62件中 31 - 40件表示
  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た明豊中学校・高等学校

    3年春に秋の試合内容が高く評価され、逆転で第81回選抜に出場。初戦の鵡川高校戦では最速152km/hを記録、9回1死まで無安打の投球で2安打完封。2回戦明豊戦でも9安打を浴びたが、勝負どころでは凄みを見せ2試合連続の完封。準々決勝・南陽工戦ではビハインドの状況でリリーフ登板、4回無失点で逆転勝利。準決勝・利府戦では2点本塁打を浴び初失点を喫したが5安打2失点完投。決勝では、清峰高校の今村猛(現・広島)との投手戦になるも0対1で敗れ、岩手県勢初の優勝とはならなかった。3年夏は春に続き第91回選手権に出場。春の選抜決勝で戦った清峰高校は、長崎大会準々決勝で長崎日大高校に敗れていたが、選手権1回戦で奇しくも清峰を破った長崎日大とあたり、3本塁打を打たれながらも8対5で勝利。岩手県勢では夏の甲子園41年ぶりのベスト8進出を決めた東北高校戦では自己最速となる154km/hをマーク(甲子園の電光掲示板には154km/hと表示、ロッテスカウトのスピードガンでは155km/hを計時)。準々決勝では今宮健太(現・ソフトバンク)を擁する明豊高校と当たり、4回までパーフェクトと好投を見せ、7対6で勝利するも、腰痛を訴え5回にベンチに退いた。準決勝の中京大中京戦では背筋痛のため先発せず、4回2死満塁から登板するも打ち込まれ、わずか11球でマウンドを降板、1対11で敗れた。その後の精密検査で、左の5本目の肋骨が折れていたことが判明した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たチェンジアップ

    肩甲骨の可動域が広く、球持ちのよいフォームから投げる平均球速約140km/h、最速155km/h(プロ入り後の最速は152km/h)のストレートと、スライダー、スプリットチェンジ、ツーシーム、縦のカーブを武器とし、他にもフォークボール、カットボール、チェンジアップを投げ、クイックも1.0秒台を記録する。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た速球

    肩甲骨の可動域が広く、球持ちのよいフォームから投げる平均球速約140km/h、最速155km/h(プロ入り後の最速は152km/h)のストレートと、スライダー、スプリットチェンジ、ツーシーム、縦のカーブを武器とし、他にもフォークボール、カットボール、チェンジアップを投げ、クイックも1.0秒台を記録する。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たフォークボール

    肩甲骨の可動域が広く、球持ちのよいフォームから投げる平均球速約140km/h、最速155km/h(プロ入り後の最速は152km/h)のストレートと、スライダー、スプリットチェンジ、ツーシーム、縦のカーブを武器とし、他にもフォークボール、カットボール、チェンジアップを投げ、クイックも1.0秒台を記録する。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たオーストラリアン・ベースボールリーグ

    はフォームをスリークォーターに戻し、開幕一軍入りを果たす。中継ぎ投手としてベンチ入りするも登板機会は無く4月22日に登録抹消となった。二軍で調整した後、6月12日の阪神戦で一軍初登板・初先発するも2回1/3を4失点で降板。それでも初めての一軍登板を終えた嬉しさからか、試合後のインタビューでは涙を流した。その後二軍での調整を経て30日のオリックス戦に先発し、5回を2失点でプロ初勝利を挙げた。8月18日の楽天戦では8回まで無失点の好投をし、9回表に山崎武司に通算400号本塁打を打たれたものの、初完投勝利。8月31日には、故郷・岩手県での試合に登板し、打線の援護がなくプロ初黒星を喫たもののシーズン2度目の完投。結局9試合に先発し4勝をあげた。シーズン終了後の11月8日から12月22日まで、オーストラリア・ABLのメルボルン・エイシズに派遣され、5試合の登板で1勝2敗、防御率4.38、WHIP1.54の成績を残し、オールスターゲームにも出場。12月26日に契約更改した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たオーストラリア

    はフォームをスリークォーターに戻し、開幕一軍入りを果たす。中継ぎ投手としてベンチ入りするも登板機会は無く4月22日に登録抹消となった。二軍で調整した後、6月12日の阪神戦で一軍初登板・初先発するも2回1/3を4失点で降板。それでも初めての一軍登板を終えた嬉しさからか、試合後のインタビューでは涙を流した。その後二軍での調整を経て30日のオリックス戦に先発し、5回を2失点でプロ初勝利を挙げた。8月18日の楽天戦では8回まで無失点の好投をし、9回表に山崎武司に通算400号本塁打を打たれたものの、初完投勝利。8月31日には、故郷・岩手県での試合に登板し、打線の援護がなくプロ初黒星を喫たもののシーズン2度目の完投。結局9試合に先発し4勝をあげた。シーズン終了後の11月8日から12月22日まで、オーストラリア・ABLのメルボルン・エイシズに派遣され、5試合の登板で1勝2敗、防御率4.38、WHIP1.54の成績を残し、オールスターゲームにも出場。12月26日に契約更改した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た本塁打

    はフォームをスリークォーターに戻し、開幕一軍入りを果たす。中継ぎ投手としてベンチ入りするも登板機会は無く4月22日に登録抹消となった。二軍で調整した後、6月12日の阪神戦で一軍初登板・初先発するも2回1/3を4失点で降板。それでも初めての一軍登板を終えた嬉しさからか、試合後のインタビューでは涙を流した。その後二軍での調整を経て30日のオリックス戦に先発し、5回を2失点でプロ初勝利を挙げた。8月18日の楽天戦では8回まで無失点の好投をし、9回表に山崎武司に通算400号本塁打を打たれたものの、初完投勝利。8月31日には、故郷・岩手県での試合に登板し、打線の援護がなくプロ初黒星を喫たもののシーズン2度目の完投。結局9試合に先発し4勝をあげた。シーズン終了後の11月8日から12月22日まで、オーストラリア・ABLのメルボルン・エイシズに派遣され、5試合の登板で1勝2敗、防御率4.38、WHIP1.54の成績を残し、オールスターゲームにも出場。12月26日に契約更改した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たリハビリ

    シーズンでは左肩痛の発症により一軍登板はなく、二軍戦でも5月4日以来登板はなくリハビリに終始した。オフにはホリプロとマネジメント契約を結び、12月24日には本人の希望により登録名を本名の「菊池雄星」に変更すると発表された。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た読書

    趣味はラーメンの食べ歩きと読書で、若獅子寮入寮の際は「(持っている本の)10分の1くらい」としながらも50冊を超える本を持ち込んだ。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見たリリーフ

    高校1年時、第89回夏の甲子園に出場。一回戦・新潟明訓高校戦にリリーフ登板し5回を1失点に抑えるもその1点が決勝点になりに0対1で敗退。この試合では145km/hの速球を投げたが、速球にこだわりすぎたことにより制球が乱れ、秋の県大会では1回戦敗退に終わった。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「菊池雄星」のニューストピックワード