81件中 61 - 70件表示
  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見たサザエ

    島根県隠岐郡西郷町(現・隠岐の島町)で生まれる。出身の隠岐島には、神社の改修などの慶事があれば夕方から翌日の昼まで相撲を取り続ける「古典相撲」の風習があり、本人もそれに親しみ4歳から廻しをつけていた。本格的に相撲を始めたのは西郷小学校4年生からで、地域の相撲クラブに通い、全国大会にも小学校4年生から小学校6年生まで出場した。相撲以外でも小学校・中学校とバスケットボール部に所属し、小学校2年生から小学校6年生まで柔道をしていた。また兄と共に海で素潜りをし、サザエやアワビを突いていた。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た十両

    2008年11月場所で、西幕下筆頭で十両昇進の目安である5勝を挙げるも十両下位に大きく負け越した力士が少なく、東十両8枚目で5勝10敗の玉飛鳥や西十両12枚目で7勝8敗の白馬との比較で十両昇進は見送られた。幕下筆頭で5勝を挙げながら十両昇進を見送られたのは1966年9月場所の代官山(東幕下筆頭)以来42年ぶり。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た新弟子検査

    その後、高校の後輩(現・隠岐の富士)をスカウトしに、知人の紹介で隠岐に来ていた八角親方(横綱・北勝海)に出会い、1週間で八角部屋への入門を決断し、新弟子検査の2日前に上京した。ちなみに八角親方の現役時代は全く知らず、師匠に出会ってなければ力士になってなかったという。2005年1月場所に初土俵を踏んだ同期には、豪栄道、豊響、栃煌山、同部屋の朱雀らがいる。長身で懐も深く、体型は白鵬似で同じ色の廻しを着用することもある。相撲は右四つで取るが、後述の怪我の影響で左でも相撲を取ることが出来る。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た初土俵

    その後、高校の後輩(現・隠岐の富士)をスカウトしに、知人の紹介で隠岐に来ていた八角親方(横綱・北勝海)に出会い、1週間で八角部屋への入門を決断し、新弟子検査の2日前に上京した。ちなみに八角親方の現役時代は全く知らず、師匠に出会ってなければ力士になってなかったという。2005年1月場所に初土俵を踏んだ同期には、豪栄道、豊響、栃煌山、同部屋の朱雀らがいる。長身で懐も深く、体型は白鵬似で同じ色の廻しを着用することもある。相撲は右四つで取るが、後述の怪我の影響で左でも相撲を取ることが出来る。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た四股名

    2009年1月場所では、東幕下筆頭で登場し、十両の玉飛鳥、北桜に勝利するなど、7戦全勝で幕下優勝を果たし、場所後の番付編成会議において十両昇進が決定。同時に、四股名を本名の「福岡」から「隠岐の海」と改めた。島根県出身の関取は、忍の山(春日野部屋、1976年11月場所十両最終在位)以来33年ぶり、戦後6人目。また隠岐島出身の新十両は1958年9月場所の隠岐ノ島(時津風部屋、1960年3月場所まで十両に在位)以来、51年ぶり2人目である。そして、2009年3月2日に発表された3月場所番付で東十両7枚目と発表された。新十両が7枚目となるのは、2001年1月場所の朝青龍以来の高番付である。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た前頭

    隠岐の海 歩(おきのうみ あゆみ、1985年7月29日 - )は、島根県隠岐郡隠岐の島町出身で八角部屋所属の現役大相撲力士。身長192cm、体重156kg、血液型はO型。島根県立隠岐水産高等学校出身。本名は福岡歩(ふくおか あゆみ)、愛称はあゆみ。得意手は右四つ、寄り。最高位は、東前頭筆頭(2011年11月場所)。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た下手投げ

    7月場所の謹慎を受け、十両に陥落した9月場所は、13日目に玉飛鳥を寄り切りで破り、勝ち越しを決めた。また、11月場所の番付編成会議で再入幕を決めた。11月場所は、7勝7敗で迎えた千秋楽に十両優勝をかけて臨む豊響と対戦し、下手投げで勝利。勝ち越しを決めた。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た海技士

    西郷中学校でも相撲を続け、3年生の時には全国中学校体育大会にも出場した。進学した隠岐水産高校では、3年連続でインターハイにも出場している。しかし、力士になりたいという憧れはなく、船を操舵する航海士を目指し、実習船に乗りハワイへ航海に出た。同じく高校在学中に3級海技士の筆記試験に合格、同校卒業後は2年間の専攻コースに進学し再び実習船に乗り、3ヶ月ほど航海をしたが「何かが足りなくて」、同年11月に高校の専攻コースを中退した。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た三賞

    2011年1月場所は、5日目から9連勝し、13日目まで優勝争いに加わった。14日目には普通13枚目という番付では当たらない関脇の稀勢の里と対戦した(寄り切りで敗れる)。また、敢闘賞を初受賞した。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た関脇

    2011年1月場所は、5日目から9連勝し、13日目まで優勝争いに加わった。14日目には普通13枚目という番付では当たらない関脇の稀勢の里と対戦した(寄り切りで敗れる)。また、敢闘賞を初受賞した。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

81件中 61 - 70件表示

「隠岐の海歩」のニューストピックワード