1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た菊池雄星菊池雄星

    1500三振:2012年8月22日、対埼玉西武ライオンズ17回戦(西武ドーム)、4回表に菊池雄星から ※史上11人目小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 6月17日

    6月17日から見た菊池雄星菊池雄星

    1991年 - 菊池雄星、プロ野球選手6月17日 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年

    1991年から見た菊池雄星菊池雄星

    6月17日 - 菊池雄星、プロ野球選手1991年 フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見た菊池雄星菊池雄星

    ドラフト会議ではくじ運に全く恵まれなかった。近鉄時代は1999年のドラフト会議では3分の1で河内貴哉を、2002年のドラフト会議では2分の1で高井雄平を逃した。日本ハムで再び監督に就任後も、2007年のドラフト会議の大学・社会人ドラフトで6球団が競合した大場翔太を外したうえ、外れ1巡目で再び3球団が競合した服部泰卓まで取り損ね、2009年のドラフト会議では6球団競合した菊池雄星の当たりを引けなかった。2010年のドラフト会議では斎藤佑樹が4球団競合となり、当時の球団社長の藤井純一がくじを引いて、斎藤との交渉権を得ることが出来た。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た菊池雄星菊池雄星

    かつてのチームメイトであった工藤や清原からは「今までやってきた27年間の中でプロ野球投手としては最高の存在」と高い評価を受けている。工藤によると、素質・筋肉の質・関節の柔軟性(と人気)をどれを取っても一流で、肺活量は7,500cc(通常プロは6,000cc前後)もあったという。また、工藤は「もう時効だから言いますけど、アイツ中学生の頃から喫煙していたにもかかわらず肺活量が並外れていて、それでいて筋肉の質も超一流。シーズン200イニング以上投げておきながら、試合後はまったくマッサージを受けないで平気でした。僕がマッサージを受けてる横から『工藤さん、お先です』って行って飲みにいってしまったの。今では200イニング投げるピッチャーっていませんよ」と述べている。また、清原は菊池雄星との対談で「渡辺監督と潮崎コーチなんて手本が揃ってるチームは滅多にない。特に渡辺監督。あの人についていけばまず大丈夫。」とその手腕を絶賛した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 西武鉄道

    西武鉄道から見た菊池雄星菊池雄星

    1月27日 - 同年3月6日からのダイヤ改正で西武ドームでの野球開催日の試合終了後、狭山線から池袋線に直通する臨時急行列車が運行されることが発表される。スポーツ新聞の記者が、これを埼玉西武ライオンズに雄星選手が入団したことによるものと推測したため、発表翌日のスポーツ新聞に「雄星ダイヤ」などと報じられた。西武鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 文化放送ライオンズナイター

    文化放送ライオンズナイターから見た菊池雄星菊池雄星

    元々は2010年に入団したゴールデンルーキー・菊池雄星の専属レポーター「雄星ガールズ」として、後述の半田とともに参加し、文化放送では本番組以外にも「きょうの雄星くん」というコーナーを組んでレポーターとして出演していたが、同年菊池が左肩痛で戦線離脱し一年間を棒に振ってしまったことで企画倒れの形となり、2011年度以降はスタンドレポーターに専念することになった。文化放送ライオンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 北川博敏

    北川博敏から見た菊池雄星菊池雄星

    も開幕一軍入りし、6月5日の対ヤクルト戦(京セラドーム)で8回裏に押本健彦からアキレス腱断裂後初の本塁打を放つ。試合後のヒーローインタビューは「2対0からだったから」と辞退し、報道陣が集まった事に対しては「まるで引退する時みたい。まだやめませんよ」とコメントしたが、結果としてこれが現役最後の本塁打となった。7月16日に登録抹消され、この時「もう潮時かな」という気持ちになった事を引退試合後の会見時に述べている。10月3日、現役引退を発表し、10月7日の本拠地最終戦の対西武戦(京セラドーム)を引退試合として5番・一塁として先発出場、5回裏の第3打席で2死2塁の場面で菊池雄星からレフトオーバータイムリーを放っている。11月4日、2013年からオリックスの2軍打撃コーチに就任する事が発表された。北川博敏 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た菊池雄星菊池雄星

    他球団ではビクトル・スタルヒン、藤本英雄、山田久志、完全試合を達成した槙原寛己らがおり、現役では成瀬善久(ロッテ)、大竹寛(広島)、東野峻(巨人)、菊池雄星(西武)などがいる。なお、巨人では東野の前に高橋尚成が17を付けていた。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 大谷翔平

    大谷翔平から見た菊池雄星菊池雄星

    菊池雄星に憧れ、彼の出身校の花巻東高校へ進学。「日本一になる」「日本人最速となる163km/hを記録する」「ドラフトで菊池雄星を越える8球団から1位指名を受ける選手になる」ことを目標に掲げた。入部後は監督の佐々木洋の「まだ骨が成長段階にある。1年夏までは野手として起用して、ゆっくり成長の階段を昇らせる」という方針により、1年春は「4番・右翼手」で公式戦に出場。秋からエースを務め、最速147km/hを記録し、2年春には最速151km/hを記録。夏の甲子園初戦の帝京高校戦では骨端線損傷により右翼手として先発出場するが、4回途中から登板し、田中将大に並ぶ甲子園での高校2年生最速タイ記録となる150km/hを記録。その後は治療に専念し、試合には打者限定で出場した。3年の春のセンバツでは初戦の大阪桐蔭高校戦で藤浪晋太郎から本塁打を放つも、11四死球で9失点と崩れ敗れた。3年夏の岩手大会の準決勝・一関学院戦ではアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録した。しかし決勝の盛岡大附高校戦では左翼ポールの外側を通過した打球が本塁打と判定される不運に見舞われるなど5失点を喫し、高校最後の夏の甲子園出場はならなかった。甲子園通算成績は14回を投げ防御率3.77、16奪三振。野手としては2試合で打率.333、1本塁打。大谷翔平 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「菊池雄星」のニューストピックワード