前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た菊池雄星菊池雄星

    【NPB】西武・菊池雄星投手が大手芸能事務所、ホリプロとマネジメント契約を結ぶことがこの日発表された。また17日には楽天・田中将大投手も同社と2011年1月付でマネジメント契約を結ぶことを発表している。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た菊池雄星菊池雄星

    には中日時代を共にした星野仙一が監督に就任。前年に加入したランディ・ルイーズの守備に不安がある事に伴い、守備力重視を掲げる星野の構想から山?とルイーズのポジションが実質入れ替えとなった。6月11日の中日戦(Kスタ宮城)では史上2人目となる40代での100号本塁打を中田賢一から放つも、同試合の最終打席で空振り三振をした際に、右手薬指を剥離骨折し戦線離脱を余儀なくされる。一ヶ月後の7月19日に戦線復帰し、8月18日の西武戦(西武ドーム)にて菊池雄星から史上17人目となる通算400号本塁打を放った。8月31日の西武戦(岩手県営野球場)においても菊池雄星から第10号3ラン本塁打を放ち、7年連続二桁本塁打を達成した。この年は東北地方太平洋沖地震を受けて楽天イーグルスナインらと被災地を訪問して地元の小学生らを激励した。そうした過去のボランティア活動などが評価され、2011年度ゴールデンスピリット賞を受賞した。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 筒香嘉智

    筒香嘉智から見た菊池雄星菊池雄星

    高校3年春の花巻東との練習試合では、4回の攻撃時に菊池雄星から特大ソロ(高校通算55本目)を放っている。しかも数日前から体調を崩し、当日の朝であっても39度の高熱が下がらないにもかかわらず、監督に出場を志願していた。筒香嘉智 フレッシュアイペディアより)

  • 東京海上日動 By Your Side

    東京海上日動 By Your Sideから見た雄星菊池雄星

    2月15日-2月19日 - 雄星東京海上日動 By Your Side フレッシュアイペディアより)

  • 伊東昂大

    伊東昂大から見た菊池雄星菊池雄星

    高校は岩手県の盛岡大付高に進学し、1年夏からベンチ入り。2年夏の甲子園では2番・一塁手として出場。3年春の岩手県大会では菊池雄星のいる花巻東高と準決勝で対戦し、8回2安打と好投するもチームは3-1で敗退。しかし3位決定戦に勝利し、東北大会に出場すると投手でありながら4番で.529という高打率でチームを優勝に導いた。3年夏は準決勝で盛岡一に0-1で敗れ、決勝で菊池へのリベンジとはならなかった。伊東昂大 フレッシュアイペディアより)

  • 野牛あかね

    野牛あかねから見た菊池雄星菊池雄星

    スポーツ全般が得意で、バレエに関しては子供の頃から親しんでおり、現在も嗜む。また、野球には造詣が深く、高校野球取材、プロ野球(埼玉西武ライオンズ・菊池雄星ほか岩手県出身選手)取材は、メインキャスター就任後の現在も続けている。野牛あかね フレッシュアイペディアより)

  • 有馬香

    有馬香から見た菊池雄星菊池雄星

    その後、ジョイスタッフに移籍。2010年1月、文化放送の菊池雄星(埼玉西武ライオンズの選手)専属レポーターに就任。専属レポーター自体は1年限りで終了したが、「文化放送ライオンズナイター」のスタンドレポートは2011年度も引き続き担当している。有馬香 フレッシュアイペディアより)

  • 盛岡市アイスアリーナ

    盛岡市アイスアリーナから見た菊池雄星菊池雄星

    1989年に盛岡市市制施行100年を記念して開館。1998年のいわて銀河国体の会場として使用された。盛岡市の成人式会場としても使用されており、2012年1月に開催された「盛岡市成人のつどい」には同市出身の菊池雄星(埼玉西武ライオンズ)が出席した。盛岡市アイスアリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 速報!スポーツLIVE

    速報!スポーツLIVEから見た菊池雄星菊池雄星

    キャッチフレーズは「どこよりも早く、わかりやすいスポーツニュース」。この日やこの週に行われたスポーツ大会の結果・情報を紹介するほか、毎回特集が組まれた。2009年11月8日の初回放送では、初のスタジオ生出演となった斎藤佑樹が大石達也(どちらも当時早稲田大学野球部)とゲストで出演した。また2010年1月24日放送では石川遼と菊池雄星の同級生対談が放送された。速報!スポーツLIVE フレッシュアイペディアより)

  • 水沢英樹

    水沢英樹から見た菊池雄星菊池雄星

    秋田経法大附属高校(現在の明桜高校)時代、1987年夏の甲子園に出場した。同年のドラフト4位で広島に入団した。なお、同年のドラフトで広島は6人の指名選手は全て高校生かつ投手であった。一軍への昇格を果たせないまま1991年に引退。現在は埼玉西武ライオンズの北海道・東北地方担当の編成部アマ担当(スカウト)として活動しており、岸孝之、菊池雄星などを獲得した。水沢英樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
40件中 1 - 10件表示

「菊池雄星」のニューストピックワード