査の2日前に上京した。ちなみに八角親方の現役時代は全く知らず、師匠に出会ってなければ力士になってなかったという。2005年1月場所に初土俵を踏んだ同期には、豪栄道、豊響、栃煌山、同部屋の朱雀らがいる。長身で懐も深く、体型は白鵬似で同じ色の廻しを着用することもある。相撲は右四つで取るが、後述の怪我の影響で左でも相撲を取ることが出来る。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た朝青龍明徳

    2009年1月場所では、東幕下筆頭で登場し、十両の玉飛鳥、北桜に勝利するなど、7戦全勝で幕下優勝を果たし、場所後の番付編成会議において十両昇進が決定。同時に、四股名を本名の「福岡」から「隠岐の海」と改めた。島根県出身の関取は、忍の山(春日野部屋、1976年11月場所十両最終在位)以来33年ぶり、戦後6人目。また隠岐島出身の新十両は1958年9月場所の隠岐ノ島(時津風部屋、1960年3月場所まで十両に在位)以来、51年ぶり2人目である。そして、2009年3月2日に発表された3月場所番付で東十両7枚目と発表された。新十両が7枚目となるのは、2001年1月場所の朝青龍以来の高番付である。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード